趣味

2014.02.09 UP

編集部おすすめ

さよなら、100均グッズたち!1万円未満で本物を愛でる女へ!


e5d7e63cd305408fd2e64501d9a16eb9

(Photo by Pinterest)

みなさん、こんにちは。お部屋、きれいに出来ていますか?

仕事や恋や生活で忙しくとも、衣食住は生活の基本! 大切にしたいものですね。とくに忙しいと後回しになりがちな「住」。料理もさることながら、住環境に関しては男性陣、非常にシビアな目をもっています。掃除が行き届いているかはもちろんのこと、インテリアのセンスには譲れないこだわりを持っている男性が多数いるのです。

みなさんのお部屋、どうですか? お安い雑貨類で、猥雑としていませんか? 男性はとくに、そーいう“こまごまとした”“大量生産品”を嫌う傾向があるようです。そうでなくとも、ずーっと使える飽きのこないモノを愛せる女性は「見る目がある」と男性に好印象をあたえること、間違いなし!

そこで今回は、インテリアを一新させるような“私だけの逸品”となる、アート作品の買い方をご紹介していきます。

 

実はカンタン! アート作品の購入方法

アートの買い方は、実はいたってカンタンです。ズバリおすすめするのは「ネットを活用する」or「ギャラリーに買いにいく」の2通り。

まず今回は、時間のない方でもお家や空き時間にお手軽にアートを購入できる「ネット活用」についてお話しします。

 

ネットでアート作品を購入するなら、このサイト!

常時1万点ものアート作品をとりそろえ、かつ、お値段もお手頃なものから本格志向まで、パソコンでぜーんぶ見れてしまうオススメのサイトが「タグボード」。

photo1

購入方法はいたってカンタン。一般的なネットショッピング同様、パソコンひとつで行えます。

 

photo

 

ビギナー向けのポイントとして、こちらでは作家別、作品の種類別(絵、写真、版画など……本当に多種多様!)、さらには価格帯別でも検索が可能です。「ちょっと予算が……」なんて時でも、このサイトなら1万円未満の作品も取り揃えているのでとっても安心!

 

どうやって探したら良いかわからない」なんてときには、定期的に特集されている人気作家コーナーで流行をいち早くチェックしてみるのも良いかも。

さらに嬉しいのが、このサイトはいわゆる通信販売なので、お家にアート作品が直接届くこと。誰にも邪魔されず、私だけのアートとゆっくり対面できちゃいます。

 

私のオススメは・・・

初めてアート作品を購入するなら、私のオススメはズバリ版画です。版画と言えば、ミュシャやピカソが有名ですね。

photo2

photo3

実は、版画はエディションナンバーというものが付いていて、同じイメージのものがいくつか存在しています。油絵のような一点ものとはまた違いますが、版画は決められた数を刷ると、そのとき使った版を壊してしまうので、もう二度と同じものを刷ることは出来ません。世界に数点しか存在しない、貴重なものなのです。

それなのに、お値段は1万円以下から購入でき、額に入れればそのまま部屋の壁に飾れます。また、サイズもあまり大きく無いので、とりあえずお試しに……という人にはもってこいです。

気に入ったら、同じ作家の別作品を揃えていく、という楽しみもあります。額に入っていないものは、別料金になりますが、額装して購入することも可能です。

 

いかがでしたか?

日々の生活の中に、ひとつホンモノを入れてみると、背筋の伸びる気持ちになるとともに、ちょっとした満足感が生まれてくると思います。ココロのサプリとして、こんなアートの活用も良いかもしれませんね。次回は、直接アートを買いにいく方法についてご紹介します!

 

※参考webサイト  タグボート

Photo by wikipaintings

nishico

nishico

(学芸員、美術評論)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ