ライフスタイル

2015.12.30 UP

趣きのあるダイニングテーブルで楽しむ土曜日のお昼ごはん


_S5A7484

暮らし上手な熊木さんの部屋づくりに迫るこの連載。第3回は「友達を呼びたくなるダイニングルーム」です。ゲストもホッとするインテリアから、おもてなし料理までをご紹介!

「休日のお昼から友達を招き、ダイニングで乾杯! 居心地がいいみたいで、そのまま泊まっていく人もいるんですよ(笑)」と語るほど、おもてなし上手な熊木さん。

ぬくもりがある木の天板のダイニングテーブルをメインステージにして、くつろぎ感を出しています。

 

暮らし上手さんのダイニングインテリア&おもてなしアイデア

_S5A7485

園芸店で使われていた細長いテーブルをくっつけて使用しているダイニングテーブル。アクセントに『東京蚤の市』でゲットした、鉄製のアルファベットを、電動ドリルドライバーで接着しています。

 

_S5A7423

花は花瓶を使わず、ガラス瓶に活けることで、机上にカジュアルな雰囲気を与えています。ゲストも思わず笑顔になってしまいそうですね。

「花は種類で選ばずに色で選んでいます。ブルーとパープルは、部屋に馴染みがいいからよく買いますね」とのこと。

 

_S5A7467

パーテーションに吊り下げられている植物は、インテリア好きの間でも大人気のコウモリラン

「水をはったボウルに、苔玉のような部分を浸すだけ。2〜3日に1回でOKだから、世話も楽チンですよ!」

 

_S5A7416

食料品は、窓辺のシェルフにまとめて収納。生活感のあるものを目隠しすることで、常にすっきりした空間を保てるのだそう。急な来客があっても、これなら手早く片づけができますね。

シェルフは、前の部屋で使っていた押入れ用のものを『壁紙屋本舗』で購入した木目柄の壁紙でリメイクしています。

 

_S5A7535

定番のおもてなし料理は、ラザニア。サクサクとした食感を出すため、表面にパン粉をふりかけるのがポイントのようです。

「友達が来たら、前日に仕込んでおいたラザニアをオーブンに入れるだけ。仕上げの作業が少ないので、おもてなしに最適ですよ!」

 

_S5A7559

もう一品よく作るのが、 サングリアです。赤ワインに材料を入れて一日寝かせるだけなので、とっても簡単なのだとか。

 

【熊木さん流サングリアの材料】

赤ワイン・・・ 750ml

カットしたフルーツ (熊木さんはオレンジ1個、リンゴ1/2個、パイナップル1/8個、スライスしたレモン5枚)

グラニュー糖・・・ 50g

クローブ ・・・5粒

シナモンスティック・・・ 3本

「赤ワインはスーパーやコンビニで売っている安価なもので大丈夫です。スパイスを多めに入れて、香り豊かにするのがミソ!」

 

「泊まった友人には、栄養満点の朝ごはんを出しています。特に、たくあんとベランダで採れたシソの混ぜご飯が大好評なんですよ!」そんなおもてなしの心があるからこそ、みんな熊木さんの家に集まるのでしょう。

 

次回は「DIYアイデア」を紹介してもらいます。

 

関連記事

第1回:【飛んで帰りたくなる!】部屋を一瞬で素敵にしてくれるインテリア術 

第2回:友達に見せたくなる!ちょっと男前なキッチンの作り方って?

 

(バックナンバー)

暮らし上手さんのお宅訪問 vol.1

 

【熊木(くまき)さん】

東京都在住。映像美術会社勤務。

instagramや、RoomClipなどで、自宅のインテリアや趣味の料理などを公開中。

撮影/木村武司

武蔵英介(ANGIE編集部)

武蔵英介(ANGIE編集部)

メディアプランナー

≫このライターの記事を読む

主にインテリア、料理など暮らし関係の記事を担当。 趣味は、インテリア、料理、自転車、海外ドラマ。 「皆さまに毎日の暮らしが楽しくなる情報をお届けいたします」


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ