ハピネス

2015.12.26 UP

友達に見せたくなる!ちょっと男前なキッチンのつくり方って?


_S5A7449

暮らし上手な熊木さんの部屋づくりの秘訣に迫るこの連載。第2回は、ちょっと男前なキッチンのつくり方です。

男前スタイルは、無骨なアイアンの家具やジャンクな工業用の雑貨などを取り入れ、黒を差し色にしてメンズライクな雰囲気を出すのが特徴。今、インテリア好きの間で人気No.1のスタイルなんです!

第1回を見逃している方はこちらの記事をどうぞ。

 

_S5A7414

友達が遊びに来たときに「キッチンは散らかっているから見ないで!」なんて言った経験を持つ人も少なくないのでは?

ホームパーティを月に一回開催する熊木さん宅のキッチンを参考にすれば、友達に「見て!見て!」と自慢するようになっちゃうかも!?

 

ちょっと男前なキッチンのつくり方

_S5A7449

レンジフード上の壁に貼った壁紙は、Piet Hein Eekデザインの『SCRAP WOOD WALLPAPER』。壁を傷つけない裏ワザを使っているから、原状回復も問題無しです!

 

【壁紙の貼り方】

1. マスキングテープを、壁の四方を囲むように、またその内側に十字形に貼ります。

2. 1のマスキングテープの上に両面テープを貼りつけます。

3. 2の両面テープの剥離紙をはがし、その上に壁紙を貼ればOK。

マスキングテープは接着力が弱いため、元の壁をほとんど傷つけません!

 

_S5A7464

シンク上の収納扉に『チョークボードペイント』を塗ったスチレンボードをマスキングテープでペタリ。

ペイントした部分が黒板になるから、文字やイラストが描けて手軽に個性が出せちゃいます!

 

_S5A7418

100円ショップで入手した木材を、コの字形に接着しただけのスパイスラックで収納力アップ。

その上のワイヤーラックも、焼き網をペンチで曲げ、黒色にペイントしたハンドメイド品です。手が届きやすいから、よく使う調味料の定位置にして。

 

_S5A7428

同じデザインの瓶にスパイスを詰めかえれば、整然とした印象になって◎。

「エスニック料理が大好きで、スパイスは15種類ほど常備しています。ラベルを貼っているから、中身が一目瞭然!」とのこと。

 

_S5A7460

愛用のキッチンツールは、直径22cmの『staub』の鍋。ひとり暮らしには大きすぎるのでは、と思いきや「作り置き分がたくさんできるから、おすすめですよ」だそう。

お菓子づくりに重宝している『DULTON』のキッチンスケールは、出しっ放しでも絵になるデザインがお気に入りポイント。

 

_S5A7463

美味しかったレシピは、また同じ味を出せるようにノートに記録しています。今までに記録した数は40種類。自分だけのレシピブックが作れて楽しそうですね!

思い立つと、深夜にアップルパイを焼いたり、ジャムを煮ることもあるとか。「友人へのお礼にクッキーをたくさん焼くこともありますよ」

見た目だけでなく、熊木さんの丁寧な暮らしぶりが垣間見えるキッチンでした。

 

次回は「友達を呼びたくなるダイニングルーム」を紹介してもらいます。

 

関連記事

第1回:【飛んで帰りたくなる!】部屋を一瞬で素敵にしてくれるインテリア術 

 

(バックナンバー)

暮らし上手さんのお宅訪問 vol.1

 

【熊木(くまき)さん】

東京都在住。映像美術会社勤務。

instagramRoomClipなどで、自宅のインテリアや趣味の料理などを公開中。

撮影/木村武司

武蔵英介(ANGIE編集部)

武蔵英介(ANGIE編集部)

メディアプランナー

≫このライターの記事を読む

主にインテリア、料理など暮らし関係の記事を担当。 趣味は、インテリア、料理、自転車、海外ドラマ。 「皆さまに毎日の暮らしが楽しくなる情報をお届けいたします」


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ