ハピネス

2015.12.07 UP

思わず自炊したくなっちゃうキッチンのつくり方って?


_S5A5619

暮らし上手な吉住さんの、素敵な部屋づくりの秘訣に迫るこの連載。

第6回は「自炊が楽しくなるキッチン」です。第1回を見逃している方はこちらの記事からどうぞ。

2年ほど前までは、ほとんど外食や、コンビニでお弁当を買って済ませていたという吉住さん。

「食生活が乱れていたせいで、疲れがたまりやすくなっちゃって……。そこで自炊に切り替えたら毎日健康的になったんです!

お弁当も週3回作っているという、吉住さんのキッチンをさっそく覗いてみましょう。

 

【暮らし上手さんのお宅訪問】第6回:見た目も使い勝手も◎なキッチンインテリア

_S5A5602

シンク上と下の収納扉は黄色、壁はツルツルした素材の白い壁……。そんな何の変哲も無いキッチンだったと言うのが嘘のよう!

レンガ柄の壁紙は、ネットショップ『nohara』で購入。はがせるタイプだから、賃貸でも原状回復OKなのだそう。

「壁紙を張ったら、劇的に雰囲気が変わりました!」

 

_S5A5590

コンロ横にはジャストサイズに作ったスパイスラックを設置しています。

「調理中もサッと取れて、使い勝手がいいんです」

 

_S5A5589

無機質な冷蔵庫と電子レンジを隠すため、ブルーにペイントしたパンチングボードを立てかけています。黒板やカレンダーなども飾って、遊び心をプラス。

「でき上がった料理をちょっと置いたり、調理ができるように、シンクとパンチングボードの間に板を渡しました」

 

_S5A5593

吉住さんの自炊のテンションを上げるためのキッチンツールは、この3点。奥から時計回りにご紹介します。

・片手鍋

アメリカのブランド『DANSK』の鍋。

「直径13cmの鍋は、1人分の料理を作るのにぴったりサイズ! ジャムを煮るのにも役立っています」

・カッティングボード

本来の使い方以外にも、パンをサーブしたり、鍋敷きにしたり……。テーブルコーディネートのアクセントによく使うアイテムだそう。

 ・ミトン

本革の風合いに一目惚れしたミトンはマーケットで入手。

「使うのがもったいなくて、飾って眺めています(笑)」

 

_S5A5608

週末によく作るという、フレンチトーストが本日のメインディッシュ。

「食パンよりも食感のあるフランスパンを選んでいます。仕上げに粉砂糖を振るうと、見た目も可愛くなりますよ!」

サラダとミネストローネ、ヨーグルトで栄養バランスも◎。サラダは、茹でたブロッコリーとシメジを入れたものです。

「ベーコンをオリーブオイルとガーリックで炒めて香りづけするのがポイント。粉チーズを振るのもおすすめです」

 

フレンチトースをのせたスキレットは、『ニトリ』でなんと498円! ランチョンマットは得意のステンシルでリメイクして。

栄養はもちろん、見た目もおいしい食卓が、吉住さんの楽しい暮らしをつくっているようです。次回は、「吉住さんのお気に入り日用品」を紹介します。

 

関連記事

第1回:真夜中の12時に帰宅しても一瞬でOFFモードになれる部屋

第2回:ぴったりの家具が見つからないならDIYで解決!

第3回:賃貸住宅でも実践できる、おしゃれな壁デコアイデア

第4回:癒し効果抜群!幅280cmのベランダをオアシスにする方法 

第5回:どこでも買える植物をおしゃれにデコる方法

第7回:部屋時間がもっと楽しくなる!暮らし上手さんのお気に入りの日用品6選

 

【吉住(よしずみ)さん】

1982年生まれ。東京都在住。会社員。

ブログInstagramRoomClipなどで、自宅のインテリアやベランダガーデン、DIYアイデア、ライフスタイルを公開中。

Instagramのフォロワー数は常に増え続け、2,700人を超える人気ぶり!(2015年11月現在)

撮影/木村武司

武蔵英介(ANGIE編集部)

武蔵英介(ANGIE編集部)

メディアプランナー

≫このライターの記事を読む

主にインテリア、料理など暮らし関係の記事を担当。 趣味は、インテリア、料理、自転車、海外ドラマ。 「皆さまに毎日の暮らしが楽しくなる情報をお届けいたします」


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ