美容

2014.09.23 UP

コーヒーに含まれる「ポリフェノール」にアンチエイジング効果!


diet food1

美しいボディを手に入れるためには、何をすべき? 世の中にはダイエットに関する情報が無数に存在するけれど、一番手っ取り早いのは、口にする物に気をつけることではないでしょうか。

毎日食べる物は、身体のベースとなります。例えば、生理中には鉄分を多く含むレバーや空芯菜を口にすると貧血が改善されるように、脂肪燃焼を促す食べ物を普段の食事に取り入れることで、ダイエット効果がアップするんです。

カロリー消費を促す食品を積極的に摂って、かしこく効率的にスリムボディを目指しましょう!

 

コーヒーのお腹スッキリ効果

diet food2
朝の一杯のコーヒーは、頭だけでなく「お腹もスッキリ」させてくれることをご存知でしたか? 便秘解消の効果があるほかにも、生活習慣病予防やカロリー消費を促す、といったうれしい効果が期待できるそうです。

また、コーヒーに含まれる「ポリフェノール」にはアンチエイジング効果もあり。ダイエットと美容に役立つドリンクといえそうですね。ただし、飲むならブラックで!

 

唐辛子の代謝促進効果

diet food3

野菜と豆腐たっぷりの韓国鍋「スンドゥブ」に、香辛料たっぷりの「タイカレー」など、辛い物が大好きな方に朗報です! 唐辛子に含まれる「カプサイシン」には発汗作用があり、代謝を促すことが知られています。

また、強い抗酸化作用のあるビタミンEや美肌効果のあるビタミンCも多く含まれるため、ダイエットと美容が同時に叶う素晴らしい食べ物です。とはいえ胃に刺激が強いため、食べ過ぎには注意しましょう。

 

アボカドの美肌・美ボディ効果

0bc8aa061bd64580d0dbc32ca6dde702
美肌効果だけでなく、ほっそりボディへと導いてくれるアボカド。身体に優しい不飽和脂肪酸を多く含むアボカドには「コレステロール値を下げる」「体重の軽減」「お腹周りの脂肪を減らす」といった効果があります。

このほか、グレープフルーツリンゴオレンジヨーグルト脂肪のないとり肉や赤身の肉オメガ3脂肪酸を含むシャケやマグロなども、カロリー消費の手助けをしてくれる食べ物です。

外食では、クリーム系のパスタよりもスパイシーな酸辣湯(サンラータン)麺を選ぶなど、上記の食べ物を日々の生活に取り入れてみると、効率よく痩せることができそうです。もちろん、日々の軽い運動もお忘れなく!

 

※参考: vkool & グルコサミンナビ.com & body ecology

Photo by Pinterest

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ