美容

2015.11.03 UP

美白もニキビ対策も!スキンケアになる「顔そり」の方法とは?


IMG_0536

顔のうぶ毛を剃る「顔剃り」。一度はしたことがあるのではないでしょうか。実は、この顔剃りが美肌づくりに良いってご存じでしたか?

今回は、顔剃りのメリットと正しいお手入れ方法をご紹介します。

 

「顔剃り」のメリット4つ!

fa

1. くすみが改善され透明感が出る

顔の毛を取り除くことで肌がワントーン明るくなり、黒っぽく見えていたくすみが改善します。

2. メイクのノリが良くなる

肌がすべすべになるため、メイクのノリもアップ。驚くほどメイクが映えるようになります。

3. 肌が柔らかく、すべすべになる

化粧品の浸透力が高まるため、美容成分がダイレクトに届き、美肌に!

4. ニキビができにくくなる

ニキビは、余分な皮脂や汚れがうぶ毛に絡まり、毛穴を詰まらせることで発生してしまいます。つまり、うぶ毛を取り除くことはニキビ予防につながるのです。

 

正しい「顔剃り法」をチェック!

IMG_0536

一度も顔を剃ったことがないのでやり方がわからない! という人に、今回は簡単にできてすべすべ肌になれる「顔剃り法」を伝授したいと思います。

 

【用意するもの】

1. 顔剃り用カミソリ

女性用の1枚刃。長さは短いものが良いでしょう。T字カミソリは、カーブの多い部分に使うと剃り残しが出てしまうので、あまりオススメできません。

2. クリーム

フェイス用のほか、ボディ用やハンドクリームでもOK。

ただし、尿素入りのクリームはNGです。顔に傷があるとピリピリするので、避けるようにしましょう。

 

ma

【お手入れの方法】

1. タイミングは洗顔後、特に入浴後がベストです。まずは、剃る部分にのみクリームを塗りましょう。

2. クリームを塗った部分を、カミソリで剃っていきます。順番は、面積の大きい額や頬から

毛の流れに従って剃ると、毛の断面が青く見えることもありません。皮膚をひっぱりながら剃るとやりやすいですよ。

3. 剃りにくい小鼻の周りは、空いているほうの手で鼻を反対側に倒して剃るようにしましょう。

鼻の側面は、空いているほうの手で頬を押さえて、少しずつ上から下へ剃るように。最後に鼻すじを上から下に向かって剃ります。

4. 口の周りは鼻と上唇の間から、下に向かって剃りましょう。下唇の下は、下から上に向かって剃るように。

 

お手入れのペースは?

iStock_000023108927_Small

ケアの頻度は、1~2週間に1回程度がベスト。

ニキビや肌荒れがひどい時は、出血や化膿の原因になるので避けましょう。生理後など、ニキビが落ち着いてから行うようにして下さい。

 

剃った後は、自分でもついつい触ってしまう程のすべすべ肌を実感。継続して行うことで肌質が滑らかになって透明感も増し、メイクのノリもアップしますよ。

高いスキンケアより効果があるかも? ぜひ試してみてくださいね!

 

関連記事

伝統の青缶ニベアが再ブレーク!世代を超えて愛されるニベアの凄さ

佐治 真澄

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ