美容

2014.01.23 UP

満月=生理、新月=排卵だけではない!月の満ち欠けを活用した「超美容テクニック」とは?


2205b190dd143fc781819d39934c9ae8

今月も、予定どおりに生理がきました〜。毎月のこととはいえ、生理痛や倦怠感には悩まされますが、予定どおりに生理がくると、心身に余計なストレスがかかっていない安心感がありますよね。

この「生理が予定どおりにくる」というサイクルは、月の満ち欠けの周期と同じ約28日の周期で変化しています。つまりこのサイクルの間に、女性は「生理」と「排卵」を繰り返し、月は「満月」と「新月」を繰り返しているということなんです。

しかも不思議なことに、女性の身体や心の状態は、月の満ち欠けと深い結びつきがあるらしいと聞いたら、なんだか月が私たちの味方になってくれている気がしてきませんか?

今回ご紹介する超美容テクニックは、「満月」と「新月」の月の満ち欠けを活用した入浴美容法です! さっそく見ていきましょう。

 

新月の日の入浴は、体内デトックス!

満月から新月へと月が欠けていく期間は、余計なものを排出し、新しいことを始めるのが良いとされています。

じつは、女性の身体のサイクルも同じで、生理から排卵までの期間はむくみがとれたり、皮膚が新しく生まれ変わるなど、デトックス効果が高まっていきます。そんな、デトックス効果がいちばん高い新月の日こそ、身体にため込んだ余計なものを出す大チャンス! お風呂に入った後は、不思議なほどにスッキリした気分になれるのです。

 

満月の日の入浴は、心身リラックス!

新月から満月へと月が満ちていく期間は、吸収力があがると言われていますが、これを女性の身体に置き換えると、排卵後、妊娠するための栄養分や水分を蓄えはじめているということですね。

満月の日を境に身体は落ち着きを取り戻し、癒しの効果が高まります。ここでしっかりリラックスして必要なものをしっかり吸収すると、よいエネルギーの流れを生むことでことが出来るのです。

 

バスソルト(岩塩)がいい!

さらに満ち欠け効果を高めるためには、ただお風呂に入るだけではなく、バスソルト(岩塩)を使うのがおすすめ。岩塩には古くなった角質を落としやすくしてくれる効果があるので、体内デトックスはもちろん、お肌もつるつるに生まれ変われます。

また、ミネラルがたくさん含まれているので、しっかり吸収することで代謝があがるのです。まさに、デトックス&リラックスにふさわしい入浴剤ですよね。

 

いかがでしょうか。

こんなに効果を得られる日が、必ず月に2回巡ってきているのですから、お風呂ではシャワーしか浴びないという人でも、新月と満月の夜だけは贅沢なバスタイムを押さえて、美しさをキープしてみてはいかがでしょうか。

 

Photo by Pinterest

SODA

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ