美容

2015.08.14 UP

【夜に食べてOK】簡単10分で完成!美肌をつくる夜デザートって?


iStock_000032580094_Small

夜に甘いものは厳禁と言われているけれど、どうしても食べたいときだってありますよね。

1カ月に2〜3回程度なら、夜デザートだってアリなのでは?

食べる際には、注意しておきたいことがあります。油をたっぷり吸ったドーナツやクリームを使ったケーキをたくさん食べるのはNG。

手作りのデザートを、少量いただくのがポイントです。今の時期なら、さっぱりとした「レモンクリーム(ポーセット)」はいかがでしょう? 3つの材料で作れる手軽さも魅力です。

 

夏場はレモンたっぷりのデザートを

せっかくの夜デザートですもの、ただ食べるだけではなく美容効果というオマケも欲しいですよね。

そこで、体力の奪われやすい夏には「レモン」を使ったデザートがおすすめです。

果物のなかでも、美容効果がトップクラスのレモン。ビタミンCは美白やアンチエイジングに効果が期待できるため、夏の疲れたお肌に最適です。

また酸味の元でもあるクエン酸は、疲労回復や体を健やかに保つのに欠かせません。

 

イギリス生まれの「夜のレモンデザート」

体に良いものとして何百年も前から親しまれてきた、イギリス生まれのデザート「ポーセット」。中世の時代には「寝しなに飲めばぐっすり眠れる」と言われていたそうです。

もともとはミルクにレモンの絞り汁やお酒などを加えた温かい飲み物だったようですが、ここ最近はオシャレな冷たいデザートとして進化しています。

現代版のポーセットは、本来のものよりも高カロリー。食べ過ぎには気を付けましょう!

 

材料はたった3つ!「ポーセット」簡単レシピ

Homemade lemon curd jar

【材料】(2人分)

レモン…1コ

グラニュー糖…40〜50g

生クリーム…100cc

 

【作り方】

1. 手鍋にレモンの絞り汁(大さじ2)とレモンの皮(1コ分)のすりおろし、グラニュー糖を入れて弱火にかける。砂糖が溶けたら火から下ろします。

2. 600Wのレンジで、生クリームを1分間加熱します。生クリームをレモン汁の入った手鍋にゆっくり注ぎ入れながら、スプーンまたは泡立て器でよく混ぜる。

3. ジャーやココット皿に半量ずつ注ぎ入れ、ラップをして冷蔵庫で一晩冷やします。

※生クリームは、乳脂肪分40%以上のものを選びましょう。脂肪分が低いと、クリーム状に仕上がりません。

 

美肌、ツヤ髪を作るアーモンドを添えていただくのが、本来の食べ方なのだとか。キレイのエッセンスがぎゅっと詰まったデザートと言えそうですね!

2〜3日はおいしく食べられるので、時間のあるときに作り置きしておくとよさそうです。

ときにはゆったり、夜のデザートタイムを過ごしてみませんか?

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ