美容

2015.05.29 UP

安価に贅沢パック!乾燥・美白ケアには牛乳の手作りパックが最高


iStock_000063121951_Small

以前、簡単に作れる「美白化粧水」のレシピをご紹介しました。

今回は肌ダメージが気になる30代の女性にとって欠かせない、「スペシャルケアのパック」についてのお話です!

 

パックはシートタイプや洗い流すものなど色々試してみたけれど、どれも効果はいまいち……。

「コスパも悪いし、長続きしない」と感じている方、パックを手作りしてみるのはいかがでしょうか?

この時期に嬉しい乾燥対策や美白ケアができる、「ナチュラルパック」のレシピをご紹介します。

自宅にある野菜やフルーツなどを使うので、誰でも簡単に作れますよ!

 

ナチュラルパックを始める前に

iStock_000043546986_Small

自宅でナチュラルパックを作る際は、以下のことに気を付けるようにしましょう。

1.新鮮な食材を選ぶ

2.良く洗う

3.パックは必ず1回分ずつ作る

4.使い道具は清潔に

5.パッチテストを忘れずに

 

乾燥、小じわ対策にオススメの「牛乳はちみつパック」

milk

世界3大美女の1人、クレオパトラも毎日牛乳で肌を磨いていたと言われています。

牛乳には肌に有効な成分が豊富です。特に乾燥を防ぐ効果はピカイチ! 水分量や皮脂量をコントロールして、肌にうるおいを与えてくれます。

 

【材料】

はちみつ(大さじ1)

牛乳(100ml)

小麦粉(大さじ2~3)

 

【作り方】

1.牛乳をボールに入れ、そこにはちみつを加えてよく混ぜましょう。

牛乳はぬるめに温めておくとはちみつが溶けやすくなります。

2.小麦粉をすこしずつ加えてとろみを調整します。

 

牛乳の代わりに豆乳を使うと、保湿だけでなく抗酸化作用も加わり、さらに肌が滑らかになります。

 

紫外線ダメージ対策なら「すいかパック」

Watermelon

すいかには、紫外線から肌を守るシトルリンが含まれています。

また、紫外線でほてりを感じた肌のクールダウンにも最適です。

 

【材料】

すいかの皮と実の間の白い部分(1切れ分)

小麦粉(大さじ2)

 

【作り方】

1.すいかの皮の内側の白い部分をおろし器ですりおろします。

2.1をボウルに入れ、トロリとするまで小麦粉を少しずつ混ぜて調整。

 

ただしこちらは直接つけるのではなく、ガーゼを顔にのせた上からつけるようにしましょう。

 

シミ予防の美白対策には「ヨーグルトパック」

Greek yogurt with honey

最後にご紹介するのは、美白に効果の高いヨーグルトパックです。

 

【材料】

ヨーグルト ※できればプレーンタイプ(大さじ1~2)

ハチミツ(小さじ1)

シートマスク、ラップ

 

【作り方】

1.ヨーグルトとはちみつをよく混ぜ合わせてください。

2.ラップの上にのせたシートマスクに、まんべんなく塗ってしばらく置いておきましょう。

ラップは目元、口元、鼻の部分に切り込みを入れておくこと。

 

初めての人はパックを取った後、ヨーグルトが茶色くなっていくのできっと驚くはず。効果絶大です!

夏は冷蔵庫で冷やしたヨーグルトを使うと、ひんやり気持ちよく引き締め効果もあり一石二鳥ですよ。

 

iStock_000017680131_Small

どのパックも洗顔をして肌を清潔にし、化粧水でキメを整えてから行いましょう。

パックを塗る時は目や唇の周りを避け、顔の中心から外側に塗り広げます。

そのままパックが乾くまで(15分程度)キープし、ぬるま湯で洗い流せば終了です。

 

手作りだから安心!

iStock_000014159226_Small

即効性がある上に、家にあるものを上手に活用するのでコスパも優秀。

そのほか、キュウリを使ったパックもおすすめです。夏の疲れた肌を優しくケアしてくれますよ。

肌の悩みに合わせて、あなたも手作りパックを試してみませんか?

 

 

関連記事

美肌&保湿効果抜群の シートマスク!効果と種類を詳しく紹介

佐治 真澄

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ