美容

2015.02.01 UP

子供っぽくしないコツ!オトナのための「ピンク」の着こなし方とは?


83a2c7811104c69f791b86bd6c18116e (1)

Photo by Pinterest

そろそろ、冬服にも飽きてきたけど、まだまだ寒い……。

そんな中途半端なこの時期は、春色カラーの服がオススメ!

 

春が待ち遠しくなるピンクの服を、コートの下に忍ばせてみてはいかがでしょうか?

マンネリがちな冬のファッションに、新鮮な風を吹きこんでくれると思いますよ。

 

30歳オーバーでも、まだピンクは着られる?

18bf800da348d947e50bac8dc339e2c9
Photo by Pinterest

ピンクは、今年の春も流行する予感!

でも、甘くてガーリーなイメージが強い色なので、「年甲斐もなく……」なんて思われないか不安も。

オトナが着るには、ちょっと注意が必要な色なんです。

 

そこで、「子供っぽくならない、オトナのためのピンクの着こなし方」を知って、オシャレにピンクを着こなしましょう!

 

デザインはシンプルなものをチョイス

fa3f70811485b9ae2162f0a26c2f9d58-2

Photo by Pinterest

フリルや装飾がゴチャゴチャ付いたデザインは、かわいすぎて、子供っぽくなりがちです。

オトナは、甘さ控えめのシンプルなデザインを選んだほうがベター。

 

大人女子は、ピンクを寒色の服と合わせる

a9dab474cc125941bc566241f47affc5

Photo by Pinterest

スタイリングで、ピンクの甘さを抑えてあげるのが、大人っぽく着こなす重要なポイント。

合わせる服は、ベージュや赤などの暖色系の色よりも、寒色系の色のほうがスッキリ見えます。

 

淡いピンクに、この冬に大活躍のグレーを合わせれば、あか抜けた印象に。

 

b68ec11e896e985849fe4dc538c1bec0
Photo by Pinterest

ブルーのデニムを合わせれば、カジュアル感がプラスされて、ヘルシーな色気が漂います。

 

d68788ff1d47a6708f164f90bd3302fe
Photo by Pinterest

定番色でもあり、強いイメージの紺も、ピンクの甘さを引き締めてくれます。

 

シャープな小物をトッピング

7e9098d56d1f896f0dc03fb6e0ef0b6d-2

Photo by Pinterest

最後に、ポインテッドトウのヒール靴や、かっちりしたバッグなど、鋭角のある小物をプラスしてあげましょう。

ピンクの甘さが中和されて、シャープで大人っぽいスタイルの完成です!

 

オトナのピンクを取り入れて、冬のマンネリファッションを打破しましょう!

一足先に、春を感じられそうですね。

いわた あきこ

いわた あきこ

ファッションデザイナー/ファッションライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ