美容

2014.12.22 UP

モテる女は自律神経のコントロールができている!


imasia_12404463_M

モテる女性の特徴と言えば、その美貌。美しい容姿は、女性からみてもとても魅力的です。

でもいくら美しい顔立ちでも、いつもイライラしていたり、体調が悪そうだったらどうでしょう

男性だって、恋人にしたいとは思わないのではないでしょうか。

 

お肌のお手入れは入念にしているのに、体の内側のケアを怠っている人は多いもの。

目に見えない部分だからこそ磨きたい、モテるための体の機能のケア方法を紹介します。

 

神経って何よ!? モテる女はいい神経をしている

imasia_12717007_M

えっ、神経? と驚かれた人もいますよね。

普段は「いい神経してるじゃん」などの皮肉以外では、めったに登場しない「神経」。

でも、実はとても大切な機能を果たしてくれています。

 

みなさんは自律神経という機能を知っていますか?

普段の生活では、ほとんど意識することがありませんが、わたしたちが健康に生きるうえで欠かせない機能です。

 

例えば、息をしたり、唾液を出したり、汗をかいたりするのは、全て自律神経がコントロールしていること。

それだけでも、どれだけ大切な機能か想像できると思います。

 

自律神経には、主に日中に働く「交感神経」と、夜間やリラックスタイムに働く「副交感神経」の2種類があります。

交感神経は外部の刺激から体を守るための機能で、副交感神経は体をゆっくり休ませる機能というイメージです。

わたしたちが意識するしないに関わらず、自律神経は24時間働きつづけて、人間の体のバランスを保ってくれています

 

自立神経失調症って?

imasia_12405050_M

「自律神経失調症」という言葉を耳にしたことはありませんか?

これは、交感神経と副交感神経の働きに乱れがでて、体調をうまくコントロールできなくなっている状態です。

 

強いストレスや不規則な生活が続いたり、女性の場合はホルモンの分泌量によっても自律神経の働きが乱れると言われています。

 

症状はさまざまで、「異常な発汗」「食欲の減退」「不眠」「ニキビ」「肌荒れ」「便秘」「生理が不順」「うつ」など、あらゆるところに現れます。

それだけに一度神経が乱れてしまうと、体調が不良を起こしやすくなり、それ自体もストレスの原因になります

 

モデルの早寝は自律神経のため!?

imasia_10419203_M

トップモデルがインタビューなどで「夜は22時までに寝る」などと語っている記事を見かけた事はありませんか?

「まさか、そんな早く寝れるはずがない」と感じるかもしれませんが、でもこれはあながちウソではなさそうです。

 

実は夜22時~2時の間は、成長ホルモンが一番分泌される時間帯と言われています。

成長ホルモンは、傷ついた細胞を修復して新しい細胞を生み出してくれる大切はホルモンです。

 

さらに睡眠中には副交感神経が活発に働き、血管や筋肉が緩むので、成長ホルモンが体の隅々まで行きわたりやすくなります。

つまり成長ホルモンの分泌のためにも、ホルモン成分を体に行きわたらせるためにも、健やかな睡眠が大切だということ。

 

もちろんお肌の健康のためにも、早く寝るというのは正しい選択。

健やかな睡眠をとっている人は、肌細胞の代謝がスムーズに進むので、ハリと艶が出やすいのです。

 

もともと人間の生活リズムは、暗くなったら眠るのが基本ですから、夜間に睡眠をとることで、自律神経の働きが整いやすくなるというメリットもあります。

昼夜が逆転するような生活をしていると、自律神経のバランスが崩れて心身に悪影響がでる可能性があるので要注意です。

 

たとえ高価なサプリメントを使っても、自律神経が乱れてしまっていては、せっかくの栄養分を体に浸透させることは難しくなります。

まずは基本に立ち返って、正しい睡眠を心がけましょう。

 

目指せ山口智子!いくつになっても輝く女性の秘密とは?

imasia_8898388_M

先日、山口智子さんが久しぶりにメディアに登場され、50代とは思えない美しい肢体でハツラツとお話されていました。

 

年齢を重ねるほど、見た目には体の内側が現れます。どんなにメイクで隠しても、時間がたてばほころびが出てしまうもの。

でも山口さんには、そんなほころびなんて微塵も感じられませんでした

 

imgactf_yamaguchi_l

コメントからも毎日の生活を大切にしていることが伝わってきて、そんな丁寧な生き方が山口さんの美の秘訣なのだろうと感じました。

 

40歳以降もステキに輝くためには、30代からの生活が大きなカギになります。若いからと、無理をしすぎてはいませんか?

忙しく無理のきく年代だからこそ、体と心の悲鳴に耳を傾けてみてください。

自律神経がSOSを出しているかもしれませんよ。

 

Image photo by 山口智子オフィシャルサイト、Imagia

平 理以子

平 理以子

美容ライター/恋愛コラムライター/海外(バリ島)ライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ