美容

2013.11.02 UP

「オレこの唇とキスすんの?」なんて思われないための「流麗女史の唇ケア」簡単2パターン


eec283cab2b4ea5455dde88bdeca14bb
あなたは、自分の本当の顔を知っていますか? 私たちが普段「自分の顔」だと思っているのは、鏡の中の自分ですよね。
しかし、人は鏡を見るとき、無意識に“イイ顔”をしてしまうものなんです。つまり、シワなどのエイジングサインも他人のほうがよく見えている可能性が高いということ。

鏡でキメ顔を作っている自分は、表情を動かさないのでシミや毛穴といった悩みに目がいきがちですが、日常生活で人と話したり食事したりするときは、絶えず顔が動いていますよね。そんな時に目にするエイジングサインこそ気をつけていきたいもの。

なかでも意外に気付いていないのが、上唇の縦ジワ。
例えば、熱いグラタンを唇をすぼめて可愛くふぅふぅ冷ましているあなた。

その姿に釘付けの愛しい彼。「やだぁ〜彼ったら私の愛らしい動作にメロメロだわ」と心の中でドヤ顔しているかもしれませんが、彼の目が釘付けになっているのは、梅干しみたいになったあなたの唇かもしれません。

唇が乾燥しやすい理由とその対処法>>

大西 マリコ

大西 マリコ

美容ライター/西洋占星術家

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ