美容

2014.08.26 UP

もうヤダ!夏のワキ汗「脇汗」を隠すための女子向け対処法 ~


3b0b6c7ae3f1f1d669184735bdd38b42

毎日暑い日が続くなか、額や頭皮、背中などさまざまな部位で汗をかいていると思います。そんななかでも、他の人に見られると恥ずかしいのがワキ汗。

 

どうしても気になって、ジャケットやカーディガンが脱げなかったり、腕が上げられなかったりすることもありますよね。

しかも、デートの時も相手に気づかれないようにドキドキしていると、よけいにワキ汗が出て来てしまったり……。

 

そこで今回は、もうそんな思いをしないためにも、ワキ汗を止める方法をお伝えします!

 

舞妓さんもしている半側発汗

4f443a633cfc6cb24f2215eba93cfa17

真夏の最高気温でも、汗を見せずに涼しげな舞妓さん。その秘密は、半側発汗にあるんだそう。半側発汗とは、右側を圧迫することで右側の発汗を抑え、左側を圧迫することで左側の発汗を抑えることができるというもの。

そして舞妓さんはこの方法を利用し、両脇の下を着物の帯で締めているんだそう。

 

気になる時は、長めのゴムやひもなどで縛ってみましょう! ただしずっと圧をかけるのは身体に負担がかかるので、出勤前だけなど短時間にしておくように。

 

すぐできるツボ押し

b2632fdcafddbd10e22846f2d0eaafa0

ツボ押しも即効性があります。特にワキ汗に効くというのが、乳首の3~5cmほど上、大体指2本か3本ほどの上にある“屋翳(おくえい)”を1~3分ほど押さえます。しかもこのツボはバストアップにも効果があるという嬉しい効果もあります。

 

身体を冷やす

08b29900af560f16d935ecb35052907f

汗をひかせるには、血液やリンパを冷たくさせるために、リンパ節を冷やすことが効果的です。リンパ節は手首や首、ヒジの内側、ヒザの裏などがありますが、特に首元は最も冷却効果があると言われてるので、冷たいペットボトル冷やしたタオルをあてましょう。

 

ニオイは定番のミョウバンにお任せ!

b9fc7564a5fd8d7e2d75df07d914921e

皆さんはミョウバンってご存知ですか? ミョウバンは消臭効果のある複合塩で、昔からある汗のニオイ対策で有名なもの。

また制汗作用もあるため、ワキ汗にはバッチリ! ミョウバンの結晶やミョウバン入りの制汗剤でワキ部分のケアをして、ニオイも汗もできるだけ抑制するワキを目指しましょう。

 

まだまだ暑さが続く毎日。ぜひ、これらを試して、ワキ汗の気にならない日々を過ごしちゃいましょう!

 

Photo by Pinterest

ピーリング麻里子

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ