美容

2014.08.06 UP

モデルが「普通の洋服を着ていても」オシャレに見せる究極の技


e2d1eea963b258e4a54f3155ebbb20f9

雑誌やテレビで、モデルさんが普通の洋服を着ていてもすごくおしゃれに見えることがありますよね。

その理由のひとつは、「ゴールデンバランス」を意識してコーディネートしているからです!

今回はイメージコンサルタントである著者が、誰でもできるゴールデンバランスを意識した着こなしについてご紹介したいと思います。

 

ゴールデンバランスとは?

食事にも、生活にも、恋愛にもバランスは大切ですね☆ バランスが崩れると一気に居心地が悪くなってしまいます。

それはファッションにおいても同じ。デザイナーやスタイリストなど、オシャレに携わる職業の人が持っている感覚には、3つのゴールデンバランスと呼ばれる色のルールが存在していたのです。

 

無題

頭の先から足の先まで9等分し、色で洋服のバランスのとり方を示しています。

 

バランスがよく見えるということはスタイルが良く見える、そしてまとまり良く見えるということ。自然界や私たちが「美しい」と感じるものには、この黄金比率が隠れているといわれているのです。

 

シンプルな装いこそバランスを意識して!

数年前、某有名ブランドさんのパーティーに出席した際、素敵なブラックのロングドレスを着させていただきました。その時の私の髪色は明るい茶色。シンプルなスタイルが好きな私は、小さなイヤリングをつけるのみで、自慢だったロングヘアーにボリュームを持たせ、アクセサリーの代わりに……と。

しかし……なんともしっくりこない。どーーーーーやってもチグハグ。

真っ黒なオフショルダーのロングドレスに茶色のロングヘアー。なんだかふたつの世界が共存しているような居心地の悪い気持ちになったことを覚えています。

 

158f26f3d185095a7e391736ba21af90

なぜ居心地の悪い気分になったのか。その原因は、黄金バランスに反していたから!

図1に置き換えて考えると、この場合は肌の色と黒のドレスを主役にし、ロングヘアーはまとめてコンパクトに結うべきだった!

図2、3で考えると、下半身と同じ色を頭の先に持ってこなければならない、すなわち髪の毛の色はブラックでなければしっくりこない!

 

なるほど。

だからなんだか居心地の悪い感覚があったのね……と納得しました。

頭の先から足の先までは切っても切り離せないひとつの作品。どこかひとつでもバランスを崩すものがあれば、不整合になってしまいます。もちろん、あえてバランスを崩させることでアクセントをつくり出す方もいるけれど、それは上級者テクニックです。

 

4d05fe3678e2a9a8d5137c481ea28ce2

おしゃれは自由に楽しむもの。感覚ですものね。

ただ、感覚といっても、オシャレのルールを知っているのと知らないのでは、全く作品の完成度が変わっていくものです。ベースをきちんと心得ておくことは何事においても大切ですね。

瞬間的に目を奪われてしまうようなゴールデンバランスを習得し、あなたというたったひとつの作品を、世界レベルにしてしまいましょう!

 

Image photo by Pinterest

神山 まりあ

神山 まりあ

(2011 ミス・ユニバース 日本代表/イメージコンサルタント/日本マナー・プロトコール 講師 /J-WAVE ナビゲーター 2013 優秀者)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ