美容

2014.06.29 UP

やっぱり「胸式呼吸」がリラックス効果抜群なんです!


504fde0174f0dc72922d262859ba92b6
まだ6月だというのに、早くも真夏のような陽射しの日が訪れましたね。

汗をかいたあとに電車やお店の冷房で急激に冷やされる、というのを繰り返すと、自分でしっかり体調管理しておかないとな、思う今日この頃です。

 

さて、健康な身体づくり、みなさんはどんなことをされていますか?

食事や睡眠の見直しなど気を遣われている方も多いかと思いますが、運動はいかがでしょうか。私の日常は、パソコンに向かう座りっぱなしの時間が長く、さらには根っからのインドア派なので、完全に運動不足です。

 

しかし、運動嫌いの自分ですが、最近、重い腰をあげ、ピラティスを始めました。ピラティス、御存じでしょうか。ヨガと似ている気がするけれどどう違うのか?

さっそく先生にお聞きしてみたところ、簡単に説明すると発祥した背景が違うとのこと。ヨガはインドの思想、宗教に基づき精神的なリラックスと、ストレッチに重点が置かれているもの。一方ピラティスは、リハビリを目的として考えられ、体幹(身体の中心)を鍛えて身体を整えていくものだということです。

 

そして最大の違いは、ヨガは腹式呼吸、ピラティスは胸式呼吸ということ。どちらが良い、というわけではなく自分の性格や思想に合ったものを選べばよいので、運動嫌いなわりに頭の中は体育会系、という私のような人にはピラティスが合っているのだと感じ挑戦してみました。

 

さて、はじめたばかりですが1週間に2回は行くというハマりっぷりです。自分でも驚きですが、興味のある方の参考になれば、と思いその理由を2つご紹介。

 

まず、ガチガチに凝り固まった身体をほぐしてゆく過程が楽しい

たとえば、首を回すだけなのに、スムーズにいかず止まってしまう時があります。まさしく、首がまわらない! などとひとりで苦笑しながら何度か回していると、ほぐれやすい部分と、そうはいかない部分が出てきます。

すると、この「そうはいかない部分」をやっつけたくなるんです。もちろん、無理をすると叱られますので、そのうちやっつけてやる「乗り越えられそうな課題」を見つけることが楽しいです。

 

2つ目に、お手本となる先生の身体が美しい。身体のラインが美しい。出るとこ出て、へっこむとこへっこんで、私もあんなふうになりたい(出るとこは無理でも、へっこみはいけるはず……)。

そして、ふと窓に映った自分の身体を見て「美しい」と思いたいんです。子どもの頃に「アイドルみたいになりたい!」と思ったような憧れを、30過ぎて本気で感じています。

 

すると、次第に仕事中や、家でくつろいでいる時にも、ふと自分の身体を意識するようになりました。

変な姿勢でパソコンを触っていると「先生はこんな姿勢ぜったいしないな……」とか、疲れて身体が丸まっているとき、「先生は疲れていても姿勢がきれいなんだろうな……」とか、思うようになったのです。

今はまだ憧れが勝っていても、自分のものになったとき、本当の美しさが備わるはず!

 

それにピラティスの魅力は、先生にお聞きしたところ、これの限りではないようです。肩こり、腰痛以外にも、女性の悩みに多い便秘や冷え性の改善に。

ピラティスの特徴である「胸式呼吸」はリラックス効果、集中力の向上などに効果があるそうです。神経質だったり、緊張しやすいなんて人におススメです。

 

これから暑くなってくると、疲れもたまりがちになります。そんな時こそ、自分の呼吸を見直してみるよい機会です! 滞っていたものがすっと流れ出しますよ。ぜひ一度挑戦してリラックスしてみてくださいね。

 

Photo by Pinterest

SODA

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ