美容

2018.11.02 UP

3人に1人が「冷え性」対策をせずに放置、その最大の理由とは?


仕事や家事に集中できない。毎日の生活が楽しめない…。そんなお悩み、ありませんか? 実はその悩みの原因は“冷え性”にあるかもしれません!

江崎グリコ株式会社が20代〜60代女性500人を対象に「冷え性に関する調査」を実施したところ、多くの女性が冷え性に悩んでいることが判明。さらに、なんと3人に1人が冷え性対策をせずに放置していることがわかりました。

冷え性に悩みながらも、放置している人が多い……。女性の冷え性には、どのような問題があるのでしょうか。

 

冷え性に悩む女性はなんと約7割!

グリコ健康科学研究所 ウェブサイト

江崎グリコ株式会社が実施した調査によると、女性の約7割(66.6%)が冷え性を自覚していることが判明。その多くが「手足の冷え」「肌や皮膚表面が冷たくなる」といった、血流の滞りによる症状を自覚しているようです。

そして冷え性を自覚する女性の多くは10月(41.4%)ごろから3月(68.5%)までの6ヵ月間も冷えを感じており、「ピークは12月」(90.4%)と回答しています。

まさにこれからのシーズンは、冷えとの戦いになりそうですね。

 

冷え性歴は平均17年も続く?

さらに冷え性には、症状が慢性化して長年続くという厄介な特徴も。

冷え性を自覚したタイミングが「平均24.6歳」、冷え性を自覚する女性の平均年齢が「41.5歳」であることから、多くの女性は約17年間も冷え性に悩み続けていると考えられるのです。

 

3人に1人が対策をとらずに放置!

グリコ健康科学研究所 ウェブサイト

そんな冷え性に対して、女性たちはしっかり対策に取り組んでいるだろうと思いきや、意外にも「積極的に取り組んでいる」と答えた女性はわずか9%

3人に1人は「取り組んでいない」(32.4%)と答えており、大半の人が「効果的な対応策を知らない」ことを理由にあげました。

寒い時期になると風邪予防や肌の保湿対策に取り組む女性が多い中、冷え性については効果的な対策法が見つからず、放置している人もたくさんいるということがわかりました。

 

冷え性で消極的になる女性も…

「冷えは万病のもと」と言われるように、冷え性は肩こりや腰痛、肌あれ、目の下のくまといったトラブルの原因にもなります。

さらに同調査では、冷え性は単にカラダだけではなくココロの冷えまでも招いているのではないかという、興味深い調査結果も明らかに。冷え性を自覚する女性の7割が「動くのがおっくう」(75.1%)、6割が「仕事や家事に集中できない」(65.8%)、「生活が楽しめない」(60.7%)、5割近くが「人付き合いに消極的になる」(44.4%)と感じているというのです。

いずれも冷え性を自覚しない女性よりも、高いスコアとなりました。

 

これから年末・年始に向けて、イベントが増える華やかなシーズンに突入します。仕事や飲み会を思いきり楽しむためにも、冷え性対策でココロもしっかり温めておきましょう!

 

参考:グリコ健康科学研究所 ウェブサイト

sakura

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ