美容

2018.05.30 UP

ファンデーションの色の選び方って?肌色にマッチしたファンデを選ぶコツとは


ファンデーション 色 選び方

 

20代30代、それ以降の年代の多くが愛用している化粧アイテムといえば「ファンデーション」ですよね!

ファンデーションには肌の色ムラをカバーして美肌に見せる効果が期待できるとして、さまざまな化粧品メーカーから発売されています。

しかし、発売されているファンデーションの種類が多すぎて「ファンデーションの色の選び方がわからない」という女性も少なくありません。

そこで今回は「自分の肌色にあったファンデーションの選び方」に注目をしてみたいと思います◎

「肌の赤みをカバーしたい」「クマやくすみ感を消したい」など、お肌の悩みに合わせたファンデーションの色を選びましょう!

 

ファンデーションにはどんな色がある?

一般的に、ファンデーションは「オークル系」「ピンク系」などといったタイプ別に分かれていることが多く、自分の肌色に合わせてチョイスしやすいように工夫されているもの。

ここでは、ファンデーションの色にどのような種類があるのかを大まかにご紹介します!

 

1.ベージュ(イエロー)系ファンデ→黄色が強く、赤みを抑える

まず、ベージュ系のファンデーションの特徴は「黄色が強い」ということ!

ファンデーションの色の黄色みが強いことで「赤みを抑える」という働きがあり、赤ら顔の人や赤ニキビが目立つ人などに最適です。

 

2.ピンク系ファンデ→赤色が強く、肌の血色をよく見せる

ベージュ系のファンデーションは「黄色みが強い」という特徴がありましたが、ピンク系のファンデーションはその真逆。ファンデーションの中の「赤み」が強いことで、肌に赤みを持たせる働きがあります。

「顔色が悪い」「くすみが気になる」という人は、ピンク系のファンデーションを塗布することで血色がよくなったかのような効果を得られることも!

 

3.オークル系ファンデ→ピンク系とベージュ系の中間に位置する色み

オークル系ファンデの色みは「そこまで赤ら顔ではない」「くすみやクマもあまり気にならない」という肌タイプの人におすすめのカラー◎

ベージュ系ほど黄みは強くなく、かといってピンク系ほど赤みがあるわけでもな「ベーシックな色み」といってもいいでしょう。

ファンデーションの色をパーソナルカラーで選ぶ!ブルベとイエベって?

ファンデーションの色診断などでは「ブルベタイプ」「イエベタイプ」に分かれていたりしますが、そもそもブルベやイエベってなんのことかご存知ですか?

ここではファンデーションの色を自分の肌色に合わせるひとつの指針となる「ブルベ」と「イエベ」についてご紹介していこうと思います。

 

イエベの人のファンデの選び方

まず、イエベというのは「イエローベース」の略で、肌色が黄みを帯びているという特徴があります。

このイエローベースは日本人の肌色に多いといわれているんですよ!

・腕の血管が緑色に見える

・白目がアイボリー色だ

という人は、イエローベースタイプであることが多いようです。

肌色が黄みに傾いているイエベタイプの人は、ファンデーションを「ベージュ系」「オークル系」にすることで肌馴染みがよくなります◎

ブルベの人のファンデの選び方

ブルベは「ブルーベース」の略で、肌色に血色感が少なく青白く見えてしまうケースもあり、欧米人に多く見られる肌色です。

・腕の血管が青く見える

・白目がやや水色だ

上記に当てはまるのであれば、あなたの肌色はブルベタイプといってもいいかもしれません!

ブルベタイプの人の特徴は「血色が悪いこと」なので、ピンク系のファンデーションをチョイスして顔色を華やかに見せるのがポイントです◎

 

ファンデーションの色の選び方を実践!

実際にファンデーションを選ぶとなると、どうしていいのかわからなくなってしまうという人も少なくありませんよね。

以下にファンデーションの色選び方法を一例としてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

1.ファンデーションをフェイスラインに沿って塗り、1番自然に馴染む色を選ぶ

2.化粧品カウンターなどでBAさんにメイクをしてもらってから決める

3.腕の内側に異なる色みのファンデーションを塗り、1番馴染む色を見比べる

最近では「ブルベとイエベのタイプを判定するキッド」も発売されていますが、1番確実なのは化粧品カウンターでBAさんから直接アドバイスをもらうこと。

プロの視線でさまざまなアドバイスもしてくれるので、ファンデーション選びが苦手だなと感じている人におすすめです◎

 

肌色タイプ別おすすめファンデーション

ここでは「ブルベ・イエベ」などといった、タイプ別におすすめできる優秀ファンデーションをご紹介します!

 

顔の赤みが気になる人(イエベタイプ)は“ベージュ系”がおすすめ!

イエベタイプの人にマッチするカラーは「ベージュ系」と「オークル系」の2つがありましたが、顔の赤みやニキビが気になる人には断然「ベージュ系」の色みがおすすめです。

 

マキアージュ ドラマティックパウダーUV (ベージュオークル10)

資生堂

13時間の化粧崩れ防止効果が実証されているのは、マキアージュのドラマティックパウダーUVです◎

パウダーの中に美容液が配合されているので、乾燥しがちな肌もしっとりと整えてくれますよ。

「ベージュオークル10」はマキアージュのカラー展開の中で最も黄みの強いカラーなので、イエベタイプで顔の赤みが気になっている人に最適。

色補正×カバー力=最強
マキアージュのファンデを詳しく見る

くすみや血色の悪さが気になる人(ブルベタイプ)は“ピンク系”がおすすめ!

ブルベタイプの人は「顔色が悪い」「血色感がない」という悩みを抱えやすく、またそういったトラブルが目立ちやすいのは「目元」「口元」という皮膚が薄い部分であるケースも少なくありません。

皮膚が薄い部分に厚塗りをしてしまうと、かえってメイクが崩れやすくなったり厚ぼったくなってしまうもの。

そこでおすすめなのが、カバー力抜群なのにケバくならないエスティーローダーのリキッドファンデーション!

 

ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ(62 クールバニラ)

Amazon

全10色あるダブルウェアの中でも、ピンク色が強くて顔色をパッと華やかに見せてくれるクールバニラのカラー。

愛用者からは「崩れにくさに感動!」「目の下のひどいクマもこれ1本で目立たなくなる」「カバー力抜群でニキビ跡や毛穴もカバーできる」「肌がキレイに見える」「夏場のファンデとして最高!」など歓喜の声が寄せられていて、ロングアセラーアイテムとして定着しているファンデーションです◎

 

小麦肌さんには“レブロン”のベージュ系がおすすめ!

「日本人向けのファンデーションでは白すぎる」という小麦肌さんには、カラー展開が豊富なレブロンのファンデーションがおすすめ!

 

レブロン カラーステイ メイクアップ(サンタンベージュ)

REVLON

レブロンからは「24時間落ちにくいのにうるおう」というリキッドファンデーションが発売中!

皮脂分泌量を保ちながら化粧崩れの原因を防ぎ、24時間メイク仕立てのキレイが持続します。また、気になる毛穴やシミもしっかりカバーしてくれるというソフトマットな仕上がりもポイント。

 

ファンデーションの色選びQ&A

ここでは、ファンデーションを選ぶ際に注意しておきたい項目をQ&A形式にまとめてみました。

 

Q.イエベの特徴とブルベの特徴の両方に当てはまるときは?

A.化粧品カウンターなどで肌色診断をしてもらうと、イエベとブルベの両方に該当する場合もあります。

そんな場合はイエベとブルベの中間である「グリーンベース」と診断されることも少なくありません。

グリベタイプは、イエベにおすすめの色みである「ベージュ・オークル系」がぴったりな場合もありますし、ブルベタイプに最適の「ピンク系」がしっくり来るなんてケースも!

どちらにしても、グリベタイプの人は「似合うカラーが多い」ということなので、BAさんと相談しながらベストなファンデーションカラーを探してみましょう。

 

Q.ファンデーションの明るさの選び方がわからない

A.ここでも少し触れましたが、ファンデーションの明るさを選ぶときは「フェイスラインに馴染むもの」をチョイスするように心がけてみてください◎

フェイスラインに馴染む色を選ぶことで、顔と首の境界線が上手にボケてより自然な仕上がりに。

「顔だけ真っ白……」ということがないように、しっかりとフェイスラインと首に馴染む明るさのものを選びましょう!

 

関連記事:ファンデーションの選び方は?おすすめ人気ファンデの今更聞けないポイントを解説

A.

A.

ママサーファー/ジュエリープロデューサー/美容ライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ