美容

2018.05.23 UP

乾燥肌さん必見!洗顔石鹸の選び方とスキンケア特集|オーガニックも♡


夏の強烈な紫外線や室内のエアコンなどの影響で、夏でも意外と気になる肌の乾燥。洗顔後肌がつっぱったり、スキンケアでしっかり保湿していても肌がすぐにカサカサになったりしてしまう場合は、肌が慢性的に乾燥している状態になっている証拠。

元々乾燥肌タイプの人や、そうでなくても、この時期肌の潤い不足が気になる場合は、普段の洗顔を見直してみることが大切です。

極度な乾燥肌におススメなのが、洗顔フォームの代わりに、刺激成分の少ない肌に優しい石鹸を使用すること。肌の皮脂を過剰に取り除くことなく洗いながら肌を保湿してくれる石鹸は、この時期改めて注目したいアイテム。

そこで今回は、このタイミングで見直しておきたい、洗顔石鹸の魅力と選ぶ時のポイントについて詳しくご紹介します。

 

乾燥肌でも石鹸で洗顔して大丈夫?

何となくイメージとして、「乾燥肌なのに石鹸で洗顔すると、余計に乾燥しちゃわない?」と思ってしまいがちだけど、実は乾燥肌の人にこそ、石鹸での洗顔がマストです。

洗顔フォームと違い、肌に刺激の強い成分が配合されていない石鹸は、肌に負担をかけることなく汚れを落とすことが可能。過剰に皮脂を奪い去ってしまうことがないので、洗顔後に肌が潤い不足でゴワゴワする……という状態を避けることができます。

また、洗顔フォームよりも泡立ちが良く、汚れを優しく泡で包み込むように落としてくれるので、肌に摩擦を与えてしまうこともありません。

汚れを落とすパワーは洗顔フォームより劣るものの、マイルドな泡がすでに乾燥でガビガビになった角質を柔らかくしてくれるのも石鹸ならではのメリット。洗いながら同時に肌を保湿してくれるので、石鹸は乾燥肌で悩む人にこそ、おススメなんです。

そんな洗顔石鹸ですが、洗い残しには要注意! きちんと洗い落とさず石鹸カスが顔に付着したままでいると、肌のツッパリの原因となってしまいます。肌にマイルドだからと安心せず、洗顔フォーム同様しっかり洗い流すことを忘れずにしたいもの。

 

乾燥肌さん必見! 肌がしっとりする洗顔石鹸の選び方って?

様々なメーカーから、「フェイシャル用石鹸」なるものが続々と登場していますが、乾燥肌さんが選ぶ時に気をつけておきたいポイントも押さえておきましょう。

乾燥肌さんの場合、何といっても保湿成分が配合されている石鹸をチョイスすることが欠かせません。ヒアルロン酸やプラセンタ、ローヤルゼリー、グリセリン、スクワランなどの天然保湿成分が使われているかどうかが大きな目安に。まずはアイテムのパッケージを注意深く見て、使用されている成分をチェック。

さらに乾燥肌の場合、洗浄力がマイルドなオイルが使用されていることも大切なポイント。オリーブ油や椿油、米ぬか油などが、一般的に乾燥肌向きだといわれています。

配合されている油脂によって、肌のタイプによって合う合わないがありますので、肌のタイプに合わせた油脂をチェックしましょう。

洗浄能力の強い牛脂やパーム脂が主成分のものや、ニキビ予防用のものは避けたほうが無難。肌の皮脂を全て絡み取り、肌の乾燥が進んでしまう原因になってしまいます。

また、石鹸には防腐剤やエタノールが含まれているものもあるので、肌に刺激となるような化学成分が含まれていないものをチョイスするのも乾燥肌さんには重要です。

 

乾燥肌さんは洗顔後のスキンケアにも要注意

また、乾燥肌さんは石鹸で洗顔した後のスキンケアにも要注意です。洗顔後は時間を置かず、出来る限りすぐにスキンケアで肌に保湿成分を浸透させてあげることが大切です。

石鹸洗顔で肌の角質が柔らかくなってる間に、必要なスキンケアは終わらせておきましょう。石鹸洗顔+スキンケアの組み合わせで、極度の乾燥肌も潤うはず。

また、洗顔する際は、泡ネットを使用して、濃密なキメの細かい泡を立てることが必須。肌への摩擦を最小限に抑えることができますよ。

 

乾燥肌さんにおススメ! 2018年注目の洗顔石鹸

数あるブランドから出ている乾燥肌に効果アリのおススメ洗顔石鹸をいくつかピックアップしてみました。

 

死海の塩を使ったオーガニック石鹸! Nablus Soap(ナーブルスソープ)

洗顔石鹸 乾燥肌 おすすめ

NABLUS

2018年のヒットアイテムといえば、肌に優しいオリーブオイルが95%、死海の塩が5%配合された、天然成分のみから作られたNablus SoapのDead Sea Mudです。

原料に使われている一番搾りの純度の高いオーガニック食用ヴァージンオリーブオイルには、栄養価の高いオレイン酸を始めとする天然保湿成分が豊富。さらに死海の塩には、肌の引き締め&保湿効果のある塩化マグネシウムが凝縮されていて、乾燥肌さんにはまたとないおすすめアイテム。

死海の泥には乾燥や肌老化を防ぐミネラル成分が64種類も入っているそうなので、これはもう取り入れない手はありません。死海の塩&泥を使ったフェイスマスクを以前試したことがありますが、使用後の肌のモッチリ感は最高でした。

死海の石鹸、かなり気になります。Nablus Soapの公式サイトから購入できますよ。
お悩み別に種類も豊富♡
ナーブルス公式はこちら!

 

低刺激で洗い上がりもちぷに♡馬油石鹸

Vi & Da

「洗った後、すぐにスキンケアをしなくてもいいくらい肌が潤う」と評判なのが、Vi & Daの馬油石鹸です。

何だか使うのに抵抗を感じる人が少なくない馬油ですが、その潤い機能はまさに驚異的。馬油の中に含まれている馬セラミドは人の脂質にとても近い成分であるため、肌の角質層への浸透率が半端なく高いオイルなんです。

そんな馬油が主成分として使われているこの石鹸、洗顔中から肌をしっかり保湿してくれるので、洗い終わった後、肌がぷにぷにに潤った状態に。低刺激で日焼け後のヒリヒリした肌に使用してもOKなので、これからのシーズンにピッタリですね。

これまで髪の毛のお手入れに使用することの多かった馬油だけれど、フェイスケアにも取り入れないともったいない! 低刺激なので、乾燥肌兼敏感肌さんにもおススメです。Vi & Da公式サイトでチェックしてみてくださいね。

 

守りと攻めのわがまま保湿ケア!赤のとち姫

赤のとち姫

何とも可愛らしいネーミングの赤のとち姫は、ヒアルロン酸やセラミド、プラセンタエキスといった、天然保湿成分がタップリ入った保湿重視の洗顔石鹸です。

とちの実のポリフェノールであるプロアントシアニジンという成分には、高い抗酸化作用が期待できるため、エイジングケアにも効果抜群とのこと。保湿&老化対策が同時にできてしまう、何とも贅沢な石鹸です。

石鹸の原料を型に流し、一つ一つ時間をかけて固めていく「わく練り製法」で作り上げられているのも興味深いところ。保存料や防腐剤、酸化剤などの化学成分が一切配合されていないのも安心ですね。こちらの赤のとち姫の公式サイトから購入できます。

 

夏の紫外線や冷房で乾燥した肌のお手入れに、是非とも取り入れたい洗顔石鹸。チューブタイプのものと比べ泡立ちも良く、1個あたりのコスパも最高なので、いくつかお気に入りのものを大人買いするのもアリですね。今年の夏は洗顔石鹸にハマりそうです。

 

【参考文献】『Vi & Da

◯関連記事

【2018年】洗顔石鹸のおすすめ人気ランキング|気になる口コミは?

Timmy

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ