美容

2018.05.23 UP

飲む日焼け止めは皮膚科で処方してもらえる?皮膚科で買える種類・値段・購入方法まとめ


飲む日焼け止め 皮膚科
皮膚の疾患や病気でかかることの多い皮膚科ですが、実はそこで「飲む日焼け止め」を処方してもらえるということをご存知でしょうか?

「え?日焼け止めって肌に塗るものじゃないの?」と思った人も多いと思いますが、身体の中から日焼け対策ができるものも多数開発されているんです。

そこで今回は、飲む日焼け止めの値段や取り扱っている東京都内の皮膚科をご紹介します!

今年の夏は飲む日焼け止めで、効率よく紫外線対策を行ってみませんか?

 

皮膚科で処方してもらえる飲む日焼け止めについて

そもそも飲む日焼け止めとは、どういった原理で紫外線防止効果を発揮するのでしょうか?本当に効果はあるのでしょうか?

ここでは、飲む日焼け止めの種類や効果・主な購入方法などをご紹介します。

 

飲む日焼け止めの種類

多くの皮膚科で取り扱われている「ヘリオケア」という飲む日焼け止めには、「FernBlock(Polypodium Leucotomos)」という主成分が含まれています。

この成分は、20年以上も前からアメリカやヨーロッパで使用されていて、身体の中から紫外線UVAに対する防御効果が確認されているもの。

紫外線防御効果だけではなく、皮膚を保護して肌の免疫機能を保つ成分としても認められているので、「紫外線による日焼けを予防したい」「皮膚のダメージを最小限に抑えたい」という人におすすめ◎

FernBlockの防御効果は、世界中の皮膚科学会で臨床結果として発表されているほど!

化学薬品を一切使用していない安心感と年間を通して使用できる安定性で、塗る日焼け止めでは防ぎきれない紫外線の影響を身体の内側からしっかりと予防することができるんです。

また、シミやそばかすの原因は「紫外線の影響によって体内に活性酵素が発生すること」ですが、ヘリオケアに含まれる有効成分には「強力な抗酸化作用」があることが確認されています。シミやそばかすの原因になってしまう活性酵素の発生をとことん抑制し、若々しいお肌をサポートしてくれますよ!

また、ヘリオケアの他にも「UVlock(ユーブロック)」という日本製の飲む日焼け止めを取り扱っている皮膚科もあります。

UVlockは「1錠で24時間の効果が持続する」として注目されていて、主成分は強力な抗酸化作用を持つ「グレープフルーツ由来のシトラス成分」「ローズマリー由来のハーブ成分」をブレンドしたもの◎全て植物成分のため身体に優しく、副作用の心配もありませんよ!

 

飲む日焼け止めの主な購入方法や値段

ヘリオケアを始めとする飲む日焼け止めの主な購入方法は「美容系のクリニックや皮膚科といった専門機関」ですが、実はインターネットでも気軽に入手できるって知っていましたか?

一般的な飲む日焼け止めの値段は「5,000〜10,000円以内」であることが多く、まとめ買いをすると若干お得になるシステムも!

皮膚科で処方してもらう場合は、飲む日焼け止めの本体価格に加えて「初診料+診察料」といった別途料金が発生してしまうこともお忘れなく。

身体に直接取り入れるものなので、できればクリニックや皮膚科へ受診をして購入することが望ましいのですが、実際のところ「料金設定による」のではないでしょうか?

一方で、インターネットで購入すると「1つ5,000円程度」で手に入ってしまうのでお得に感じますが、通販であるが故に生じる「発送までかなりの時間がかかる」「送料が高い」「偽物だった」という問題が発生する可能性も否定できません……。

 

皮膚科で処方してもらえる飲む日焼け止めの注意点

飲む日焼け止めは皮膚科で処方してもらえることができますが、ここではさらに詳しく「飲む日焼け止めの位置づけ」や「注意点」についてまとめてみたいと思います。

 

飲む日焼け止めは保険を適用されない

飲む日焼け止めに使用されている有効成分は薬剤ではないため、位置づけとしてはあくまでも「サプリメント=食品」ということになります。

そのため、皮膚科で処方してもらえるといっても保険は適用されず「全て自費」になってしまうので注意してくださいね!

 

東京で飲む日焼け止めを取り扱っている皮膚科やクリニックの一例

湘南美容クリニック
取り扱い製品名:ヘリオケア ウルトラD
価格:5,400円(税込)

KMクリニック
取り扱い製品名:ヘリオケア ウルトラD
価格:5,000円(税抜)

フェミークリニック美容皮膚科
取り扱い製品名:ヘリオケア/UVlock
価格:6,000円(税抜)/6,500円(税抜)

山本クリニック
取り扱い製品名:ヘリオケア ウルトラD
価格:4,860円(税込)

新宿ラクル美容外科クリニック
取り扱い製品名:ヘリオケア ウルトラD/CRYSTAL TOMATO/UVlock
価格:4,750円(税抜)/12,500円(税抜)/6,500円(税抜)

 

飲む日焼け止めの注意点

皮膚科で処方してもらえる飲む日焼け止めの種類は「ヘリオケア」という商品名のものでしたが、これはアメリカで開発されて外国内でされた「輸入品」になります。

「国内産のものがいい!」という人は、通販で調べてみるといいでしょう◎

ホワイトヴェール飲む日焼け止め 日本製 おすすめ

インナーパラソル飲む日焼け止め 日本製 おすすめ インナーパラソル

ポルク飲む日焼け止め 日本製 おすすめ ポルク

ホワイタス

飲む日焼け止め 日本製 おすすめ ホワイタス

上記のように、通販なら日本製の飲む日焼け止めを多数見つけることができます。

また、飲む日焼け止めを飲んでいるからといっても「全く日焼けをしない」というわけではありませんので、通常タイプの塗る日焼け止めの併用も忘れずに!

 

いかがでしたか?

夏前になると、飲む日焼け止めを購入するために皮膚科が混雑してしまうなんて日もあるんだそう。紫外線は夏だけではなく、真冬でも案外降り注いでいるもの!

飲む日焼け止めを利用し、一年を通して紫外線対策をしてみるものいいですね♪

 

参考:湘南美容クリニック聖心美容クリニックフェミークリニック美容皮膚科

◯関連記事

【2018年】飲む日焼け止めおすすめ人気ランキング≪比較&口コミ≫

A.

A.

ママサーファー/ジュエリープロデューサー/美容ライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ