美容

2018.05.13 UP

プチプラクレンジングだって侮れない!使って選んだ市販メイク落とし5選


クレンジング プチプラ おすすめ
毎日使うクレンジング。「美肌への第一歩はクレンジングから」とも言いますが、「正直どれが良いのかわからない」といった悩みもありますよね。

値段で選ぶケースもありますが、「高いから良い」と一概には言えません。クレンジングは、使用感や肌との相性など、自分の好みで選ぶもの。

そこで今回は、「プチプラクレンジングについて詳しく知りたい」という方のために、ドラッグストアや薬局など、市販で買えるクレンジングを5つ厳選して紹介します!

 

高いクレンジングと安いクレンジングの違いは?

クレンジングを選ぶ際に気になるのが、デパートなどで売っている高いクレンジングと、ドラッグストアでも購入できる比較的安価なクレンジングの違い。

私もクレンジングを使い始めた頃は、正直違いがよくわかりませんでしたが、肌荒れで悩んだときに成分表示を確認するようになりました。

ご存知の方も多いと思いますが、2001年の薬事法改正により、医薬部外品を除くすべての化粧品に、全成分表示が義務付けられました。

成分表示は配合量が多い順番で記載されているので、「どういった成分が一番多く使われているのか」がわかるのです。

成分の違い=使用感の違い。どのような差があるのか見ていきましょう!

 

洗いあがりの感触が違う!

比較的値段が高いクレンジングの成分を見てみると、一番初めに「スクワラン」や「ミネラルオイル」などの保湿成分が記載されていることが多いです。つまり、保湿成分をもっとも多く配合しているクレンジングが多い傾向にあるということ。

反対に、値段の安いクレンジングの多くは、成分表示の初めの方に「水」が記載されていることが多く、どちらかというとサッパリした洗いあがりになると言えます!

 

匂いの強さが違う!

いわゆるプチプラクレンジングと比べて、高いクレンジングには「オレンジ果皮油」などの香料が配合されていることが多いです。

値段が安いクレンジングでも、香料が配合されていることがあります。ただ、私の個人的な感想ですが、実際に使ってみて使用後に「香り」を強く感じるのは高いクレンジングの方だと思います。

 

【市販でも買える】優秀プチプラクレンジング5選

冒頭でお話しした通り、クレンジングは自分の肌に合えばOK!プチプラでも優秀なクレンジングはたくさんあります。

そこで今回は、私が実際に使ってみていいと思ったプチプラクレンジングを5つ厳選して紹介します。

どれもドラッグストアなどで気軽に購入できるものなので、気になったものがあればぜひ試してみてくださいね!

 

ファンケル マイルドクレンジングオイル

クレンジング プチプラ おすすめ

Amazon

1997年に誕生し、総売上本数7,200万本を突破した伝説のクレンジングオイル。様々な美容雑誌やサイトで紹介されているので、一度は使ったことがある方も多いのではないでしょうか。

「肌への優しさ」を考えて、通常オイルには使わない水性保湿成分をプラス。洗浄成分を可能な限り抑えているので、肌に余計な負担がかかりません。

それなのに、ウォータープルーフのマスカラもするっと落ちるんです!

アイメイクは専用リムーバーで落とした方が良いと思いつつ、どうしても面倒な日ってありますよね。そんなとき、私はいつもコレを使っています。

オイルなのに洗った後もつっぱらないし、我が家に欠かせないアイテムの一つです!

プチプラなのにトライアルがあるの!?
マイルドクレンジングオイルをお試し!

 

キュレル ジェルメイク落とし

クレンジング プチプラ 敏感肌

Amazon

キュレルのクレンジングジェルは弱酸性、無香料・無着色、アルコールフリーと敏感肌の強い味方。肌荒れを防ぐ消炎剤(有効成分)も配合しています。

肌の必須成分「セラミド」を守るはたらきもしてくれるので、カサつきなどの乾燥が気になる方にもおすすめ。

私の肌は季節の変わり目に弱いので、だんだん乾燥し始める秋に使用しています。また、肌荒れを起こしてしまったときに使用することも。

洗浄力が強すぎず、メイクを「優しく流してくれる」といった使用感なので、肌がゆらぐ時期にも安心して使えます。

 

カウブランド 無添加メイク落としミルク

クレンジング プチプラ おすすめ

Amazon

アレルギーを引き起こす可能性のある着色料や香料、防腐剤、品質安定剤に加えて、鉱物油・アルコールをすべてカットしたクレンジング。

肌にある「セラミド」と同じ構造の、天然由来のセラミド(保湿成分)を配合しているので、保湿力も高いことがポイントです。

クレンジングミルクは、オイルと比べて肌に負担がかからないので、毎日気兼ねなく使えます。とはいえ「ミルクだとちゃんとメイクが落ちるか不安…」という方もいると思います(私もその一人)。

肌に優しい分、やはり洗浄力はオイルと比べると低いので、薄くメイクをした日や重ね塗りをしなかった日に使用することをおすすめします!

 

ビフェスタ うる落ち水クレンジングローション

Amazon

コットンに含ませて使用する、ふき取りタイプのクレンジング。100%オイルフリーで、化粧水由来の洗浄成分と、保湿性洗浄成分が肌を守りながらメイクをしっかり落としてくれます。

強くこすらなくともきれいに落ちるので、アイメイク用のポイントリムーバーとして使用している友人もいました。

私も長年愛用中。散々飲んだ後や残業後など、「もう今日はお風呂に入りたくない!」という日に手軽にメイク落としができるので、「化粧を落とさずに寝てしまう」ということが本当になくなりました!

中身もたくさん入っていてコスパが良いのもお気に入りポイントです。

 

ポンズ クリアフェイスクリームクレンジング

Amazon

美容クリーム生まれのクリームクレンジング。高麗人参エキス、シャクヤクエキスなど、韓植物から抽出した4種の保湿成分を配合しており、古い角質を落としながら透明感のある肌に導いてくれます。

オイルと比較すると肌に優しいので、毎日使うクレンジングとしてもおすすめ。

テクスチャーは固めなので、時間をかけて馴染ませることで、メイク落ちを実感できます。使い続けていると、私は肌のくすみが気にならなくなりました!

ただ、友人の話などを聞いているとあくまでも個人差があるようなので、使用する際は注意してくださいね。

 

いかがでしたか?

美しくなりたいと願う女性にとって、クレンジングは必須のアイテム。今回の記事を参考に、ぜひ自分に合ったクレンジングを見つけてみてくださいね!


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ
v