美容

2018.05.13 UP

【40代にオススメ】化粧下地の人気ランキング!プチプラでもOK?


40代 化粧下地 おすすめ

30代に突入してから「なんとなく化粧下地が合わない気がする」と感じ、40代になるとさらにその“違和感”が強くなったという方は多いのではないでしょうか。

そんな悩みを抱えているのはあなただけではありません。ほとんどの40代女性が化粧下地選びに悩んでいると思います。

メイクの出来を左右すると言っても過言ではない化粧下地は、どのように選ぶのがいいのでしょうか。今回は、40代からの化粧下地の選び方と、おすすめの商品を紹介していきます!

 

40代女性必見!化粧下地の選び方 3つのポイント

40代の女性が化粧下地を選ぶ際、以下の3つのポイントに焦点を当てると化粧下地が選びやすくなります。早速みていきましょう。

1:肌質に合わせるのは鉄則! でも保湿は一番大事

まず、選ぶべきポイントとして挙げられるのが、「肌質」です。乾燥肌の人は保湿ができるものを、脂性肌の人はメイクが浮かないものを、敏感肌の人は肌に優しいものを選ぶのは鉄則ですね。

中でも乾燥については特に注意してください。40代になると肌の水分量を保ったりコラーゲンの生成に深く関わる「エストロゲン」というホルモンが減少し、肌の潤いがなくなりがちです。

またホルモンバランスがくずれやすくなることで皮脂の分泌も不安定になるため、できるだけ保湿対策には力を入れたいものです。

 

2:コスパも大切! いくらが平均?

化粧下地は毎日使うものなので、コストパフォーマンスが高いものがいいですよね。40代女性が使う化粧下地の一つの値段の平均はだいたい5,000円ほどのようです。

選ぶときに重要なのは、「高い=いいもの」と思い込まないこと。コスパを重視するときにみておきたいのはその成分です。

先述したように40代女性は特に乾燥対策をすべきですが、選ぶなら保湿成分である「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」が入ったものがいいですね。プチプラコスメでもこれらが入ったコスメはありますよ。

 

3:口コミは自分に近いものを参考に

化粧下地を選ぶときには、「口コミ」も大変参考になります。口コミサイトや通販サイトをみて、じっくりと検証していきましょう。

ただし、星の数やいい口コミの内容だけに踊らされるのはNGです。口コミを参考にするときに重視したいのは、自分の肌に合うかどうか

口コミによっては投稿者の肌質について詳しく書いていたり、年齢を書いているものもあるので、できるだけ自分と同じ境遇の人を見つけ、どのような評価を下しているかをみてみてください。全体的な評価ではなく、自分に似た人の口コミこそ参考になります。

 

40代におすすめ!化粧下地の人気ランキングTOP3

化粧下地の選び方が分かったところで、40代女性におすすめで人気の化粧下地をランキング形式で紹介していきます。

参考になりそうな口コミも合わせて紹介していくので、ぜひあなたに合いそうなものを探してみてくださいね。

 

第1位:化粧もちに自信あり「資生堂 マキアージュ/ドラマティックスキンセンサーベース UV」

40代 化粧下地 おすすめ

マキアージュ

40代女性を中心に最も支持を得ているのが、この『マキアージュ』の「ドラマティックスキンセンサーベース UV」です。

まず、なんと言ってもその化粧もちが評判です。「朝から化粧直しをしなくても、夜までつけたての質感だった」「化粧がくずれなくてびっくりした」との声が多く、メーカーのHPではなんと13時間も化粧もちを持続できるとうたっています。

13時間というとかなり強気にも思えますが、口コミをみてみると、その表現は大げさでないことがうかがえます。

それほどまでの化粧もちが叶うのは「潤い」と「皮脂コントロール」の働きによるもの。水分バランスを整えることで肌に潤いを与えつつ、不要な皮脂は広げないように感知します。

リピート率も高く、乾燥肌と脂性肌の両方の人からの人気が高いようです。

崩れたくない40代は今すぐチェック!
「ドラマティックスキンセンサーベース」はこちら

 

第2位:美容液を塗っているような感覚「ソフィーナ プリマヴィスタ/くずれにくい化粧のり実感リキッドファンデーションUV」

Amazon

40代になるとホルモンバランスがくずれやすくなり、それによって肌の調子も変わってきますが、そんな肌の調子に左右されないのが『プリマヴィスタ』の「くずれにくい化粧のり実感リキッドファンデーションUV」です。

「睡眠不足や生理中の最低な肌にも美容液みたいにうまく馴染んでびっくり」「肌の調子に左右されない唯一のファンデ」など絶賛する口コミも多く、調子によって化粧のノリの良さに差がある人ほど使ってみる価値がありそうです。

カサついて凸凹している肌にもぴたっと密着して滑らかに仕上げてくれますよ。さらにフェイスランプパウダーが配合されていることで色ムラを防ぐので、より素肌に近い肌が完成します。季節を問わず、1年通して使えるのでコスパも高いと言えるでしょう。

 

第3位:プチプラならこれで決まり「ちふれ/メーキャップベースクリーム」

ちふれ

プチプラコスメだって、40代に支持されているものはあるんです。『ちふれ』の「メーキャップベースクリーム」は、ミネラルオイルやワセリンなどの保湿成分が配合され、肌を乾燥から守りながら化粧くずれを防ぎます。

化粧下地として自ら効果を示すというよりは、ファンデーションをより美しく見せることができる化粧下地で、縁の下の力持ち的存在とも言えるでしょう。どんなファンデーションとの相性もいいようですよ。

口コミでは「この値段でこの化粧もちを実現するのはすごい」「塗るだけで肌が乾燥から守られている気がする」との声が挙がります。特に乾燥肌の人には合う商品のようですね。

 

40代の化粧下地に関するQ&A

おすすめの化粧下地を紹介してきましたが、最後に、多くの40代女性から寄せられた疑問を解決していこうと思います。

あなたが抱えるお悩みに近いものがあれば幸いです!

Q:プチプラでもOK?

A:自分の肌に合った化粧下地を選ぶこと

プチプラでも問題なく使っていただいて大丈夫です。

デパコスよりもプチプラの化粧下地の方が肌にあう40代の女性もいるようですよ。

 

Q:クマやたるみを目立ちにくくするには?

A:オレンジ色の下地を選んでみて

40代を迎えると、クマやくすみが目立ち始め、一気に老け顔になりますよね。そんなときはオレンジ色の化粧下地を選ぶことがおすすめです。

オレンジ色の化粧下地は目元のクマやたるみをカバーするだけではなく、ほうれい線も薄く見せる効果が期待できます。これはイエローの化粧下地でも同じ働きをしてくれますよ。オレンジ色の化粧下地が合わない場合は、イエローを試してみてもいいでしょう。

 

Q:シミそばかすを化粧下地でできるだけ消すには?

A:メイクでカバーするより、シミそばかすを作らない環境を整えて

女性ホルモンの影響によって肝斑(かんぱん)という大きなシミが、40代に突入するとできやすくなります。

肝斑ができる原因はターンオーバーの周期が乱れることなので、それを整えるような美容成分の入った化粧下地を使うことをおすすめします。

メイクでカバーすることも大切ですが、上手に年を重ねるためにも40代ではメイクに頼りすぎず、メイクをしながらも肌ケアをし、肝斑を根本から解決していきましょう。

 

 

40代になると20代や30代の頃よりさらに肌が言うことを聞かなくなっているので、なかなか「これだ!」と思える化粧下地に出会えないものだと思います。ですが、口コミなどを参考にすれば、自然と自分に合いそうな化粧下地の候補がでてくるはずです。

自分に合った一つさえ見つけられれば、メイクのノリもよくなり見た目の若返りも叶うかもしれませんね。

 

参考:アプロスNorganic

 

◯関連記事

【2018年】化粧下地のおすすめ人気ランキング|口コミから選び方まで徹底調査!

Asuka Yoshida

Asuka Yoshida

フリーライター/ドイツ在住

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ