美容

2017.12.12 UP

Sponsored

アラサーの肌悩み解消!プロが教える“ハリ艶オーラ美肌”の作り方


年齢を重ねるにつれて増えるお悩みナンバーワンと言っても過言ではないのが、お肌に関するお悩み。この時期は、特に気になる乾燥をはじめ、毛穴の開き、くすみ、紫外線の蓄積によるシミ…などなど、若い頃には決して気にならなかったトラブルが目につきます。

これらをカバーしようと下地やファンデを過剰に重ねることで厚塗り感のあるベースメークになり、それが結果として老け顔に見えてしまうという負のスパイラルに陥ってしまうことも…!

気になるところをカバーしながら、それでいて明るくナチュラルな美肌になるにはどうすればいいのでしょうか。その答えはDHCが開催した「ハリ艶オーラ美肌塾」にありました。

簡単にできる、大人ならではの色気ある艶肌メーク術を早速ご紹介します!

 

簡単なのに艶のある美肌になれちゃう!今っぽいベースメークのコツって?

7831

DHCの美肌塾では、人気ヘアメイクアップアーティストの小田切ヒロさんが登場。秋冬のトレンドである、“セミ艶〜マットな質感”のある大人のための美肌ベースメーク術を教えていただきました。

小田切さんがオススメしてくれたのが、新発売のDHC Q10ルミニストベースメークシリーズ。下地とファンデーションのラインナップで、コンシーラーいらずのカバー力と薄づき感がまさに今、大人女性が取り入れたい美肌ベースメーク作りにぴったりなんだとか!

しかもこのファンデ、光を纏ったように肌をワントーン明るく見せてくれて、年齢肌に透明感を与えることができるのです!

 

DHC Q10ルミニストベースメークシリーズを使ったハリ艶美肌の作り方

8017

STEP1:下地のカラーを選ぶ

まずは下地・カラーコントロール・日焼け止め・小ジワ改善と1本で4つの機能を集約した「DHC Q10モイスチュアケア クリアカラーベース」の5色のラインナップの中から、小田切さんは「アプリコット」カラーをチョイス。

オレンジ系のカラーは、肌の透明感をキープし、肌のくすみを飛ばしてくれる効果と、目の下のクマを色気に変えてくれる、大人女性にぴったりのカラーなのだそう。

 

7862

下地は全体につけるもの! と思っている人が多いと思われますが、それは大顔に見える危険がありNG。

通称“ゴーグルゾーン”と呼ばれる、眉毛の下から目の下までの部分にだけ下地をのせることで、目の周りだけを前に浮き立たせることができ、立体感のある顔を作ることができるのだとか!

 

STEP2:薬指で「ゴーグルゾーン」に下地をつけていく

薬指に下地をとり、中央から外に向かって広げるイメージで、ポンポンと“スタンプ塗り”をしていくのが厚塗りにならないポイント。目の下のクマ、くすみ、シミ、シワが気になる部分にオン。

さらに口角の部分にも下地を仕込むことで、時間が経ってくすみがちな大人の肌を明るく見せてくれる効果もあり!

 

7875

STEP3:ブラシでファンデーションをつけていく

次に「DHC Q10モイスチュアケア クリアパウダリーファンデーション」を大きめのフェイスブラシでとり、こちらも顔の中央から外に向けてオン。

顔の中央を濃く、外を薄くすることで、引きでお顔を見たときに美人な印象、立体感のある顔を作れるそう。

さらにシミやシワが気になる部分にも、中央に置くようにオンしていきます。

 

7882

STEP4:何もつけていないブラシで顔全体にファンデーションを伸ばす

続いてブラシにファンデをつけない状態で、ブラシだけで中央のファンデを広げるようなイメージで、顔全体を磨くように伸ばします。

この磨き上げを行うことで、オーラ肌・美肌に仕上がります。

 

7898

STEP5:足りない部分にスポンジでファンデーションをオン

最後に足りない部分やテカリがちな小鼻部分に専用のスポンジを2つ折りにし、ポンポンとつけていきます。

これで大人のハリ艶美肌ベースメークが完成!

カバー力がありつつ重さを感じない「DHC Q10ルミニストベースメークシリーズ」は、厚塗り感が出ずに簡単に大人の美肌が手に入ると、小田切さんも太鼓判を押すアイテムだということがわかりました。

カバーするのに厚塗り感ゼロ!
ハリ艶美肌を作るには?

 

ハリ艶オーラ美肌を作る!DHC Q10ルミニストベースメークシリーズの秘密

7709

小田切さんもオススメしてくれた「DHC Q10ルミニストベースメークシリーズ」は、シミやシワ、その他大人女性が気になるエイジング肌を隠すだけでなく、明るさをプラスした“光のヴェールを纏う”という新発想。

カバー力がありつつ、厚塗り感のない透明感あるベースメークが作れるというアイテム。

 

“ルミニストヴェール処方”という2層の光のヴェールにより、くすみや毛穴、シミやシワなど大人の肌悩みをオールカバー

美肌色再現パウダーとリフレクトカバーパウダーが、くすんだ肌色を明るくし、まるでオーラを放つような透明感を与えてくれます。覆って隠すというものではないので、老け顔になる危険も回避できますよ。

時間が経つとだんだんと肌がくすんでくる…ということもなく、明るいハリ肌が8時間持続。メイクアップ効果により、目元のシワや法令線もしっかり飛ばしてくれます。

 

その上7種類の美肌成分を配合した“濃密うるおい処方”で、こちらも8時間うるおいが持続。

メイクアップ効果により、つけ続けることで細かな目元の乾燥小ジワに変化があることもわかっています。

美肌成分たっぷり♡
DHC Q10ルミニストベースメーク
シリーズの秘密って?

 

自然な透明感とカバー力を実感!DHC流美肌ベースメークを試してみた!

小田切さんによる美肌塾とアイテムの詳細を踏まえ、実際にタッチ&トライ!

「DHC Q10モイスチュアケア クリアカラーベース」のアプリコットカラーは、自然な肌色が目元の気になるシミを本当に飛ばしてくれます。夏の紫外線のツケが気になっていたのですが、これには感動!

その上日焼け止めも兼ねているのでシミ予防にもなっちゃうなんてうれしすぎます!

 

私はパウダータイプが粉っぽく感じるのが苦手で、普段は選択肢の中にないのですが、「DHC Q10モイスチュアケア クリアパウダリーファンデーション」はそんな私の印象を塗り替える、うるおいのある仕上がり!

小田切さんから学んだようにフェイスブラシでオンすれば、ふわっと立体感のある明るい美肌に仕上げることができました。このテクニックは盗んでおくべし!

 

時間が経っても乾燥によるひび割れ、皮脂によるテカリ、くすみもなく、一日が快適に過ごせる「DHC Q10ルミニストベースメークシリーズ」。こんなに大人の美肌を叶えてくれてお値段もお手ごろなんて、試さない手はないのではないかと思います。

肌が美しくなれば自信が持て、様々なことに前向きになれるはず。大人女性にとって喉から手が出るほど欲しい、“ハリ艶オーラ美肌”が手に入るアイテム、即ゲット必須です…!

コスパもいいから続けられる!
ハリ艶オーラ美肌を今すぐGET♡

森田 文菜

森田 文菜

スタイリスト/ファッションコラムライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ
v