美容

2017.12.15 UP

カフェイン断ちでダイエットや冷え改善!2週間で実感したうれしい変化3選



カフェインに支配されていた私の日常……。朝起きれば1杯のコーヒーをゴクリ。そして仕事中は気づいたら濃いコーヒーを5杯、6杯とぐびぐび飲んでいて、ひどいときはカフェインたっぷりの栄養ドリンクも合わせて飲んでいました。カフェインがないとやる気が出なかったんですよね。

でも、最近カフェインのプラス面と合わせてマイナス面も多く聞かれるようになり、私には合っていないかもと感じるように……。そして、“カフェイン断ち”を決行したんです。するととっても嬉しい効果が現れました!

私が2週間カフェイン断ちをして得た体の変化を紹介します!

 

ダイエットも見込める、カフェインのメリット


まずカフェインを全否定する前に、カフェインのプラス面を紹介していきます。カフェインはコーヒーに多く含まれているイメージがありますが、紅茶やウーロン茶、緑茶にも含まれているんですよ。

ちなみに緑茶の一種である玉露のカフェイン含有量はなんとコーヒーの3倍近く。どんなものにカフェインが含まれているのか、知ることも大切ですね。

カフェインはご存知の通り、集中力を高め作業能力を向上させる効果が期待できます。仕事前にコーヒーを飲んでしまうのはこういった効果を体が求めているからなんですね。疲労の抑制効果も見込めるので、疲れているけど頑張らないといけない日には強い味方となります。

そして女性には嬉しいことに、カフェインは交感神経を刺激する作用があるため脂肪燃焼を促進。ダイエットにも効果的です。

最近では、60歳以上の高齢者がコーヒーを飲むことで老化を遅らせる可能性があるという調査結果もあるようですよ。

 

カフェインは体を冷やすデメリットも


しかし一方で、カフェインにはデメリットも多数存在します。

まず最も見過ごせないのが体を冷やす効果があることです。カフェインを摂取すると冷え症に拍車をかけ、その結果、代謝の低下、血行不良による腰痛、自律神経の乱れを引き起こす可能性も。

現在、約7割の女性が冷え症と言われているので、きっとあなたも例外ではないはずです。体が冷えるといいことはないので、カフェインの摂取はそういった面ではおすすめできないですね。

そして、カフェインは眠気覚ましにもなりますが、睡眠障害にもなり得ることを忘れてはなりません。最近女性に「むずむず脚症候群」と言う症状が多いそうですが、これは夜、寝ようと思うと足のあたりがなんだかむずむずしてうまく寝付けないことを言います。心当たりのある人はいませんか? このむずむず脚症候群の原因の一つはカフェインなのだそう。

また、コーヒーには良くも悪くも利尿作用があります。利尿作用が強すぎると、必要なミネラルまで排出してしまう可能性もあるのです。

 

カフェイン断ちして変わったこと1:冷え症改善……夜は足が熱いくらいに


特に今の季節は冷え症が気になっていたので、早速“ノーカフェイン生活”を始めることに。するとびっくり、1週間もたたないうちに、一番求めていた冷え症の改善が実感できました!

カフェイン断ちとあわせて簡単な運動もしていたのですが、コーヒーをやめて4日後にはとにかく足先が冷えなくなっていました。私は極度の冷え症で、冬はブーツで見えないことをいいことに、厚手の靴下を2枚履きしていたくらいです。それが1枚で十分事足りるようになりました。

それに夜寝る時は足が寒く、まさにむずむずして寝付けなかったのですが、足を布団から出すくらいまでポカポカになってきたんです。きちんとお風呂に浸かったり、足湯をするとよりポカポカが持続しました。

そして冷えが改善されたからか、腰痛やむくみも少なくなりました。これは本当に分かりやすかったです。

 

カフェイン断ちして変わったこと2:十年ぶりの快感! 睡眠が良質に


足先が冷えにくくなったこともあり、かなり寝つきがよくなりましたよ。これまではかなりの量のカフェインを摂取していたので、どんなに疲れていても深夜3時くらいまではパッチリ目が開いていたんです。しかしカフェインを飲んでから、ベッドに入ったらすぐに眠くなり、夜中に目を覚ますこともなくなりました。

それに、これまでは眠れないことによって夜中まで無駄にスマホを見ていたのですが、そんな習慣ともおさらばできました。実はスマホを持ちながら寝る習慣は10年以上も続いていて、むしろスマホなしでは眠れなかったんです。そんな私が10年ぶりにスマホを置いて、眠ることができるようになったんです。嬉しすぎる!

そのおかげか、眼の疲れも改善され、翌日もスッキリと目覚めることができるようになりました。

 

カフェイン断ちして変わったこと3:食事制限なしで2kgも痩せた!


最後に自分でも予想外の嬉しい驚きなのですが、カフェイン断ちしてからなんと体重が2kgも減っていました。もちろん食事制限や激しい運動はしていません。簡単な運動は続けていたものの、よく食べて、ダラダラとした生活をしていました(笑)。

それなのに体重が減ったということは、たぶん冷え症の改善と良質な睡眠を得たことで代謝がよくなったんだと思います。たっぷり食べても翌日に響かなくなったんです。体質も改善されたのかもしれません。

さらに、よく眠れたことでストレスが少なくなり、甘いものに手を出しにくくなりました。これまでは疲れるとすぐにチョコレートに頼っていたのですが、今は、チョコレートよりも糖分はフルーツから摂りたいと思うようになりました。

カフェイン断ちをすると全ての効果が相乗して、いい方向に繋がっていくんですね。

 

私の場合これまでは、集中力が切れるとすぐカフェインに手を出していたので、カフェインを辞めて3日目くらいまでは本当に苦痛でした。コーヒーを見ると、うっかり手を出しそうになったほどです。でも、今のところ体調がかなりイイのでこれからも続けてみる予定です。

私はコーヒーの代わりにハーブティーをがぶ飲みしていましたが、最近では大手メーカーからカフェインレスのコーヒーが出ていて手に入りやすいので、そちらを上手に利用するのもおすすめですよ。

 

参考:全日本コーヒー協会『きょうの睡眠ダイエット』主婦と生活社/友野なお

Asuka Yoshida

Asuka Yoshida

フリーライター/ドイツ在住

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ