美容

2017.10.15 UP

秋冬もしっとりなめらか♡ プロに聞いた乾燥知らずの美髪に導くヘアケア術



秋から冬にかけては、お肌だけでなく、髪も乾燥しがちです。

ハリのある美しい髪を保つためには、これからの時期、どんなケアをすべき? そこで、秋冬のヘアケア方法を、美容室向けのヘア化粧品ブランド「MILBON(ミルボン)」に直撃! 

基礎研究グループ・チーフリサーチャーの渡邉さんと開発本部ヘアケアチーム・マネージャーの谷川さんにお話を伺いました。

 

ヘアケア用品も衣替えが必要です!


ファンデーションなどのコスメを春夏・秋冬で使い分けている人は多くても、ヘアケア用品となると、どうでしょう? 

「髪の乾燥が進む時期ということに加え、マフラーやスカーフなどで髪の毛と衣類が触れ合う回数が増え、髪の毛が摩擦・ダメージを受けやすくなる」と、渡邉さん。

季節によって、お肌に合うコスメが変わるように、ヘアケア用品も衣替えが必要なのですね! 

具体的には「保湿力の高いアイテムにするのが、髪の乾燥対策には効果的」とのことです。

 

秋冬のヘアケア、どんなアイテムを選ぶべき?


冬の髪の広がりの原因となるのも、実は乾燥。「乾燥して湿度が低下するに伴い、毛髪内部の水分が低下してしまう」のです。

そうならないためには、保湿力の高いアイテムを選ぶことに加え「保湿力の高い洗い流さないタイプのアウトバストリートメントや、週1~2回使用するヘアパックのように、普段のお手入れにプラスするアイテムを加えても効果的」と、谷川さん。

また、春夏ほどではないものの、秋から冬にかけても紫外線が降り注いでいるため、年間を通して髪のUVケアも心がけたいもの。

具体的には「適度にUVカットをできるような製品、もしくは、UVによって生じるダメージの要因(酸化等)から髪を保護できる成分が入った製品も良いですね」とのことです。

 

髪にボリュームがなくなる、ぺたんこ髪はどうしたら?


また、逆に冬になると、髪がぺたんこになってしまう人もいるのでは? 

軟毛・細毛の人が多く感じる悩みだそうですが、ぺたんこさんにも保湿系のアイテムが役立ちます

「軟毛・細毛の人は、あまり保湿感が強い製品だとべたつきを感じることもあるため、自分に合う保湿系アイテムを美容師さんに相談してみると良いですね」とのアドバイスをいただきました。

また、ボリューム感の出るアイテムを合わせると、髪全体のシルエットがふわっとするそうですよ! 

 

プロ直伝、秋冬にかけての髪のお手入れ方法


髪の保湿力がアップする、自宅でのお手入れ方法を教えていただきました。

「より乾燥しやすい髪の中間~毛先に、髪の毛が柔らかくなるまでトリートメントを30秒を目安によくもみ込みます。1〜30まで30秒間数えながら、しっかりともみ込んでみてください。意外と長く感じると思いますが、効果をより感じますのでぜひ試してみてくださいね」とのこと。

自宅での日々のお手入れと、美容室でのトリートメントを併せれば、秋冬のヘアケアは完璧ですね。プロならではのアドバイス、試してみなくちゃ! 

 

最後に、ミルボンオリジナルの心温まるムービーもぜひチェックしてみてくださいね。

ヘアスタイルが変わると心が浮き立つ気分、新しい自分に出会えた高揚感は、女性なら誰しも味わったことがあるはず。どのシーンもきっと、共感できるはずですよ! 

参考:milbon

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ