美容

2017.06.08 UP

20代のままじゃNG…!? 押さえておくべき「30代メイク」のコツ3選


メイクをした自分の顔を見て、なんとなく違和感を感じたことはありませんか? それは何年も同じメイクをしていることが原因かもしれません。

20代の頃と、肌や顔つきが変化してくる30代とでは、自分に合うメイクも変化するもの。プロのメイクさんにお聞きした、大人の女性らしいメイクのポイントをご紹介します。

 

年齢を重ねると気になってくる肌のくすみはコントロールカラーで調整

いつも通りのメイクをしているのに、「ファンデのノリが悪い」、「いまいちきまらない」と感じたことがある方も多いのではないでしょうか。

若い頃はノーメイクやファンデーションだけでもそれほど気にならなかったという方も、30代になると目立つのが肌のくすみです。

なんとなく顔色がよくないと感じるのは、顔が暗くくすんだ印象になってしまっているせいからかもしれません。

くすみをカバーするには、コントロールカラーが効果的です。コントロールカラーをプラスしてぐっと明るい印象にしてみましょう。

おすすめアイテム

Photo by GIVENCHY

おすすめのアイテムは、ジバンシィのDW10 UVシールド G。ピンク系のコントロールカラーとしても使える化粧下地です。

ウォータープルーフでSPF50と、これからの季節に心強い仕様。ベタつきが気になるコントロールカラーも多いですが、こちらはさらっとしたつけ心地で使いやすいです。

 

チークは場所と入れ方がポイント

入れ方によってかなり印象が変わるのがチークですが、頬全体や目の下にまんまるくめいっぱい入れるのは20代まで。30代からは、チークの入れ方を少し変えてみましょう。

年齢によってチークのカラーを変える必要はありませんが、入れる場所と入れ方がポイントです。

頬の中央か、頬骨の高い位置から外側に向かって、横に流すように入れます。目尻からはこめかみの方にぐっと上に引き上げるように入れると、目元が引き上がって見えますよ。

 

大人の女性らしいアイメイクのポイント

目元でまず見直したいのが、眉メイクです。アイブロウや眉マスカラのカラーが明るめになっていませんか?

年齢とともに髪の色も落ち着いてきた場合は、髪色に合わせてアイブロウや眉マスカラのカラーも少しトーンダウンさせるとぐっと落ち着いた印象になりますよ。

アイシャドウは、ブラウンやカーキがおすすめ。顔なじみもいいシックな色味は、どの年代でも使える便利なカラーです。

ピンクやブルーなどのカラーしかつけたことがないという方もぜひ試してみてください。大人っぽい目元に仕上がります。

おすすめアイテム

Photo by RIMMEL

ブラウン系アイシャドウのおすすめアイテムは、リンメルのショコラスウィートアイズです。

ショコラのようなブラウンベースのシャドウで、ダークブラウン系からピンクブラウン系までカラーバリエーションも豊富。

ベース、アイシャドウ、アイラインなどがひとつのパレットにまとまっていて便利! しかもプチプラでお財布にもやさしい!

 

変わっていく自分の容姿に合わせて、メイクも少しずつ変えてみてはいかがでしょうか。

今の自分を一番美しく見せてくれるメイクがきっとあります。自分に合うメイクを見つけてみましょう。

nana

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ
v