美容

2017.04.24 UP

ビギナーさん向け!手軽に取り入れられるオーガニックフード3選


数年前から日本でも話題のオーガニックフード。美容と健康にも良いし、取り入れるメリットはたくさんあります。でも、全ての食材をオーガニックで揃えるのは、経済的に負担がかかるのも事実ですよね。

そこで今回は、ビギナーさんでも気軽に取り入れられる、お財布に優しいオーガニックフードをご紹介します。

 

そもそもオーガニックって何?

今更人に聞けないけれど、「そもそもオーガニックフードって何?」と疑問に思っている人は少なくないはず。意外にも「オーガニック」と定義するには、法律で定められたルールが存在するのだそう。

NPO法人有機農業認証協会の規定によれば、オーガニック食品とは、種蒔きまたは植え付け前2年以上、禁止されている農薬や化学肥料を使用しない田畑で生産されたものを指すそうです。健康的な土壌で完全自然栽培で育てられたものですから、身体へ悪影響を与える心配がありません。

体内に取り入れるものはなるべく刺激の少ないものをチョイスしたい。そう考えるヘルシー志向の人にはまさにうってつけですね。

 

まずはライス&パン&パスタなどの炭水化物から挑戦

Photo by Amazon (オーサワジャパン)

オーガニック先進国であるオーストラリアでは、スーパーにも大きいオーガニック専用コーナーがあるほどの人気ぶり。オーガニックライフの初めの一歩としておススメなのが、まずは米やパスタ、小麦粉などの炭水化物をオーガニックのものに置き換えてみること。

毎回の食事ごとに大きな比重を占める炭水化物で、まずはチャレンジ。私はオーガニックのブラウンライス、またはキヌア入りのライスを使っていますが、切り替えてから身体の疲れが軽減しました。肌の調子も良くなり、不調な時期が極端に減ったのを実感しています。

 

朝はオートミール&シリアルでヘルシーに

Photo by Amazon (エルサンクジャポン)

一日の内で一番重要な朝食にこそ、オーガニックフードを取り入れたいもの。太陽と水、土の栄養分から作られた自然の恵みが一杯詰まったオーガニックのシリアルやオートミールは、一日のスタートに最適。

オートミールに複数の穀物をブレンドしてその上にドライフルーツやナッツ、シードを加えたミューズリーも人気です。腹持ちが良いのにお腹が重たくならないので、午後のスナックにもピッタリ。

慣れてきたらお好みで、これまたオーガニックのヨーグルトやハチミツを加えてみるのも◎。色々なバリエーションを考えるのも楽しいですよ。

 

炒め油としてもそのまま野菜にかけてもOK!オーガニックオイル

Photo by Amazon (Rainforest Herbs)

そしてやっぱり外せないのが、調理に欠かせないオイル。コスパと栄養素の面から考えて、おススメはココナッツオイルです。

エネルギー変換率が良く、消化されやすい中鎖脂肪酸を主成分とするココナッツオイルは、脂肪として蓄積することが少ないのが特徴。炒め物の時だけでなく、生サラダにかけるドレッシングとしても使用できるので、一つあればかなり重宝します。

 

ご紹介したものをオーガニックに変えるだけで、私の場合は肌や身体、髪のコンディションに少なからずポジティブな変化が見られました。

食べるもの全てをオーガニックで揃えられれば、それに越したことはないけれど、現実問題お金がかかります。それなら、賢くポイントを押さえてオーガニック食品を取り入れましょう!

 

【参考文献】Natural House日清オイリオ

Timmy

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ