美容

2017.04.23 UP

春は肌も衣替えしない?失敗しない大人のすっぴん風ツヤ肌ベースメイク術


突然ですが、ベースメイクのやり方を定期的に見直していますか? アイやリップなどポイントメイクはトレンドに合わせて更新しても、ベースメイクだけはついついルーティン化してずっと一緒……なんて方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ANGIE読者に是非チャレンジして欲しい今旬のベースメイク方法を新発売のおすすめアイテムと共に紹介します!

 

支持されているのはナチュラルな肌!

2017年3月に株式会社コーセーが20~30代女性を対象に行った「幸せを引きよせるメイク」についての調査では、「見た目の幸せ度」を左右すると思うパーツ1位は、やっぱり「肌」!

さらに幸せな印象を与える肌の質感をたずねると、「ナチュラル肌」を支持する声が多くみられたそうです。

また、美容関係者の話では、ブームが続いている「透明感」や「ツヤ」はもちろん、今季はよりナチュラル感を求めて「赤ちゃん肌」や「軽い仕上がり」といったキーワードが目立つとのこと。

それなら、私達が目指すべきは「まるですっぴんのようなナチュラルなツヤふわ肌」ということなんですが……、そこは雨の日も風の日も逆境に耐えてきたANGIE世代のお肌。さっとパウダーだけハタいておしまい! なんてわけにもいかないのが現実ですよね。

お肌のお悩みはしっかりカバーしながらも、ナチュラルに仕上げることが重要です!

 

大人のツヤふわ肌メイク法

それでは早速メイク法をご紹介していきます!

スキンケアが肌によく馴染んだら、透明感が出るような明るめの下地を顔全体に塗った後、ファンデーションを目の下と頬骨の高い位置、額の中心や顎先など光を集めたい部分に塗ります。

秘密道具は3Dパフ!下地〜ファンデーション

Photo by amazon

ここでおすすめしたいのが、写真のような3Dパフ! ひょうたん型以外にも色々な形のものがあり、最近では100円均一ショップでも売られて密かなブームになっている代物なんです。

パフ自体が水分を吸収するので、リキッドの場合はそのまま、パウダーの場合はパフに水をつけて叩き込むように塗ることで簡単にツヤ肌を手に入れることができます。

また、平たいパフだと届かない目のキワや小鼻などにもピタッと密着して整った印象に仕上がりますよ。

ふわっとしたナチュラル感を演出する為に、仕上げにはパウダーをオン! ファンデーションのツヤ感が失われないよう、パウダー用のパフか大きめのブラシで顔の内側から外側に向かってさっとのせます。

小鼻や口周りなどはパフでおさえるように密着させるとくずれ防止に。Tゾーンなどに重ねてハイライトのように使っても◎。

 

おすすめアイテム2選

そんなツヤふわ肌作りに欠かせない仕上げ用のパウダーが、今季は豊作のよう! 厳選してご紹介します♪

 

Photo by 株式会社ミシャジャパン

【ミシャ パステルマカロン パウダー カラーNo.3(新色)】

3色のパウダーをMIXして肌にのせることで、光のプリズム効果によりお肌に透明感をもたらすという優秀アイテム。繊細なゴールドパールの華やかさがこれからの季節にもピッタリです。

しかもSPF30 PA++のUVカットパウダーなので、ベースメイクの仕上げに使うだけで、紫外線対策にも◎。

価格:1,500円(税抜)

 

Photo by 資生堂

【マキアージュ ドラマティックルースパウダー】

ANGIE世代の信頼ブランド、マキアージュからもルースパウダーが登場。こちらのパウダー、“粉っぽさ”を解消することに徹底的にこだわって作られた商品なんだとか!

しっとり微細なパウダーが均一に広がり、仕上げとして重ねてもリキッドで作った質感をそのまま残すことができるのだそう。

価格:オープン価格

発売日:5月21日

 

いかがでしたか? 出会いの春、ベースメイクの衣替えにも是非チャレンジしてみてくださいね!

 

参考:PR Times

柳原真咲

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ