美容

2014.04.05 UP

野菜嫌いな女性もグイグイ飲める画期的な「グリーンスムージー」


8e6cc76a7e3819ee2b140426c2a50b0a

美容に意識の高い人たちのなかで、いまグリーンスムージーが大ブームです。

でも、昨今の価格高騰の煽りを受け、生野菜がめちゃ高! のいま、新鮮な野菜や果物を、数種類も用意するのが困難になってきましたよね(ちなみに、そんなときでもおいしく簡単にスムージーをつくる方法はこちらです)。

 

芸能人やモデルさんなど、美の仕事に従事している人がこぞって提唱しているグリーンスムージーですが、彼女たちは「それが仕事」なので思う存分新鮮野菜をたっぷりつかったスムージーを作ることができますが、一般庶民のお財布には厳しい……。

 

さらに、グリーンスムージーは、栄養の吸収を高めるためヨーグルトや牛乳などは使わない野菜と水のみで作る豆・根菜類は使わないなど、めんどくさいルールがあります。

また、野菜やフルーツを混ぜるだけと言いながらも、バランスや飲み合わせを考えて数種類の野菜を絶妙な割合でブレンドするという、これまためんどくさい手間があります。

 

マメな人にとっては、毎日味を変えて美味しいスムージーを作ることが楽しみでいいでしょうけれど、大の生野菜嫌いで、唯一生で食べられるのはベビーリーフだけという偏食体質&究極の面倒くさがり屋の私のような人間には、3日もすれば作ることが億劫になってくるのは目に見えています。

 

そこで、美容ライターにして野菜嫌いでめんどくさがり屋な著者が、野菜嫌いでめんどくさがり屋さんの女性にオススメしたい、とっておきの手作り野菜ジュースを提案します。

 

野菜嫌いでもおいしく飲めちゃう「グリーンスムージー」のつくり方

美肌ジュースは成分の良さはもちろんですが、なにより「毎日飲み続けること」が一番大事。

分量も適当、材料も少ない、安価な野菜でOK、さらに美味しさ抜群! 「お手軽美肌ジュース」のレシピをご紹介します。

 

【簡単美肌ジュース】

野菜・・・なんでもよし。小松菜なら二房、トマトやアボガドなら半分くらい。

豆乳・・・150ccくらい紀文の調整豆乳がおいしいです。

はちみつ・・・大さじ1。

ヨーグルト・・・大さじ3(好きなので多めに入れます)。

後はぜーんぶジューサーにいれて混ぜるだけ。どうせ混ぜるんですから材料を細かく切る必要もなし! 根やヘタだけとってジューサーにぽんっでOK。

 

分量は適当で大丈夫。美味しいと思った量が適量です。

美肌の強い味方の野菜やフルーツをたっぷり摂れて、保湿&抗酸化作用のあるはちみつと、女性ホルモンに働きかける豆乳が入った黄金レシピなのです。

使用する野菜は八百屋さんでの価格と、お肌の悩みに合わせてチョイスするといいでしょう。

 

小松菜・・・鉄分やカリウムが豊富でデトックス効果あり。

トマト・・・ビタミンCが豊富で美白や肌荒れに効果的。

アボガド・・・様々な美肌効果に加え、抗酸化作用でしわやたるみに効果的。

 

そのほかにも、プルーンやナッツ、ホウレンソウやバナナなんかもオススメ。美肌ジュースで大切なのは、毎日飲み続けることです。

栄養が吸収しやすい「朝」が、飲むタイミングには良いとされていますが、「好きな時に飲む」のがストレスフリーで一番良いと思います。

 

無理しない・頑張らない・美味しい・簡単、が私のモットーです!

 

この美肌ジュース、実は西日本一の歓楽街・北新地の高級クラブのママから教えてもらった美肌ジュースを私がアレンジしたもの。夜の世界のお姉さまたちが毎日美肌のために飲んでいるっていうのだから、効果も期待できます。

 

それでもめんどくさいって言う人は、「野菜生活100」などの野菜ジュースと豆乳を1:1で混ぜるだけの究極の手抜き美肌ジュースでもOK(たとえばこちらの記事!)。

野菜ジュースの酸が豆乳を固め、ヨーグルトのようなトロッとした食感になるので、腹もちも抜群です。

 

サプリメントなどで野菜やフルーツを補うよりも、よっぽど効果的で即効性も期待できます。インナーケアが気になるアラサー女子は、とりあえずこの簡単美肌ジュースからはじめて、身体の中からキレイにしてみませんか?

 

Photo by Pinterest

 

【関連記事】

【効果はある?】グリーンスムージ―で置き換えダイエット!

 

コマツ マヨ

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ