美容

2014.03.15 UP

30代からアソコのケアをしないと尿漏れ予備軍になるかも!


ad5aba0b1be780511907d2d32cbb52a5

最近特に気になっているコマーシャルがある。尿もれを抑えるシートのコマーシャルだ。ナプキンのCMと同じくらいの頻度で流れているのではないだろうか。

ということは、それだけ需要が増えているということだ。

 

一説では40代では3人にひとりは経験しているとか。出産後見られる症状だとも言われているが、妊娠・出産を経験していない若い女性にも最近は多く見られるらしい。

 

これは、驚きだ。私自身、妊娠も出産も経験していないせいもあるのか、尿もれの経験はないので、まさかこんなものがおおっぴらにコマーシャルされるなんて思っていなかった。母(70代)が入院後に使っていて、そんなものがあるんだ程度の認識だった。

しかし、これだけ大胆にコマーシャルされるということは、それだけ尿もれに悩む女性が多いということで、果たしてそれは放っておいて良い問題なのだろうか?

 

尿もれの原因はいろいろあるらしい。

先日、薬剤師さんのセミナーでも聞いたのだが、現代人の食事の摂り方にも問題があるらしい。タンパク質不足もその一因だとか。

医学的なことなどここで述べるつもりはないが、毎日その手のコマーシャルを見て、ひとり心配になっている。

 

小股が切れ上がっていない、つまり……

小股の切れ上がった」という言葉がある。

これにもまた諸説いろいろあるようだが、私はずっと昔に誰かがテレビで言っていた、「“小股が切れ上がる”とは、足首が締まっており、アキレス腱がきれいな女性をさし、つまりそういう女性は、大事な部分も締まりのある女性」という説を信じていた。

 

以前、最近の女性はひざが曲がって歩いている人が多いという記事を書いたが、そういえば、最近の若い女性は、脚は細いが、棒のようで、足首がキュッと締まっている脚はあまり見かけない気がしてきた。

となると、私が信じていた説に倣うと、足首が締まっていない→小股が切れ上がっていない→アソコが締まっていない→尿もれということになるのか。

 

この説の正当性などは立証できないが、無視もできない現象かと思われる。

外見は痩せていて、脚も細くて、魅力的な女性に見えていても、実は「ゆるゆる」となるとガッカリされることも多いのではないだろうか?

 

魅力的な女性であるために、若い女性のひざだけでなく、次は足首についても考えなくてはいけない。

 

Photo by Pinterest

ASAMI

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ