美容

2016.10.06 UP

【二重アゴ・ポッコリお腹など改善】骨盤エクササイズとは


体の土台ともいわれる骨盤。上半身と下半身をつなぐ大きな骨ですが、この骨盤に問題があると、見た目だけでなく体の不調も引き起こすといわれています。多くの女性が悩んでいる二十顎やぽっこりお腹にも影響を与えているのだとか……。

もしかしてあなたを悩ませているのは、すべて骨盤の影響かもしれませんよ。

 

骨盤の位置は姿勢や見た目に大きく影響

開いた骨盤を閉めるとか、骨盤のゆがみを改善するなどの記事が多く出回っている昨今、骨盤ケアを意識している人も多いのでは? しかし、実際は骨盤そのものがゆがんだり、開いたりすることはないのだそうです。ただ、骨盤の位置が悪い人は増えているのだとか。

本来あるべきところに骨盤がない、ずれてしまっているせいで美しい姿勢を保つことが困難になり、猫背になったり、首に負荷がかかるため二十顎になったりする可能性があるそうです。そのほか、ぽっこりお腹や肩こり、バストが垂れるなどの原因となることも

ちなみに骨盤は、坐骨から背骨に向けてまっすぐ立っている状態が正しい位置なのだそうです。最近は骨盤が後ろに傾いた「後傾型骨盤」が増えているそうですし、年齢とともに後ろに傾きがちだというので、私たちANGIE世代の女性は特に気をつけたいですね。

あなたの骨盤の位置をセルフチェック!

肩こりや猫背、腰痛など体のちょっとした不調。たいしたことないと放っておいてはいませんか? 実はそれ、骨盤の位置の悪さが原因かもしれません。まずは、あなたの骨盤の状態をチェックしてみましょう。

・首の深いしわや二十顎が悩みだ

・最近お腹のぽっこりが気になる

・足をよく組む癖がある

・ハイヒールをよくはく

・デスクワークが多く、動く機会が少ない

・立った状態で靴下をはくのがつらい

1つでも当てはまるものがあった場合、骨盤が正しい位置にない可能性も考えられます。

 

骨盤のケアにオススメのエクササイズ

セルフチェックで骨盤の位置が悪いことがわかったら、それを正常な状態に戻してあげることが重要です。オススメのエクササイズをご紹介しましょう。

椅子やデスクで簡単スクワット

肩幅に足を開き、椅子の背に手を添え、そのまま背筋はまっすぐに膝を曲げてスクワットをします。90度膝を曲げた姿勢で10秒キープ。これを、10回程度行いましょう。

椅子に座ったまま太ももアップ

椅子の背に背中をつけず、背筋を伸ばした状態で椅子に座ります。そのままの姿勢で太ももを、左右交互に計20回上げましょう。無理のない高さでかまいません。

どちらもオフィスで空いた時間にできる簡単スクワットなので、眠気覚ましや気分転換にもオススメです。

エクササイズのあとは、まっすぐに立ってかかとをお尻につけるように足首をもって曲げて、簡単ストレッチするのも◎。毎日続ければ骨盤が正しい位置に戻り、スタイルアップも夢じゃないかもしれませんよ。

佐治 真澄

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ