美容

2016.10.06 UP

夏にうけた肌ダメージを修復!クレオパトラも注目した【若返りフード】とは?


夏の紫外線を受けた肌のダメージが、そろそろ表に出てくるこの頃。鏡でよく見ると、新たなシミやシワに気がついて愕然とすることもしばしば。

夏の間しっかりケアしていたつもりでも、肌は知らない間にダメージを受けています。この時期は、肌の再生・若返りを促してくれる食べ物を摂り入れて、身体の中からインナーケアに努めてみるのはどうでしょう。

 

お肌がつやつや若返る「ブラジルナッツ」

名前の通りブラジル発祥の、大きな実が特徴的なナッツ。マカダミアナッツと同じような風味で、食べやすいこのナッツには、ミネラルやビタミンB、食物繊維が豊富に含まれています。

中でもセレンと呼ばれるミネラルは、アンチエイジングでおなじみの抗酸化作用を持ち、免疫力を高めてくれる貴重な成分。ビタミンBとEもぎっしり詰まっているので、ボロボロになった肌をしっかりケアしてくれますよ。

 

一日多くても2粒まで

大きな実だけあり、そのカロリーも1粒で卵1個分と言われているブラジルナッツ。食べすぎにはくれぐれも注意が必要。

多くても一日2粒までにとどめておきましょう。砕いてミキサーにかけスムージに入れたり、パスタの上からトッピングすると◎。

 

こじらせたスキントラブルを解消する「アロエベラ」

ユリ科アロエ属の植物であるアロエベラには、肌細胞の脂質が酸化するのを妨げてくれる効果があり、色素沈着を防止するアロエチンが含まれています。

夏の間うっかり日焼けしてしまったり、アウトドアでの虫刺されや傷などで痛んだ肌の修復に最適なんです!

ちなみに、世界三大美女のクレオパトラも、早くからアロエベラの持つ肌修正機能に注目していたのだそう。

 

スムージーやヨーグルトで

そのままでは味がなく、食べにくいアロエベラは、サプリメント代わりにスムージーに入れるのがおススメです。適度な歯ごたえがあって、ゼリー感覚で味わいましょう。

ヨーグルトに入れてもいいですね。アロエベラの適量は一日60gとのこと。

 

食べるだけでいい、簡単な若返りフード。ぜひ積極的に摂り入れてみてくださいね。

Timmy

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ