美容

2014.02.28 UP

春だからピンクしよう!大人女子的ピンクアイテムの使い方


1f10b77de2d0e20e979b09e4608aaf1e

女の子はピンクが好きですよね。

これは偏見かもしれません。私はピンクが大っ嫌いですっ! って言われちゃうかもしれませんが。

でも、少なくとも私は、ピンクが好きです。ピンクを着ている女の子を見るのも好きだし、年齢にフィットしたスタイリングでオシャレにピンクを着こなしている人を見かけると、つい気になってしまいます。

ちょっとそれってアリなの!? って言われちゃう様な格好をしていても、それがピンクだったなら、なんか「かわいいのが好きなんだな」って少し微笑ましくなっちゃいますね。

それがもしグリーンなら、「虫」かいっ! って突っ込むし、びっくりするくらいカラフルだったなら「カーニバル帰りですか?」って言っちゃうかも。そう思うとピンクってずるいな。

 

着る着ないは別にして、女子の誰もが人生で一度はピンクを好きなったことがあると思います。

それは、ピンクの持つ少女っぽいお茶目さや、瑞々しいお花の様な透明感や生命力を感じるからではないでしょうか。あと、ハッピーな気分にもしてくれます。「毎日ハッピーな事がたくさん! 女の子に生まれて良かった!」って思わず思ってしまうように。

 

ピンクって、そういう色だなあと思います。少し落ち込んでいたり、疲れている時、不安になった時……。そんな時に、私はピンクを選ぶことが多くあります。ピンクの持つハッピーオーラで前向きになり、ピンクの持つ女子力でおじさん化を食い止める。このままおじさん化してたまるか! 目覚めよ、女子力! といわんばかりの意気込みでピンクのスキニーを履きます。

 

b6078940910c3c70d01ae4ac48876137

ピンクのチークにピンクの透け感のあるブラウス。ボトムは薄いブルーのボーイフレンドデニム。頑張りすぎないふわっと感が愛されポイント

 

1902a6cb732a5fca5c4c2333b1b77b2c

指先にピンクを足したら、それだけで上がります。それが女子って生き物なんだと思います。大人女史はゴリゴリ盛り盛りネイルよりも、普段はこれくらいさりげない方が服も選びやすいですよ。シンプルなスタイリングにもさらりと馴染みます。

 

43d4482b007e34c8f6c38fdc4c48751c

今年はブルーも流行色。そこにピンクのパンプスでアクセント。遠くからでも目を引くくらいのピンクも、ならあり! カラーブロックは難しいけれど、ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

379ae2bffbb50e31a82e1bacd9251406

優しいピンクベージュなら、思い切ってメインアイテムとして着れます。ハードなブラックと合わせて究極の甘辛ミックススタイルもいいですね。

 

11cdbbc83ec7a18142821ab2dd3b2041

大人だからこそ似合うピンクがあり、大人が着るからこそぶりっこにならないスタイリングがあります。最近ピンクなんて見てもいないなって人は、ぜひ選んでみてくださいね。

 

乙女心、無邪気な可愛さ、日々の幸せに感謝できるハッピーな心、そういうのを忘れずにいつまでも心に持っておきたいものです。

あぁ、そんな事を書いていたらなんだか、優しいピンク色のBAGが欲しくなって来てしまいました(笑)。

 

Photo by Pinterst

eNA

eNA

(ファッション評論家/コラムニスト/ファッションイラストレーター)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ