美容

2014.02.05 UP

編集部おすすめ

「美人と水の関係」~正しく水を飲まないからエイジングする〜


すいてき

(Photo by Pinterest)

ANGIE世代になると顕著に現れるのが、“見ため年齢の差”。同じ世代でも年齢よりずっと若く見える人と、そうでない人の差があったりしますよね。

しかし、若く見える女史に「どうしてそんなに肌がキレイなの?」と聞くと、彼女たちはみなこう答えるんです。「え〜っ、ほんとに何もしてないんですよぉ〜!」 聞いたほうは若干イラッとしますが、実は彼女たちは、本当に意識して何かをしているわけではないのかもしれません。

ハツラツとして美しい女性たちのキレイの理由は何か? その答えのひとつが、“”です。そう、美しい人は、水を“美のツール”として活用しているんです!

え、水なんてみんな飲んでるでしょ? なんて声が聞こえてきそうですが、もちろん「水を飲むことが大事」ということは知っている人も多いですよね。しかし、ただ水を飲めば良いというものではありません。健康的に美しくなるためには、水の選び方飲み方にもコツがあるんです。

そんな「健康美×水」がテーマのひとつとして登場したイベントが、1月25日(土)、都内で行われました。

 

img_01

「渋谷・表参道Women’s Run『Race Debut Party』」では、3月2日(日)に開催される人気ランニングレース「渋谷・表参道Women’s Run」に初参加する約300名の女性を対象に、大会デビューに向けて事前のトレーニング方法や、美しく走るためのスキンケア講座などが行われました。

※本年度の参加募集は既に締め切りとなっております。

 

美と健康に関心の高い女性が集まるなか、「快適なランニングのための水分補給講座」で登壇されたのは、管理栄養士・健康運動指導士の浅野まみこ先生。

「人間の体の60%は水です。日常生活のなかでも汗や呼気で、常に水分は排泄されています。だから、運動時の水分補給は重要! ランニング中は2、30分に一回、150〜200mlの水を飲みましょう」とランニング時の水分補給の大切さについて語られました。

 

img_02

浅野先生によると、「喉が渇いた」「唇が乾燥してる」と感じたときには、すでに体は脱水症状を起こしているんだとか! また、運動中だけでなく、日常生活でも「水を飲むこと」はとっても大切だと浅野先生は強く訴えます。とくに女性が気になる“肌のうるおい”や“むくみ”なども、水をきちんと摂ることで、驚くほど改善されるそうなんです!

 

う〜ん、これはますます美と水の関係性が気になるぅ〜! という訳で、イベント終了後、浅野まみこ先生にANGIEが独占インタビューしてきましたよ!

 

Q.「浅野先生、今日はどうぞよろしくお願いしまーす! さっそくですが、水って1日にどのくらい飲めば良いのでしょうか?」

「1日に必要な水分量は1.5〜2リットルですね。マグカップが300mlくらい入るとして、日中3杯朝晩1杯ずつ飲めば1.5リットルです」

 

ほっ。水分をあまり摂らない筆者も、それなら意外に飲んでいるかもしれないと感じました。ただし、お茶やコーヒーはカフェインが入っているので、できるだけ避けたほうが良いとのこと。また。水なら何でも良いわけではなく、ミネラルバランスの取れた硬水を飲むのがポイントだそうです。

 img_03

Q.「なぜ、女性にとってミネラルが入っている水が良いのでしょうか?」

 「水を飲むと同時に、日本人に不足しがちなミネラルという栄養素を摂れるというのが一番ですね。水分補給という点では、お茶や軟水でも構いませんが、せっかく水を飲むならミネラルが含まれている硬水ミネラルウォーターをおすすめします。ミネラルを効率よく補えますし、体内の循環を良くしてくれます」

 

Q.「では、そのミネラルウォーターに含まれるミネラルは、女性にとってどのような効果があるのでしょうか?」

カルシウムやマグネシウムは骨をつくる際に必要ですが、バランスよく摂ることが重要で、それぞれ3:1か、もしくは2:1で入っている必要があります。バランスの整ったミネラルウォーターを積極的に摂ることをおすすめしますね」

 

なるほど〜! ところで、水道水ガブ飲みするような田舎育ちな私にとって、硬水って馴染みがないんですが……どこに売っているんでしょうか。

img_04

「コンビニやスーパーなどで普通に見かけていると思いますよ(笑)。ちなみに私はevianを飲んでいます。先程お話したカルシウムとマグネシウムのミネラルバランスが3:1と、ベストバランスで含有されていますし、何より飲みやすいんですよね。軟水に慣れている日本人にとって、飲みやすさは外せないポイントではないでしょうか」

 

東京の水道水が匂いで分かるほど敏感な私にとって、飲みやすさは重要です。それに、evianなら自動販売機でも売っているので、気軽に続けられそうですよね!

 

img_05

さらに、そんなミネラルウォーターを正しく、より効率的に摂取するために気をつけるべき「水分補給のコツ」も伺いました。

 

水分補給のコツ

起きてすぐ飲む!

夜寝ている間に人間の体は脱水しています。血液もドロドロになっているので、老廃物を流しやすくするためにも重要です。便秘が解消されてやせやすい体質になりますよ。

食事前に飲む!

コップ1杯200mlくらいを飲みましょう。胃が空いているときに飲むことで、水が吸収されやすくなるうえ、空腹を和らげる効果も♪ ただしガブ飲みは消化に悪影響なのでNG!

こまめに飲む!

「喉が渇いたな」は体の脱水サイン! 自覚症状が出ていない状態でも身の回りに水を常備するなどして、“ちょこちょこ飲み”するのがポイントです。

常温でとる!

冷たい水は体を冷やしてしまいます。体が冷えると代謝が落ちるので夏でも常温で飲みましょう。

寝る前に飲む!

とくに寝ている間は、脱水を起こして血液がドロドロになってしまいやすいです。今の季節は外気と温度差があるため、脱水症状のまま外へ出たりすると、梗塞を起こす恐れがあります。

そうならないためにも、寝る前にコップ1杯は飲みましょう!

 

どれも難しいことではないので、毎日実践できそうなのが嬉しいですね〜。最後に、ANGIE女史の最も気になる、「アンチエイジングと水」についても伺ってみました!

 

Q.「ミネラルウォーターは、ダイエットやアンチエイジングにも効果的だったりしますか?」

「硬水を飲むと、循環しやすくなるという点がダイエットに向いていますね。アンチエイジングなら、水を「しっかり摂る」という部分を意識すると良いですね。実は、私は肌が乾燥しやすいんですが、水を摂っているときと摂らないときとでは、肌の乾燥具合や肌質が全然違うんですよ! また、女性に多い便秘もダイエットの敵。水分をたっぷり摂ってあげることで便秘解消にも繋がるので、体内の循環が良くなってやせやすくなります」

 

Q.「水の摂り方ですが、若い世代と大人世代、年代によって意識するポイントはありますか?」

 「『水を飲むことへの意識』ですね。20代よりも、30代のほうが代謝が落ちますよね。代謝が落ちると老廃物を溜め込んだり、やせにくくなってしまいます。「むくみの原因になるから…」といって、水をあまり飲まない大人の女性も多いですが、むしろ逆! 「むくみやすい」と思われる人は、循環が悪い、体の中の塩分量が多くなっている、と思ってください。食事バランスも塩分を摂り過ぎないように意識することが大切ですが、意識的に水を「飲んで、出す」ことを心がけ、巡りを良くしてあげることが重要です。決して、夜に水を飲んだからむくんでしまう訳ではないんですよ」

 

浅野先生、本日はありがとうございました〜!

 

この日の帰り、早速evianを買って毎日飲んでいる筆者ですが、心無しか肌の調子がイイです! 肌が水分を蓄えているとでもいうんでしょうか。その効果は、高額の潤い系サプリメントをここ数日飲み忘れているほど。

 

img_06

先生によると、このように「日頃から水を摂ることに慣れておく」ということも重要だそうです。

「水分をあまり摂らない女性って、意外に多いですよね。そういう人が突然水をガブガブ飲んでしまうと、お手洗いが近くなったり、気分が悪くなったりすることがあります。気をつけてくださいね。とくに硬水は、飲み慣れてないと喉を通りにくく感じることも多いので、毎日の生活の中で習慣づけることが大切です

 

いかがでしたか?

美容に健康に、たくさんの嬉しい効果をもたらしてくれる水。あなたの周りにいる年齢不詳女史も、もしかしたら水を正しくたっぷりと飲んでいる“だけ”かもしれませんよ!?

 

※参考:evian公式サイトevian Live young JP公式FBページ

※取材協力:管理栄養士・健康運動指導士 浅野まみこ先生

関連記事

【モテすぎて困るかも】男性が思わず近づきたくなるフェロモンを出す裏ワザって?

美容に人気のプラセンタとは?特徴・効果・注意点を詳しく解説

大西 マリコ

大西 マリコ

美容ライター/西洋占星術家

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ