美容

2016.05.15 UP

毛穴レスで肌美人に!夏の毛穴の黒ずみ・開きを解消するには?


iStock_000049279058_Small

暑くなってくると気になる、毛穴の開きや黒ずみ。目立つからといってゴシゴシこすったり、黒ずみを無理に出そうとしたりすると、かえって状況を悪化させてしまうこともあります。

こんな思いをするならいっそ、毛穴などなくなってしまえばいいのに……なんて思うことは多々あります。

そもそも毛穴って私たちに必要なの? どんな役割をしているの? など、知っているようで知らない毛穴の世界を一緒に探求してみたいと思います。

 

毛穴の数って、決まっているの?

毛穴_1

毛穴の数が決まるのは、妊娠6か月前後の胎児の時期だと言われています。毛穴レスに見える赤ちゃんの肌も大人の女性の肌も、毛穴の数は一緒なのです。

その数は、個人差はあるものの平均20万個だそう。毛穴は皮膚の新陳代謝にもかかわっているため、どんなお手入れや施術を行っても数を減らすことはできないのだとか。

 

なぜそんなに毛穴は必要なのでしょう。

毛穴の主な働きは、肌の潤いを保つ天然のクリームである皮脂を分泌することです。これがないと肌のツヤも失われ、シワシワの肌になってしまいます! じつは毛穴は私たちにとってなくてはならないものなのです。

 

毛穴の「黒ずみ」はゴミや汚れ

Tired young woman wiping face while working on row machine in fitness studio

では、なぜ暑くなると毛穴が黒ずんで見えるのでしょうか?

理由は、皮脂の過剰分泌。暑いと汗をかきますよね。それと同時に皮脂の分泌も活発になります。特に脂っこいものを好んで食べたり、ファストフードやコンビニ弁当など外食中心の食生活を送っていたりすると、より皮脂の分泌が過剰になってしまうそう。

皮脂の分泌が主な仕事である毛穴は、通常より過剰に分泌された皮脂により開いてしまいます。その開いた毛穴に皮脂が詰まって白い塊(角栓)となり、空気に触れたりゴミが付着したりすることで酸化し、黒ずんでしまうのです。

 

黒ずみを無くして毛穴レスな肌になるには

Beauty portrait of a woman

毛穴の開きも黒ずみも解消するなら「温冷ケア」がオススメ。「温める」ことで血行を促進し、栄養も摂り入れやすくなります。また、毛穴を開かせて老廃物を外に出す効果もあり。

次に「冷やす」ことで、毛穴を引き締めます。この温冷ケアを繰り返すことで開いてだらしなかった毛穴を引き締め、肌の老化を解消することができます。

「温ケア」は、ぬれタオルを電子レンジで温めるだけの蒸しタオルが簡単。クレンジング前に顔全体にのせて、2~3分おいておきましょう。その後、クレンジングと洗顔を行います。この「温ケア」を入浴中に行えば、温熱効果で毛穴が開きやすくなる上に時短にもなりますよ。

続いて「冷ケア」は、ケーキやアイスについてくる保冷剤をタオルで包んで肌にあてるという簡単な方法がオススメ。保冷剤がない場合は、スプーンを冷蔵庫で冷やしておいて肌にあてるという方法でも大丈夫です。

 

汗や皮脂の分泌が過剰になる夏が来る前に、毛穴レス肌を目指して頑張りましょう。

 

佐治 真澄

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ