美容

2016.02.04 UP

ベビーパウダーでまつ毛ボリュームアップ!ベビーパウダーメイク術


c

寒さが一層厳しくなるこの時期は、美容にかける時間も「寒いから」を理由に短縮してしまいがち。でも30代の大人女子として「手抜き&ズボラ」な印象は持たれたくないもの。

そんなワガママな願いをかなえてくれる万能アイテムが、赤ちゃんに使うベビーパウダーなんです。

いつもよりほんの少し楽をしてキレイを保てる、まつ毛ボリュームもアップ!30代女性必見のアイテム「ベビーパウダー」についてご紹介します。

 

ベビーパウダーの成分と効能

beautiful woman doing  makeup with brush in the mirror

ベビーパウダーは、トウモロコシから取れる植物デンプンのコーンスターチと、タルク(滑石という水酸化マグネシウムなどを含む鉱石を粉末にしたもの)からできています。

コーンスターチは吸水性に優れており、肌表面の水分や油分を吸い取ってくれるそうです。吸水した水分を放出して乾燥を防ぐ役割もあるので、肌のモチモチ度をキープするのに最適なのだとか。

タルクはファンデーションやメイク用品にも使用されている安全度の高い天然成分で、肌の水分を吸水して蒸発させる役割=肌をサラサラにするのだそうです。

 

寒い日の「シャンプー代わり」に!

Portrait of smiling girl brushing her hair

寒い日に髪を洗うのは、なんだか億劫ですよね。でも洗わないと頭皮がベトベトに……。そんなときは、ベビーパウダーをドライシャンプー代わりに使うのがおすすめです。

髪をパーツごとに分けて根元にベビーパウダーを振りかけ、しっかり指先でマッサージしていきます。その後完全にパウダーが落ちるまで、しっかり振り落としましょう。

冬は毎日髪を洗う必要もないので、シャンプーと交互に使うのが◎。頭皮のベトベト感が解消されてスッキリしますよ。

 

「メイク直し」にも重宝!

Beautiful redhead women appling makeup near mirror

冬場は汗をかかないけれど、皮脂でテカテカになってメイクも崩れがちですよね。そんな場合も、通気性が良く肌をサラサラにして汗の蒸発を促すベビーパウダーが活躍してくれます。

ベビーパウダーをメイク前の素肌に軽くつけることでメイク崩れの予防になります
。また色落ちしがちな口紅の上に少量のベビーパウダーをはたくことで、驚くほど長持ちするようになりますよ。

ベビーパウダーをジップ付きの袋などに入れて、ポーチに携帯しておきましょう!

 

「マスカラ」の効果がアップする!

Portrait of young woman putting mascara on

さらにベビーパウダーはマスカラと合わせて取り入れることで、まつげの長さとボリュームをUPさせてくれる効果も!

まつげをカールさせ、マスカラを一度塗りして乾かした後、マスカラのブラシにベビーパウダーを少量付け、まつげをブラッシングします。

その後2〜3度マスカラを塗り重ねていくと、まるで付けまつげのように長くてボリューム感たっぷりのまつげに大変身! 寒さでバサバサになってしまいがちな、まつげメイクをしっかり持続させることもできますよ。

 

赤ちゃんが使うベビーパウダーは、肌に優しい成分を含んでいることが大前提。敏感肌の人も安心して取り入れられますね。コスパも良いので、是非この冬試してみてください!

【参考文献】DIY&Crafts/AELIDA/e-育児

Timmy

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ