2020.06.17 UP

家庭用脱毛器ケノンは効果ある?実際に使用して口コミを検証!


ケノン アイキャッチ

おうち時間を利用して、サロンやクリニックに行かなくても簡単に脱毛できることで注目されている「家庭用脱毛器」。

その中でもダントツの人気を誇るのが「家庭用脱毛器ケノン」です。

この記事ではケノンを実際に使用し、脱毛効果を検証!使用者の口コミも調査しました。

ケノン家庭用脱毛器の購入を検討中の方はぜひ参考にしてください。

自宅でのムダ毛ケアに効果的!脱毛器ケノンの特徴を解説

ケノン 特徴

家庭用脱毛器、と検索すると必ずと言っていいほど見かける「ケノン」の文字。

どのような効果や特徴があるのでしょうか?

①:ほぼ全身の脱毛が可能!美顔器としても使える

ケノンの照射可能範囲は、ワキ・Vライン・顔・胸・お腹・腕・手の甲・指・脚となっており、男性のヒゲ・Vライン、・脚・腕・胸にも使用できます。

カートリッジも6種類あり、その中の「美顔スキンカートリッジ」では、美顔器の機能もついています。

ケノンは、美顔器としての評価も高く、別売りカートリッジとなりますが、美顔器として一緒に使うこともおすすめです。

また、高周波が流れるピンセットの脱毛器がついており、眉毛の脱毛もできます。

Iライン・Oラインについては、公式には使用を推奨されておりませんが、口コミでは自己責任で使い脱毛ができた、とよく見かけます。

Iライン・Oラインに使用した方の口コミ

IVO脱毛用に購入。5か月使用しての感想です。

手足脇はサロンで脱毛済み。以前からIVO脱毛を行いたかったのですが、IVOの場合、中心に近い部分の脱毛はサロンでも難しい場合があると聞いて、ケノンを試してみることに。脱毛サロンの場合、1回目の施術後から何日かすると毛がするっと抜けていたのですが、ケノンではそれがなく、半信半疑で1週間に1度のペースで続けていたところ、1か月ほどすると少し減り始め、3~4か月でかなり減量(以前の1/4ぐらい)できました。全く毛が無くなるには至りませんが、現在は2~3週間に1度ぐらいのペースで使用してます。

初めはレベル6ぐらいから初めて現在はレベル9で使用。デリケートゾーンのがっつり際まで打ってますが、良く冷やせば痛みは全くないです。サロンでのフラッシュ脱毛では結構痛い時は痛かったので、それは出力の差かなと思います。

IVO脱毛が本当にできるかどうか不安でしたが、痛みがなく使え、永久脱毛は無理にしてもかなり効果が出ているので買ってよかったです。

出典:Amazon

②:コスパ抜群!照射数が300万発

一人で使用した場合、約33年分使用できる長寿命!

ケノン本体に装着されている「スーパープレミアム」は、照射数が300万発!最大レベル10で照射しても、50万発使用できます。

これは、他の家庭用脱毛器に比べてもダントツのコストパフォーマンスです。

さらに無料で3年保証もついており、渋ることなく安心して使用できます。

③:ケノンはカートリッジの種類が豊富

ケノンは取り替えできるカートリッジが豊富!6種類のカートリッジの特徴を紹介します。

スーパープレミアム 付属品(期間限定) 最大300万発照射可能。
プレミアム ¥19,800円(本体と同時購入で¥9,800) 最大100万発照射可能。
エクストラ ラージ 別売り¥9,800
(本体と同時購入で¥6,000)
照射面積が大きく、全身脱毛に適している。
ストロング 別売り・¥9,800 最も照射パワーが高く、ヒゲやVラインなど毛が濃い部位に効果を発揮する。
ラージ 別売り¥7,700
(本体と同時購入で¥4,200)
小さめの面積で、狭い部分の照射適している。
美顔スキンケア 別売り・¥6,800
(本体と同時購入で¥4,000)
エステの光美容を自宅で行う為のフェイシャル用のカートリッジ。ボディへの利用も可能で肌のザラツキや毛穴の目立ちなど、気になる部位へ使用できる。

基本は、脱毛器ケノン本体・サングラス・電源コード・クーリングパック(保冷剤)×2・サングラス・取り扱い説明書・保証書です。

効率よく脱毛を行いたい方には、ケノン購入の際に同時購入するのがお得でおすすめです!

家庭用脱毛器「ケノン」の詳細はこちら 

家庭用脱毛器ケノンの口コミと使い方のポイントを解説

ケノン 口コミ

今やケノンについての口コミは膨大!その中から是非知っていただきたいものをいくつかご紹介します。

口コミ①「痒みがでた」

去年まで、Panasonic脱毛器ソイエで春から秋までは 毎週脱毛していました。毎週しても同じだけ生えてくるので大変でした。この商品を買って一週間から効果が出て凄いと思いました。私は毎週使ってます。3回ぐらい光を当てた場所は 毛は生えてきてない感じです。
私は 早く効果が出て欲しかったので 暑いのと痛いけどマックスのレベル10で使用してます。輪ゴムでパチンとやられたような痛さかな⁉︎マックスで使うのは肌の弱い方はやめた方が良いと思います。私でも軽い火傷になっていました。2日後ぐらいに、薄くかさぶたができてかゆくなってくるぐらいです。でもさすが人気のケノンですね。私はオススメです‼︎

出典:Amazon

 

友人に言われためしに使ってみたら赤くなりみが残った(個人差あり)。症状は消えたけど使いたいとは思えなかった

出典:Amazon

照射後、かゆみが出たと言う口コミがいくつか見当たりました。

あまりにも肌に合わない場合は使用を中止したほうが良いですが、使用後に照射部分を冷していないと痒みを感じることが多いです。

ケノンの使い方はここがポイント

痛みや痒みを抑えるため、照射前後は付属品の保冷剤で照射部位をよく冷やすようにしてください。

また照射時のフラッシュが強いため、必ずサングラスを着用してください。

口コミ②「短期間では効果は感じない」

商品を注文してから届くまで早いと感じました。見た目もいい感じです。
想像よりは少し大きいと感じました。
また数回しか使用していない為、脱毛効果は感じておりませんが、痛くもなく、熱くもありませんでした。
まだ腕と脚しかやっていませんが、次回は髭の脱毛もやってみようかと思います。
これから使い続けてムダ毛が減るといいなと思っております。
他の脱毛器より値段がしますので購入する気持ちが固まるまで時間がかかりましたが、痛みも少ないのでこれで効果があれば言うことないと思います。

出典:ケノン公式サイト

 

男性ですがヒゲにはレベル10で10発照射しても効果がありませんでした。

出典:Amazon

 

私は薬の副作用で毛が濃く、コンプレックスだったので旦那に買ってもらいました。
毛が濃い人はレベル10でやらないと全く効果は現れないと思います。
一年使用した辺りで毛が薄くなり、量が減り、生えるスピードは遅くなりましたが、永久脱毛は不可能だと思います。まだまだ生えてきます。

今でも2週間に一度使っていますが、めんどくさくなり、諦めかけています。
一人で全身をやるのはとても体力を使いますし、冬はとてもキツいです。
金銭的に余裕がある方は、医療脱毛に行ったほうが早いと思います。

出典:Amazon

使用1,2回で脱毛効果をすぐに感じることは難しいです。

根気強く、照射を続けていくことにより、脱毛・抑毛ができます。

特に毛の濃い部分は時間もかかり、家庭用脱毛器は便利ではありますが、やはり照射パワーはエステ脱毛やクリニックには劣ります。

時間をかけずに脱毛したい、完全にツルツルまで仕上げたい、という方は医療脱毛クリニックへ行く必要があります。

実際にケノンを購入、体験してみた!

ケノンの脱毛効果や使い心地を調査するため、実際に購入し体験してみました。

箱の中には本体、カートリッジ2個、サングラス、保冷剤が入っています。

ケノン 本体

電源を入れると中央のディスプレイが起動します!

矢印ボタンでレベルを選択できます。レベルが高いほど照射力も強くなるので、初めて使用する方はレベル1からがおすすめ。

ケノン 電源

使用方法

  1. 照射したい箇所をよく冷やす
  2. 本体を照射したい場所に垂直に当て、ボタンを押す
  3. 照射した箇所をよく冷やす

ついに照射!ケノンの効果は?

ケノンの脱毛効果を試すべく、週に1回、1ヶ月ほど照射を続けました。

まずは照射前のムダ毛を生やした状態がこちら。

ケノン 照射前 足

続いて1ヶ月照射し、4回目の照射直後の足です。

ケノン 足 照射後

照射後なのでムダ毛はありませんが、1ヶ月続けることで抑毛効果は感じました

正直自己処理はしなければいけませんが、それでも照射前よりは回数が減りました。

男性のケノン体験談は「脱毛器ケノンで男の脇を脱毛体験!口コミ通りの効果はあった…!?」をチェック!

眉毛専用の脱毛器も付属!

ケノンには眉毛専用の脱毛器も付いています。

眉毛専用の脱毛器も何回か使用しましたが、脱毛効果はあまり時間できませんでした。

ケノン 眉毛脱毛器

こちらは腕や足の脱毛より効果を感じるのに時間がかかるようです。

脱毛器「ケノン」の効果 まとめ

ケノン まとめ

家庭用脱毛器「ケノン」の脱毛効果を感じるには、時間がかかります。

しかしこのような時期に密を避けたい、せっかく契約したサロンでの予約が取れない、など悩みを無くしたい方にはおすすめです!

家庭で手軽に脱毛してみたい方は、ぜひケノンを検討してください。

他にも家庭用脱毛器を比較検討したい方は、「【2020年】おすすめ脱毛器人気10選!価格や効果を比較【実体験あり】」を参考にしてください。

ページの先頭へ