2019.06.01 UP

市販で人気のおすすめハイドロキノンクリーム10選


ハイドロキノン

30代以降に増え始めるシミ、濃くなるそばかすにはハイドロキノンの自宅ケアがおすすめ!

シミ・そばかす・ニキビ跡の色素沈着に至るまで、気になる部分にハイドロキノンクリームを塗るだけで、きれいな肌に導くと注目されています。

ここでは、ハイドロキノンの「美白効果」「伴う副作用」「正しい使い方」を徹底的に解説。クリニックの処方と匹敵する【本当に効果が期待できる市販のハイドロキノンクリーム】を紹介します。

※まず先に人気のハイドロキノンクリームをご覧になりたい方はこちらから!

【2019年人気のハイドロキノンクリーム】

 

ハイドロキノンクリームで改善が見込まれる症状

ハイドロキノンクリーム

シミにはさまざまな種類がありますが、そのほとんどにハイドロキノンは有効とされています。次のタイプなら、ハイドロキノンクリームで改善を期待できます!

日光黒子
(老人性色素斑)
紫外線が原因のシミ。
加齢と共に進行するので、”老人性”と呼ばれる
炎症後色素沈着 ニキビや傷が炎症を起こして傷跡になってしまうことで起こるシミ
肝斑(かんぱん) ホルモンバランスの崩れが原因の30〜50代の女性にできやすいシミ。
頬骨の上辺りに、左右対称にうっすら広がるのが特徴
そばかす
(雀卵斑:じゃくらんはん)
細かい斑点状のシミが広くできるのが特徴。
遺伝が原因の先天的なそばかすと、強い日焼けによる後天的なそばかすとがある

出典:Liruu

一方、肌の真皮まで達してしまったシミはハイドロキノンクリームでも改善は難しいと言われています。

具体的には、次のタイプのシミはハイドロキノンを使ってもあまり意味がありません。

・イボ状に盛り上がったシミ
・ほくろ
・あざ
・くま(黒ぐま、青ぐま)

これらのシミは、メラニン色素以外の要素も関係しているで、ハイドロキノンだけで改善することは困難です。

参考:ハイドロキノンの効果について| Liruuあなたの成分、あなたのコスメ より

 

市販で買える!シミ改善&美白におすすめのハイドロキノンクリーム10選

皮膚科やクリニックよりも、多額な資金で研究・開発が進んでいると言われる化粧品メーカーの市販ハイドロキノンクリーム。ネット通販やドラッグストアなどで簡単に購入できますが、どの商品を買うべきか判断に迷うところ。

そこで、20~40代の女性にとても人気で、本当に効果を期待できる市販のハイドロキノンクリームをピックアップしました。

ここでは、

●ハイドロキノンクリームの特長

●ハイドロキノンクリームのポイントと効果

●ハイドロキノンクリームの価格

●ハイドロキノンクリームのおすすめレベル

をもとにご紹介します。

おすすめハイドロキノンクリーム一覧

クリーム 価格 おすすめレベル 配合量

QuSomeホワイトクリーム1.9

6,000円
1,800円
★★★★★ 1.9%

ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110

6,500円
1,890円
★★★★★ 2.5%

ブライトニングクリスタル

4,860円
9,180円
★★★★★ 5%

プラスナノHQ

5,400円
2,160円
★★★★☆ 4%

オバジHQブライトニングナイトセラム

9,000円 ★★★★☆ 非公開

エピステームHQレーザークリア

13,000円 ★★★★☆ 非公開

ホワイトHQクリーム

7,000円 ★★★★☆ 4%

キノンクリーム

12,960円 ★★★☆☆ 5%

ハイドロクリームSHQ

1,980円 ★★★☆☆ 5%

ホワイトラッシュ

2,400円 ★★★☆☆ 5%

ハイドロキノンクリーム:分布図

①b.glen QuSomeホワイトクリーム1.9

ハイドロキノン おすすめ ビーグレン QuSome

1.特徴

肌質の弱い敏感肌でも、確かな効果を実感できるとして人気を呼んでいる”日本製・日本人向け処方“のハイドロキノンクリームが、b.glenの「QuSomeホワイトクリーム1.9」。

従来のハイドロキノンが抱える「不安定・低い浸透性」を独自のテクノロジーによって解消。角質までしっかり浸透し、長時間ハイドロキノン成分が効果を発揮できることから、1.9%という配合率の低さでも4%に匹敵する効果でシミにアプローチします。低配合だから刺激の心配もほとんどなく、肌質で悩んでいる人でも安心して使用できるのも嬉しいところ。

さらに、2017年6月にQuSomeホワイトクリーム1.9に新たな美容成分が加わり、パワーアップ。シミに悩むすべての女性の最終兵器ともいえる商品が完成しました。

QuSomeホワイトクリーム1.9 リニューアル

毎晩塗るだけで簡単!徹底したシミ対策が実現できるQuSomeホワイトクリーム1.9。「もうこれ以上シミを増やしたくない!」そんな女性の声に応えるべく、新たに2つの美容成分が追加されました。

新成分①:オリゴペプチド-34

効能:シミができる原因を肌の内側からSTOP!シミを作らせません。

新成分②:ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸

効果:メラニン生成されたシミを、肌の表面に現れないよう阻止します。
朝昼晩塗る必要はありません!夜だけ徹底集中型のナイトクリームなので、面倒な手間がいらず、気軽に継続することが可能です。

新成分の追加に伴い、QuSomeホワイトクリーム1.9のパッケージも新しくリニューアルしました。スマートなデザインが特徴的なチューブタイプで利便性アップ!使いたい部分にピンポイントでプッシュして塗布できるのが特徴です。

QuSomeホワイトクリーム1.9 単品 リニューアル

b.glenにはハイドロキノン配合クリームの販売が累計590,000本突破という、業界でもトップを走る確かな実績を持っています。

ハイドロキノンを初めて使用する人にとってはこれ以上ない安心感です。

b.glen公式サイト

2.ポイント・効果

① 4%と同等の効果

浸透テクノロジーによるQuSome®化で、角層の奥まで浸透・残留させ、じっくりと働きかけさせます。これにより、1.9%の配合量でも4%と同等の効果を発揮し、高濃度では難しい「低刺激」を完成させました。

University of California San Francisco 校の実験によって検証されています。

ハイドロキノン 実験結果

※QuSome®(キューソーム)は、薬学博士でドラッグデリバリーシステムの第一人者でもあるブライアン・ケラーによって開発された浸透テクノロジーです。

※上のグラフが効果性、下のグラフが皮膚への刺激性を表しています。4%のハイドロキノンクリームとほぼ同じ効果を発揮しつつ、刺激性を1/4にまで抑えていることがわかります。

 

② ハイドロキノンクリームを顔全体に使用できる

従来のハイドロキノンクリームはその刺激性ゆえに、シミに対してピンポイントでしか使用を推奨されてきませんでした。
ですが QuSomeホワイトクリーム1.9はその低刺激な点から、顔全体に使用することができます。

今あるシミの改善に加え、顔全体でこれからのシミを予防することができます。

 

③信頼できる実績

2006年6月から10年以上もハイドロキノン化粧品を販売&累計590,000本のQuSomeホワイトクリーム1.9の販売実績が、信頼性を物語っています。

公式サイトでもっと詳しく

3.期間限定の特別価格!

お得なトライアルセット
通常価格:6,422円(税抜)
キャンペーン価格〈71%OFF〉:1,800円(税抜)

QuSomeホワイトクリーム1.9単品
通常価格:6,000円(税抜)

4.おすすめレベル

★★★★★

QuSomeホワイトクリーム1.9の口コミ

【こめかみのシミが薄くなりました!】

チロルさん:企画・マーケティング 20代後半 乾燥肌
おすすめレベル:★★★★★★
投稿日:2016-10-19

こめかみと頬に米粒くらいのシミが5つあり、ずっと気にしていましたが、ホワイトクリームを使用して1カ月で、濃い茶色から薄茶色に変わっています!!小さいシミなら、もうコンシーラーがなくても、ファンデで綺麗に隠れてくれるので、すごく感動しました(涙)半年くらい使ってみて、肌の変化を楽しみたいです。乾燥、刺激、一切感じませんでした。

出典:b.glen

【肌が明るくなった!】

ころがしさん:主婦 20代後半 乾燥肌
おすすめレベル:★★★★★
投稿日: 2017-01-08

そこまでシミは気にしていなかったのですが年齢を重ねていくうちに目立ってきたら嫌なので使用を開始しました。まだこれといってシミがなくなったとまではいきませんが肌全体の色が明るくなっか気がします!持続すれば薄くなっていくのかなと長い目をみて続けていきたいです。

出典:b.glen

【そばかす】

mayuさん:主婦 30代後半 混合肌
おすすめレベル:★★★★★
投稿日: 2016-10-19

小さい頃からそばかすが顔全体にあり、夏場はすぐ濃くなりあれこれホワイトニングを試すも一度も効き目を感じたことがありませんでした。しかし、ホワイトクリーム1.9は、つかうたびに少しずつ効き目を感じています!主婦にはなかなか毎月数万円も出せないのでパーフェクトに揃えて使用は難しいですが、なんとか切り詰めてホワイトニングだけでも続けたいと思います。

出典:b.glen

通常価格 6,422円(税抜)
キャンペーン価格〈71%OFF〉 1,800円(税抜)
送料 無料(365日返金保証付き)
内容量 QuSomeホワイトクリーム1.9 5g
Cセラム(ビタミンC美容液) 5mL
QuSomeローション 20mL
クレイウォッシュ 15g
QuSomeモイスチャーリッチクリーム 7g
評価 ★★★★★
ドラッグストア・薬局での取り扱い なし

b.glen公式サイト

Amazonで見る

楽天で見る

 

②アンプルール ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110

ハイドロキノンクリーム アンプルール

1.特徴

皮膚の専門家達がその高い安全性を確認しており、肌への刺激は最小限でも高い美白効果を実現できると注目を集めているのが「ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110」。開発者である高瀬聡子さんは、ウォブクリニック中目黒の総院長を務めると同時に、ドクターズコスメのアンプルールで商品開発ディレクターもしています。

独自に開発された新安定型ハイドロキノンは効果性・安全性ともに皮膚の専門家から認められ、その効能から、StyleやFRaU、VoCEなど数々の有名メディアで取り上げられ、ベストコスメ8冠の偉業を成し遂げました。ハイドロキノンの配合率は2.5%です。

ハイドロキノン アンプルール

2.ポイント・効果

新安定型ハイドロキノン

ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110には、「新安定型ハイドロキノン」が使用され、従来よりも酸素・光・熱への耐性を増しています。安定して効果が発揮される上、肌への刺激が少なくなっています。

証明された実績

シミ、そばかす、ニキビ跡・傷・ヤケドによる色素沈着など、さまざまな肌トラブルに対応できることが証明されています。

豪華4点セット

トライアルキットには、ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110だけではなく、美白化粧水・薬用美白美容液・美容乳液ゲルのすべてが揃っています。

ハイドロキノン トライアルセット 化粧水

ハイドロキノン トライアルセット 乳液

3.価格

【トライアルキット】
(ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ・化粧水・薬用美白美容液・美容乳液ゲル・メイク落とし・洗顔料バウチ2包)

通常価格:6,500円相当

初回限定価格:1,890円(税込)

4.おすすめレベル

★★★★★

ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQの口コミ

2016/12/30 会社員 36歳

36歳、フルタイム兼業主婦です。一人目の妊娠の時にできた頬のシミが年々濃くなり焦ってインターネットで探してたどり着いたのが、アンプルールでした。ダメもとで1週間のお試しを購入すると1週間たった頃、主人から、頬のシミがうすくなってる!と言われたではありませんか!そして購入を決意!アンプルールを信じてがんばって使い続けます!今では鏡をみるのが楽しみになってきました。ありがとうございます!

出典:アンプルール

2016/12/29 専業主婦 38歳

産後からシミが気になり、フォトフェイシャルをやろうか迷っていた時にこちらをネットで見つけました。口コミも良く皮膚科医の先生が作られたという事もあり、フォトフェイシャルをする前に使ってみて良かったらいいな〜と全く期待せずにとりあえずお試しセットを買ってみました。そしたら1週間もしないうちに効果が出てビックリしました!頬と目の脇のシミが薄くなったんです!今まで化粧品で何度か試した事はありましたが、こんなに効果を感じたのは初めてです!定期便を購入して使い続けたら消えるんじゃないかと期待しています(^○^)

出典:アンプルール

通常価格 6,500円相当
初回限定価格 1,890円(税込)
送料 無料
内容量 スポット集中美容液
(ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ)
化粧水
薬用美白美容液
美容乳液ゲル
メイク落とし・洗顔料(バウチ2包)
評価 ★★★★★
ドラッグストア・薬局での取り扱い なし
その他の店舗での取り扱い 百貨店・バラエティーショップなど

アンプルール公式サイト

Amazonで見る

楽天で見る

 

③セルピュア ブライトニングクリスタル

ハイドロキノン おすすめ セルピュア ブライトニングクリスタル

1.特徴

ハイドロキノンを使うからには、シミをできるだけ早く改善したい! そんな即効性を求める方に人気なのが、東京銀座スキンケアクリニック監修のドクターズコスメ、セルピュアの「ブライトニングクリスタル」。

ハイドロキノンを5%と高濃度に配合しているので、高い美白効果が期待できます。気になるシミをピンポイントで集中ケアできるので、少量でも効果を実感できるようです!

2.ポイント・効果

5%の配合率

納得のいく美白効果が期待でき、刺激の少ないギリギリのラインで安定型ハイドロキノンが配合されています。

安定型ハイドロキノン

酸化を防止するために、特殊技術を用いた安定型ハイドロキノンを配合しているため、常温でも3ヶ月という長期保存ができます。

経済的な使用感

12gで約3か月使えるため、コスパは抜群です。

3.価格

【ブライトニングクリスタル単品】
通常価格:4,860円(税込)

【お得な2本セット】
通常価格:9,180円(税込)

4.おすすめレベル

★★★★★

ブライトニングクリスタルの口コミ

20代後半、脂性肌

20日ほど経過しました。一番気になっていた目元のポツポツとしたシミが薄くなっているのを実感しています。使用中は少々乾燥しますが、その分普段より保湿をしっかりしてまぁ許容範囲でしょうか。口元のニキビ跡もだんだんと薄くなってきて、コンシーラーで隠す手間が減ってきています。しばらくがんばって使い続けようと思います。

出典:楽天

20代後半、乾燥肌

私の場合だいたい1ヶ月で顔のシミは消えます。ただ以前2本使用後3ヶ月くらい塗らなかった時があったのですが、消えたはずのシミが出てきました。見た目はなくなったかに思ったのですが、やめるのが早すぎたのか?隠れシミ状態だったのか??今回はどの時点でやめればいいのか試してみます。3本試してやはり元に戻るならもう買わないかもです。一生続けるなら意味ないので。シミにもいろいろあるとは思います

出典:楽天

ハイドロキノン おすすめ セルピュア

通常価格 4,860 円(税込)
初回限定価格 なし
送料 540円
内容量 ブライトニングクリスタル 12g
評価 ★★★★★
ドラッグストア・薬局での取り扱い なし
その他の店舗での取り扱い 百貨店・美容室・美容皮膚科など

セルピュア公式サイト

Amazonで見る

楽天で見る

 

④プラスナノHQ

ハイドロキノン おすすめ プラスナノHQ

1.特徴

プラスナノHQ」は、シミに悩む女性をサポートする、スキンケアブランド【プラスキレイ】のスキンケアクリーム。ハイドロキノン4%配合、累計販売350,000本のハイドロキノンクリームです!

プラスナノHQは、4%という高濃度なハイドロキノンだけでなく、見た目を整える「レスベラトロール」や「アスタキサンチン」も配合。「ビタミンA・C・E」も入っているため、シミのポイントに集中してアプローチをしてくれるクリームになっています。

2.ポイント・効果

4%の高濃度

4%という高濃度なハイドロキノン配合率によって、コンシーラーのいらない素肌も夢ではありません!

ナノカプセル化

ハイドロキノンをナノカプセル化したことにより、肌の奥深くのメラニン色素まで高濃度でのアプローチを期待できます。

こだわり抜かれた配合

整肌成分「レスベラトロール」「ビタミンA(パルミチン酸レチノール)」「ビタミンC(アスコルビン酸)」「ビタミンE(酢酸トコフェロール)」、抗酸化成分「アスタキサンチン」の配合によって、ハイドロキノンの効果を安定的なものに。

面で攻める

レモン26個分のピュアビタミンC(L-アスコルビン酸)が濃縮され、角質層まで浸透する美容液「プラスピュアVC25」が、面でハイドロキノンの作用をサポートします。

3.価格

【透肌美活お試しセット】
(プラスナノHQ+プラスピュアVC25ミニ)
通常販売価格:5,400円(税込)
➡キャンペーン価格〈60%OFF〉:2,160円(税込)

【透肌美活本格ケアセット】
(プラスナノHQ2本+プラスピュアVC25ミニ)
通常販売価格:8,640円(税込)
➡キャンペーン価格〈54%OFF〉:3,980円(税込)

4.おすすめレベル

★★★★☆

プラスナノHQ(ハイドロキノンクリーム)の口コミ

【薄くなりました!】

投稿者:ランくんさん
おすすめレベル:★★★★★

使う前は目元に大きな濃いシミが目立っていましたが、使い始めて一ヶ月程たった頃、だんだん薄くなり、コンシーラーでも隠しきれなかったシミが、今では目立たなくなりました。オススメです!

出典:プラスキレイ

【無いと不安】

投稿者:アキさん
おすすめレベル:★★★★

最初は肌が少しピリピリする感じだったのですが、使い始めてから肌トーンが明るくなったような気がします。なのでリピート購入しました。ハイドロキノンのクリームとダブル使いしています。

出典:プラスキレイ

【効いてます】

投稿者:たかさん
おすすめレベル:★★★★☆

半信半疑で購入、使い始めて二週間。基本は夜のみ一回、曇りや雨の日はしっかり日焼け止めを塗って朝も使います。シミが少しずつ薄くなってます。購入前は消えたという方の口コミも疑ってましたが‥セット購入だったのでまだ1本あるのでセッセと塗りこみたいと思います♪

出典:プラスキレイ

ハイドロキノンクリーム セット

通常価格 5,400円(税込)
キャンペーン価格〈60%OFF〉 2,160円(税込)
送料 無料
内容量 プラスナノHQ 5g
プラスピュアVC25ミニ 2mL
評価 ★★★★☆
ドラッグストア・薬局での取り扱い なし

プラスナノHQ公式サイト

Amazonで見る

楽天で見る

 

⑤オバジHQブライトニングナイトセラム

ハイドロキノン おすすめ オバジHQ

Photo by Obagi

1.特徴

スキンケアブランドとして高い信頼を得ているオバジから発売されている、夜用のハイドロキノン配合美容液が「オバジHQ ブライトニングナイトセラム」。ロート独自の安定・高密着技術により、従来は酸化しやすく長期保存が難しいハイドロキノンを安定的に配合し、肌にしっかり密着して浸透させます。

日中に紫外線によって傷ついた肌を、夜の間に集中的に修復するために、「ミクロコッカス溶解液」「ジオウ根エキス」保湿成分を配合したナイトコンセントレイション処方を採用しているのもポイントです。

2.ポイント・効果

安定型ハイドロキノン

安定的に化粧品に配合することが難しいハイドロキノンを、独自製法で安定的に配合しているので、成分が酸化しにくく長く使えるので無駄がありません。

夜だけ簡単お手入れ

朝のお手入れの必要がなく、夜のスキンケアの最後に気になる部分に塗るだけの簡単ケアが魅力です。

ナイトコンセントレイション処方

夜に集中的に肌を修復する処方により、朝の肌が生き生きとしてきます。

オバジHQブライトニングナイトセラム 効果

3.価格

通常価格:9,000円/10g

4.おすすめレベル

★★★★☆

通常価格 9,000円(税抜)
通販のキャンペーン価格 なし
内容量 ブライトニングナイトセラム 10g
評価 ★★★★☆
ドラッグストア・薬局での取り扱い あり
その他の店舗での取り扱い 百貨店・バラエティーショップなど

【公式サイト】

【Amazonで見る】

【楽天で見る】

 

⑥エピステームHQレーザークリア

ハイドロキノン エピステーム HQレーザークリア

Photo by episteme

1.特徴

ロート製薬のコスメブランド「エピステーム」から発売されている、夜用美容液です。百貨店などの専門店で扱われているコスメラインらしく、パッケージに高級感がありお値段も少々お高め。

製薬会社のコスメブランドだけに、医療機関で導入されている安定性の高い高品質のハイドロキノンが配合されています。伸縮性のあるストレッチポリマーを使用しているので、肌への密着度が高く成分がしっかり浸透して気になる部分をピンポイントにアプローチ。

2.ポイント・効果

多角的なアプローチ

ハイドロキノン以外にも美白に役立つ4種の成分を配合して、多角的にシミにアプローチします。

高密着パーム処方

ロート独自の製法で、まるでパックをしているかのように、肌に密着して成分を届けます。

ピンポイントケアに◎

夜のお手入れの最後に気になる部分にピンポイントで塗りこむだけ。

3.価格

通常価格:13,000円/12g

4.おすすめレベル

★★★★☆

通常価格 13,000円(税抜)
通販のキャンペーン価格 なし
内容量 HQレーザークリア 12g
評価 ★★★★☆
ドラッグストア・薬局での取り扱い なし
その他の店舗での取り扱い 百貨店など

【公式サイト】

【楽天で見る】

 

⑦サンソリット ホワイトHQクリーム

ハイドロキノン おすすめ サンソリット ホワイトHQクリーム

Photo by sunsorit

1.特徴

ケミカルピーリングのパイオニア・サンソリットから登場したハイドロキノン配合クリーム。全国多数のクリニックにて購入できますよ。(取扱クリニックを探す

毎日使えるマイルドな処方、だけれど効果にもこだわるサンソリット。伸びがよく、顔全体に馴染みよく使えることで人気を集めています!

2.ポイント・効果

ハイドロキノン4%配合

化粧品の中ではトップクラスの高濃度配合となっています。

美容成分16種配合

美白だけでなく、普段使いのスキンケアとしても効果を発揮!スクワラン、ホホバ種子油をはじめとする保湿力バツグンの美容成分で、ハリツヤのあるお肌が目指せます。

冷蔵不要の長持ち品質!

ハイドロキノンは不安定な成分。冷蔵庫に入れて、開けたらすぐ使って…と保管に手間がかかります。でも安定したサンソリットのホワイトHQクリームなら、普通の化粧品と同じ扱いでOK!これは楽チンです。

3.価格

通常価格:7,000円(税抜)

4.おすすめレベル

★★★★☆

サンソリット ホワイトHQクリームの口コミ

シミに効きそうな商品を色々試しているのですが、このクリームが私にはいまのところ一番効いてるようです。
日に日にシミが薄くなってきていると思えます!
もう少し使ってみて更に効果が実感できそうであれば、このままずーっと使い続けたいと思います!

出典:楽天

通常価格 7,000円(税抜)
通販のキャンペーン価格 なし
内容量 ホワイトHQクリーム 30g
評価 ★★★★☆
ドラッグストア・薬局での取り扱い なし
その他の店舗での取り扱い クリニックなど

【公式サイト】

【Amazonで見る】

【楽天で見る】

 

⑧ドクターセレスキン キノンクリーム(5%/10%)

ハイドロキノン おすすめ キノンクリーム

Photo by Dr.Celeskin

1.特徴

新型ハイドロキノンを5%、さらには10%も配合した超濃密クリーム!

新型ハイドロキノンとは、酸化しやすいハイドロキノンを変化しにくい構造にしたもの。長期保存・低刺激を実現させたハイドロキノンだから、ここまでの配合率が実現できました。

2.ポイント・効果

高配合・かつ大容量であるのがポイント!ハイドロキノンは変化しやすく、手のひらサイズのチューブなどが一般的です。ドクターセレスキンなら、45gとたっぷり入っていて便利&コスパ良し!

トレチノイン配合の「ノインゲル」とのセットもお得。トレチノインをプラスすることで、ハイドロキノンの効果が高まりますよ。

3.価格

キノンクリーム(5%):12,960円

キノンクリーム(10%):24,300円

ノインゲルセット:23,328円

4.おすすめレベル

★★★☆☆

ドクターセレスキン キノンクリームの口コミ

肌に合うか心配でしたが、私は問題なく、コスパも良いので気に入っています。
使い始めて2週間ほどですが、さすがクリニックのも製造しているだけのことはあるととても喜んでいます。

出典:公式サイト

通常価格 12,960円
内容量 45g
評価 ★★★☆☆
ドラッグストア・薬局での取り扱い なし

【公式サイト】

【Amazonで見る】

【楽天で見る】

 

⑨KISO ハイドロクリームSHQ(2〜10%)

ハイドロキノン おすすめ KISO

Photo by KISO

1.特徴

高品質・高配合・適正価格にこだわったKISOのハイドロキノンクリーム。安定性や低刺激性に優れています。

お肌を潤いベールで守る、「リピジュア」も配合で高保湿!

2.ポイント・効果

2%、5%、10%の3つが販売されています。容器がそれぞれの濃度にあった形をしているのも特徴的!

より低刺激な2%から始めて、徐々に配合率を上げていく段階づかいがおすすめされています。お肌に合えば、2%から5%、10%と上げていきましょう。

3.価格

ハイドロクリームSHQ(2%):1,284円

ハイドロクリームSHQ(5%):1,980円

ハイドロクリームSHQ(10%):2,480円

4.おすすめレベル

★★★☆☆

KISO ハイドロクリームSHQの口コミ

化粧のりが良くなってることに驚き!(保湿効果とかあるのかな?)
今まで肌が弱いことで何も出来なかったのに、強いとされるハイドロキノンをあっさり受け入れた私の肌に拍子抜けですが、それだけ優しい商品なのだと思います。
肝心なシミですが、薄いシミは確実に薄くなってきています。
濃い大きなシミは…変わったのかがまだよくわかりません。

出典:Amazon

価格 2%:1,284円
5%:1,980円
10%:2,480円
内容量 2%:30g
5%:10g
10%:10g
評価 ★★★☆☆
ドラッグストア・薬局での取り扱い なし

【公式サイト】

【Amazonで見る】

【楽天で見る】

 

⑩グリスター ホワイトラッシュ HQクリーム

ハイドロキノン おすすめ ホワイトラッシュ

Photo by WhiteRush

1.特徴

ハイドロキノン を5%配合した美容クリームです。

ハイドロキノンだけでなく、同じく美白成分である「α-アルブチン」や「ビタミンC誘導体」も配合。美白効果に期待大です!

ロフトやアインズ&トルペ、東急ハンズなどのバラエティショップで購入できるのも嬉しいですね。

2.ポイント・効果

お肌の衰えをケアするリンゴ幹細胞エキスを配合。保湿や美白だけでなく、ハリやうるおいケアまでできちゃいます。

保湿成分にはヒアルロン酸・コラーゲン・スクワランなどの豪華成分も!

3.価格

通常価格:2,400円

4.おすすめレベル

★★★☆☆

グリスター ホワイトラッシュ HQクリームの口コミ

一本使いきりました。
最初は半信半疑でしたが、両ほほのシミが確実に薄くなりました。2~3週間後、塗っているところが赤くなってきたので塗布間隔を調整しながら使用していました。それ以降気になるトラブル等はありません。2本目購入しました。

出典:Amazon

通常価格 2,400円
内容量 15g
評価 ★★★☆☆
ドラッグストア・薬局での取り扱い バラエティショップにて

【公式サイト】

【Amazonで見る】

 

もう一度ランキングを
振り返る

 

ハイドロキノンクリームの濃度比較

ハイドロキノンクリーム 濃度

ハイドロキノンは基本的に濃度が高くなるほど、漂白効果が高くなります。その分、肌への刺激が強くなり、副作用も深刻な症状が出やすいことも覚えておきましょう。

濃度別の効果や副作用について解説します。

ハイドロキノン配合濃度1~3%

濃度が低いため効果の表れ方も緩やかですが、肌が敏感な人や安全性を重視したい人、初めてハイドロキノンを使う人におすすめの濃度です。

市販のハイドロキノン入り化粧品の多くは、2%くらいの低濃度で刺激が少なく安全なものがほとんど。また、化粧品によっては、顔全体・背中やデコルテなど広範囲に使うことができるので、シミ予防として継続して使いやすいのもメリット。

ただし、肌が敏感な人や使用する部位によっては、赤みやかゆみが出たり、日焼け対策を怠るとシミやくすみが悪化しやすいなどの副作用があります。

ハイドロキノン配合濃度4~5%

市販のハイドロキノンクリームで高濃度にあたる配合率。

美容皮膚科で処方されるハイドロキノンクリームでは4~5%程度の濃度のものが多く、シミや傷跡のような濃い黒ずみ改善にも効果が期待できます。皮膚科で治療を行う場合は、短期間に効果を高めるためにトレチノイン治療と並行して処方される場合が多くなります。

即効性がある分、肌への刺激は若干強め。敏感肌の方や肌の弱い方が使うと赤みが出たり、ピリピリとした刺激を感じることがあるので、安全に使用するためには、使用前のパッチテストは必須です。

ハイドロキノン自体の刺激の強さに加えて、使用後に肌が敏感になることで二次的な副作用が起こりやすいので、保湿ケアや日焼け対策で肌をいつも以上に守ることが重要です。また、長期使用は白斑の原因にもなるので、自己判断で使用を続けるのは止めましょう。肌に異常が現れた時は、すぐに使用を中止して必ず皮膚科で医師の診断を受けて下さい。

ハイドロキノン配合濃度6%以上

基本的に医師の診断・処方のもとで使用する配合率。

高い漂白効果が期待できますが、最初からこちらの濃度を使うのは危険なので止めましょう。使用する場合は短期間に限り、医師の指導のもと、用法と容量をしっかり守って使うことが重要です。自己判断で使用を続けると、白斑のように取返しのつかない重度の副作用が起こる可能性があります。

また、ハイドロキノンの濃度が高い分、成分が不安定で酸化しやすいので、冷蔵庫で保管し、使用前にクリームの状態をチェックすることも大切です。酸化したハイドロキノンは、さらに刺激が強くなるので、使用開始後も引き続き注意が必要です。

好転反応と副作用は判断が難しい

ハイドロキノン 好転反応

好転反応とは、新しいことを試したときに、一時的に体の調子が悪くなったり何かしらの反応現象が出ることです。ハイドロキノンの場合は、使用後に肌の赤みやかゆみが出たり、シミが濃くなるなどが好転反応とされています。好転反応かどうかは、数日間で症状が治まって症状が”好転”するかどうかが判断基準の一つになっています。

ただ、これらは副作用である「アレルギー反応」にあたる可能性も高く、個人差も大きく影響するので非常に判断が難しいところ。ハイドロキノンにアレルギー反応があるかどうかは、使用前のパッチテストである程度わかるので、パッチテストを行っておくことはとても重要です。

また、パッチテストで反応が起こらなくても、ハイドロキノンを使い始めて患部に何らかの異常を感じたら、医療機関に相談することをおすすめします。自己判断で好転反応か副作用を見極めることは難しいですし、使用を続けて肌が傷ついてしまっては大変です。

大切な肌を守るためにも、異常を見過ごさないようにしましょう。

副作用を予防するためには

ハイドロキノン 副作用 予防

ハイドロキノンはスキンケア商品ではなく、あくまでも医薬部外品です。それだけ効果が期待できますので、用法と容量を守って使用するのが大前提です。その上で、副作用を予防するためには、肌への負担が少ない1~3%のハイドロキノン濃度のものから使い始めるようにしましょう。濃度が高いほど、肌への負担は大きくなり、副作用を発症するリスクも高まります。

ハイドロキノンを初めて使う場合は、皮膚科などでシミやくすみの状態、肌のタイプなどを診てもらった上で、ハイドロキノンを処方してもらうのがベストです。いくら濃度が低い市販品だからと言っても、ハイドロキノンに刺激があることに変わりはないからです。

また、シミが薄くなったら使用を止めることも大切。長期間の使用は白斑のリスクを高めるので、3か月使用したら1か月肌を休めるなど、連続使用は避けましょう。

さらに大切なのが、ハイドロキノンを使い始めてからのケアです。ハイドロキノン使用後は、紫外線対策を徹底しましょう。ハイドロキノンには「光毒性」があり、使用すると皮膚が日光に対して過敏になります。たとえ5分でも紫外線を浴びると、肌が赤く炎症を起こす可能性があるので、ハイドロキノンとUVケアはセットで行うことが必須。日中はもちろんですが、蛍光灯も紫外線を発するので夜間のハイドロキノンケアの後も、低刺激の日焼け止めを上からつけておくと安心です。

日焼け止め選びでは、PAやSPF値と併せて、紫外線吸収剤が入っているかどうかも確認したいポイントです。紫外線吸収剤は、紫外線を防ぐ力が強く白浮きしにくいことから、多くのジェルやローションタイプの日焼け止めに配合されています。ただ、肌への刺激が強く、化学変化を起こすと紫外線を防ぐ力が弱くなるなどのデメリットも。ハイドロキノンを使っている時は、ただでさえ肌への負担が大きいので、紫外線吸収剤でさらに刺激を与えてしまうのは避けた方がベター。

代表的な紫外線吸収剤としては、「t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン」「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」「オキシベンゾン-3」があります。これらの成分が配合されていないか、もしくは「紫外線吸収剤不使用」などの表示があるか確認して選ぶようにしましょう。

PAとSPFも数値が高くなるほど肌への負担は大きくなりますが、こちらはシチュエーションに合わせて選ぶことが大切です。普段の生活であれば、SPF15~20、PA++くらいでOKです。長時間の外出やアウトドアでのアクティビティをする時は、SPF50でPA++++の高いUV効果があるものを選びましょう。いずれも汗などで落ちてしまうと効果がないので、こまめに塗り直すことも忘れずに。

 

ハイドロキノンの使い方(塗り方)Q&A

ハイドロキノンクリーム 塗り方 疑問

顔全体に塗ってもいいの?

シミがあるところにだけピンポイントで塗りましょう。広い部分に塗ると、白斑が出来て、肌色がまだらになってしまう恐れがあります。

化粧前でも塗ることは可能?

ハイドロキノンクリームを塗った後に、メイクをすることは可能です。

ハイドロキノンをつけた後は、肌が紫外線に対して敏感になっているので、日焼け止めは必須。化粧下地やファンデーションもUV対策ができるタイプなら、より安心です。ハイドロキノンをつけて素肌でいる方が、むしろ危険なので、日中はメイクで肌をカバーすることをおすすめします。

ただし、朝の忙しい時間も、ハイドロキノンがシミからはみ出さないように、丁寧に塗るよう注意が必要です。面倒だからと顔全体につけるのは、白斑の原因になるのでとても危険です。

生理中でも使用できる?

生理中でもハイドロキノンクリームは使うことができます。ただし、生理中はホルモンバランスの変化でニキビができやすくなるなど、肌トラブルを起こしやすいので肌の状態を見ながら使用することが大切です。

肌トラブルが起きている時は、ハイドロキノンの使用は一旦中止した方が安心です。

おすすめの頻度は?

1日2回朝晩に、肌が清潔な状態の時に塗りましょう。

肌を休める期間は必要?

シミが薄くなったら、使用を中止するのが基本です。使用を続ける場合は、皮膚科に相談した上でハイドロキノンの濃度や使用期間を決めることが大切です。特にハイドロキノンの濃度が5%以上のクリームは、副作用も大きいので自己判断で使用を続けるのは止めましょう。

効果が高まりやすいタイミングは?

女性ホルモンのバランスが乱れると、肌のコンディションが悪くなりシミも増えてしまいがちですが、これにはきちんとした理由があります。生理の終わりから排卵日までに多く分泌される、女性ホルモンのプロゲステロンが刺激されてメラニンを増加させるからです。

なので、プロゲステロンが多く分泌される期間にあわせてハイドロキノンを使用するのも効果的に良いと言われています。

 

【美白比較】従来の美白成分とハイドロキノン

ハイドロキノン 美白成分

現在、美白成分としては断トツの効果を誇ると言われるハイドロキノンですが、他の美白成分とどのような違いがあるのでしょうか?

まずは代表的な美白成分の特徴と効果を確認し、その上でハイドロキノンとどう違うのかを見ていきましょう。

メラニン抑制 抗炎症 ターンオーバー 還元作用*
ハイドロキノン ✖️ ✖️
ビタミンC誘導体 ✖️
トラネキサム酸 ✖️ ✖️ ✖️
リノール酸S ✖️
アルブチン ✖️ ✖️ ✖️
プラセンタ ✖️ ✖️
コウジ酸 ✖️ ✖️
アスコルビン酸 ✖️
ニコチン酸アミド ✖️ ✖️ ✖️

*還元作用:すでに色素沈着しているメラニンを還元し、薄くすること

 

ビタミンC誘導体

美容効果は高いものの、酸化しやすく、肌への浸透力が低いビタミンCを誘導体化した成分で、肌の内部にビタミンCの効果を安定して届けることができます。ビタミンCはメラニンを還元する作用や抗酸化作用もあるので、シミの元になる活性酸素を抑制してメラニンを抑制して、美白に導きます。

また、コラーゲンの生成を促す働きもあるので、肌の保湿力がアップしてターンオーバーが促された結果、メラニンが押し出されてシミ改善につながることも期待できるでしょう。

 

リノール酸

リノール酸は体内で作るのことできない必須脂肪酸の一つで、美容効果としては保湿や抗炎症作用などがあります。一方、美白効果が期待できるのはリノール酸Sで、有効美白成分として厚生労働省にも認めらています。リノール酸由来の成分で、肌の表面にとどまってシミに働きかけます。

リノール酸Sはメラニンを黒色化するチロシナーゼを分解する働きがあり、肝斑やできてしまったシミの改善にも効果が期待できます。

アルブチン

美白の有効成分として厚生労働省に認可され以来、90年代からは大手化粧品会社の美白コスメラインに配合されてきた美白の先駆けとも言える成分です。コケモモやリンゴなどに含まれる天然由来の成分で、肌にも優しいのが魅力です。メラニンを活性化させる、チロシンとチロシナーゼの結合を阻害して、メラニンが黒くなるのを予防します。

実は、ハイドロキノンとは姉妹のような関係にあり、肌に入るとハイドロキノンと同じ働きをすることから、ハイドロキノンよりも肌に優しく美白効果が高い成分として根強い人気があるようです。

プラセンタエキス

古くから若返りの秘薬として珍重されてきたプラセンタエキスには、美容や健康に役立つ様々な効果が期待できます。美白効果としてはメラニンを活性化させるチロシナーゼを阻害する働きが代表的ですが、その他にも肌の代謝を促して肌細胞を活性化させることで、既にできてしまったメラニンを押し出して、結果的にシミやくすみの改善も期待できます。

また、プラセンタの成長因子には、コラーゲンやエラスチンなどの生成を促す働きもあるので、肌の基盤が整ってシミができにくくなることも期待できます。

コウジ酸

もともと杜氏の手が白いことから、その美白効果が研究されてきたコウジ酸。厚生労働省に美白成分として認可されて以来、皮膚科でもコウジ酸クリームとして処方される成分です。

コウジ酸の美白効果は、二つ。一つ目はメラニンを生成する酵素を抑制しする働きで、シミの改善が期待できます。二つ目は、黄ぐすみを防ぐ働きです。

黄ぐすみの原因は、タンパク質と糖質が結びついたAGEs(エイジス)が焦げたように色づいてしまうことですが、コウジ酸は抗糖化作用がありAGEsの生成を抑えてくれます。

エラグ酸

プランスで発見されたポリフェノールの一種で、日本では美白成分として厚生労働省に認可されています。エラグ酸はメラニンを活性化させるチロシナーゼの働きを抑制する働きがあることに加えて、ポリフェノールの高い抗酸化作用があることもポイント。

メラニンは活性酸素が増えることでも活性化してしまうので、エラグ酸によって活性酸素が除去されるのは美白にもつながります。

アスコルビン酸

進化型ビタミンC誘導体で、水溶性と油溶性の両者の性質を併せ持ちます。APPS(アプレシエ)と呼ばれ、従来のビタミンC誘導体の100倍とも言われる浸透力を誇り、シミやくすみの改善が期待できます。

現在のところ、原材料が高いため化粧品に高配合するのが難しいことや、安定性が低く劣化しやすいなどのデメリットも。

ニコチン酸アミド

近年注目をされている成分の一つで、「ナイアシンアミド」「ビタミンB3」と呼ばれることもあります。ニコチン酸アミドにはメラニンの生成を抑制する働きがありますが、他の成分と決定的に違うのがメラニン色素が表面化するのを抑える働きです。

メラニン色素はメラソームというカプセル状の細胞内で作られて、肌の表面のケラチノサイトに引き渡されますが、ニコチン酸アミドはこの過程を阻害する働きがあり、メラニンが表面化するのを抑制してくれます。

ハイドロキノンが他の美白成分よりも優れているところ

ハイドロキノン 効果 優位性

ハイドロキノンが他の美白成分と違うのは、その還元作用の高さにあります。そのため、すでにできてしまったシミの改善にも期待ができる点で、他の美白成分よりも効果が高いと言われています。

ハイドロキノンには2つの美白作用があり、一つは他の美白成分の働きにもある、メラニンの活性化を促すチロシナーゼの働きを阻害することです。もう一つは、メラニンを生み出すメラノサイト自体を減少させる働きです。

紫外線を浴びた期間が長いほどメラノサイトは増える傾向があり、また加齢が進むとメラノサイトが誤作動を起こしてメラニンを作り続けてしまいやすくなるので、メラノサイトそのものをを少なくできるのはハイドロキノンの大きなメリットです。

 

美白効果重視!市販のハイドロキノンの選び方は「浸透性」で!

ハイドロキノン 市販

市販のハイドロキノンは配合料2%ほどのものが多く、皮膚科で処方される薬と比較して低い設定になっています。海外で市販されているハイドロキノンを配合した化粧品は5~10%が主流なのに、なぜ日本では低い配合率なのか。

それは、厚生労働省が推奨する推奨値が2%以下だからです。ですが、当然2%以上のハイドロキノン商品もあります。高い効果を早く実感したい人ほど、高濃度な4%に近い商品を選ぶと良いでしょう。

 

ただし!

いくら濃度が高くても、ハイドロキノン成分が肌の奥まで浸透しなければ、ただ肌を刺激するだけ。安全性・効果性に着目したいのであれば、浸透性を重視してください。ハイドロキノン化粧品選びの基本として、まず2%のものから試してみましょう。高濃度のハイドロキノンは肌への負担が多く、肌質によってはシミや色素沈着を増やしてしまう危険性があるからです。低い濃度から徐々に濃度を上げることをおすすめします。

 

ハイドロキノン誘導体とは

ハイドロキノン配合商品だ!と思って買ったのに、ハイドロキノンが配合されていないということがあります。その勘違いの元になるのが、「ハイドロキノン誘導体」。

これは別の成分だと思っておかなくてはいけません。またの名を、「α-アルブチン」と言います。

α-アルブチンも有名な美白成分で、ハイドロキノンにブドウ糖を結合させて作られます。ハイドロキノンほどの還元効果は見込めませんが、メラニンの生成を抑えるため、美白アイテムとしては効果が期待できますよ。

【日本の病院ではハイドロキノンをどのように取り扱っていますか?】

『現在、さまざまな病院の皮膚科が、『院内製剤』としてハイドロキノンのクリームを調合しています。

日本においてハイドロキノンそのものは、実は効能効果をうたえる『医薬品』としての扱いではなく、あくまで『医薬品添加物成分』として収載(ヒドロキノンとして掲載)されていますので、詳細な使用方法や保管方法は病院によって異なり、あくまで病院の責任の下に使用・調合されています。

濃さはハイドロキノンが1~5%になるように、ベースのペースト(白色ワセリン、プラスチベース、精製ラノリンなど)、少量の副腎皮質ステロイドホルモンやアスコルビン酸などと一緒に病院内で混合されています。また、病院によって配合されているアスコルビン酸の量が大きく異なっていること、配合していない病院もあることなどが特徴的です。

調合の際は、薬剤師の被曝を避けるために、マスクやグローブ、保護眼鏡の着用などが推奨されています。使用期間は3か月から1年と、病院によって異なりますが、多くがアスコルビン酸を加えて変色を防ぎ、安定性を保とうとしていることが伺えます。』

【アメリカではハイドロキノンはどのように取り扱われていますか?】

『アメリカにおいてはハイドロキノンが4%含まれているTRI-LUMA™ Creamという商品が、処方箋が必要な『医薬品』として取り扱われています。この製品の中にはさらにビタミンAの誘導体『トレチノイン』や副腎皮質ステロイドホルモン『フルオシノロンアセトニド』も含有され、シミの治療に使用されています。

市販薬レベルでもハイドロキノンが含有されているものが多くあり、濃さはやはり多くても4%に調整されています。』

【アメリカ以外でのヒドロキノンの扱いはどのようになっていますか?】

『メキシコ、ポルトガルにて製品がいくつか承認を受けています。おおむね最大4%で調整されています。』

 

EU:『Pigmentasa』ポルトガルにて承認された、ハイドロキノン4%のクリーム

メキシコ:『CLEAR CREMA ACLARADORA』『HIDROQUIN』など、比較的多くの製品がある

イギリス:The electronic Medicines Compendiumの検索結果なし

フランス:ANSMの検索結果なし

フィンランド:Laakelaitos Lakemedelsverket National Agency for Medicinesの検索結果なし

オランダ:Repertoriumの検索結果なし

【ハイドロキノンの副作用に関してどのように捉えていますか?】

『ハイドロキノンの副作用についてですが、こちらは日本医薬品添加剤協会が専門的に詳しく述べています。』

危険有害性の要約
ヒトへの影響として、経口摂取では急性影響として頭痛、めまい、嘔吐、呼吸困難、チアノーゼ、昏睡等がみられ、3-12 g で死亡がみられる。また高濃度の暴露で眼への刺激性や傷害性、皮膚への適用で皮膚炎やアレルギー反応がみられ、皮膚への長期適用で組織褐色症や白斑が報告されている。実験動物でも眼、皮膚への刺激性と感作性が報告されているほか、中枢神経系、前胃、肝臓、腎臓、骨髄、脾臓への影響が報告されている。変異原性・遺伝毒性についてはin vitro、in vivo で陽性が多く報告されている。発がん性については実験動物ではラットで腎細胞腺腫、単核球性白血病、マウスで肝細胞腺腫/癌の有意な増加がみられているが、ヒトでは発がん性との関連が報告されておらず、IARC はグループ3に分類している。

 出典:日本医薬品添加剤協会

【ハイドロキノンの将来的な規制に関してどう考えていますか?】

『現在、日本においては医薬品添加物ですが、本来、添加物は薬効薬理作用がなく、効能効果はないものだと定義されています。ハイドロキノンは実質、多くの病院にて院内製剤ではありますが有効成分として取り扱われていますし、アメリカでは医薬品として取り扱われています。

グレーゾーンであることは確かですので、医薬品の有効成分としてのランクアップするか、他国に追随して規制を厳しくするか、が今後問われてくることだと思います。』

 

ハイドロキノンクリームとトレチノインの併用

ハイドロキノン トレチノイン 併用

よくハイドロキノンととも「トレチノイン」という言葉を耳にするかと思います。トレチノインとは、ニキビやシミなどの治療に効果的な成分のことで、アメリカではFDA(日本でいう厚生労働省のような公的機関)にニキビ・シミの治療薬として認可が降りています。

ハイドロキノンと併用されることが多く、トレチノイン自体に美白(漂白)作用はありませんが、ビタミンA(レチノール)の誘導体で、強力な代謝作用(ターンオーバー)があります。その効果はビタミンAの50~100倍ほどと言われています。

そのため、表皮の深い層にあるメラニン色素を徐々に表面に押し出す働きを期待できます。加齢によるシミの原因にはターンオーバーの停滞が関係しているので、トレチノイン治療を行うとメラニン色素の排出が促され、シミが改善しやすくなるというわけですね。ハイドロキノンは皮膚の漂白剤と例えられますが、トレチノインも同様に皮膚の若返り薬と呼ばれ、それだけ強い効果を持っていると認められています。

もともとアメリカではニキビの治療薬としてトレチノインは使われていましたが、その働きからシミやシワの改善効果も注目されるようになったのだそう。

すでに表皮の奥で作られたメラニン色素の排出をトレチノインで促進し、新たなメラニン色素の生成をハイドロキノンで抑制することは、シミの治療・予防どちらにも有効。また、トレチノインがターンオーバーを促してメラニン色素を表面に押し上げれば、ハイドロキノンがよりメラニン色素に届きやすくなります。

それぞれの作用で相乗的に美白へアプローチできるため、皮膚科医もハイドロキノンとトレチノインの併用を推奨しているんです。

ハイドロキノンクリームとトレチノインの併用方法|フェイスケア

ハイドロキノン トレチノイン 使い方

ハイドロキノンクリームとトレチノインを併用し、美白効果を確実に出すためには、使い方に注意が必要です。正しい手順で使うことで、効果が現れやすくなります。

1.クレンジング&洗顔

メイクや皮脂、古くなった角質などの汚れを落して肌を清潔にします。

2.保水&保湿

化粧水と保湿剤で、しっかり保水と保湿をして肌の状態を整えます。

3.トレチノインの塗布

少量のトレチノインを、シミからはみ出さないように薄く塗布します。小さい部分は綿棒を使うと便利ですね。

4.ハイドロキノンの塗布

トレチノインが乾いてから、シミの部分より少し広めにハイドロキノンを塗布します。

 

この手順で朝晩2回くり返します。個人差はありますが、早い人であれば2週間ほどで美白効果を実感できるよう。一般的な目安は1~3か月ほどですね。大多数のシミは、表皮の奥深くまでメラニン色素が沈着してしまっているので、徐々にシミを肌の表面に押し上げて、薄くしながら取り除くというイメージを持っておきましょう。

ケアの後はトレチノインとハイドロキノンで肌が敏感になっているため、外出するのであれば日焼け止めを塗ったりして必ず紫外線対策を忘れないように!

 

美容ライター実践のハイドロキノン裏ワザ

美容ライター おすすめの使い方 ハイドロキノン

乳首の黒ずみを美白する方法をお伝えしましたが、ここでひとつ、美容ライターが実践している、とっておきの裏ワザをご紹介しましょう。

上記では、一回のお手入れの中でトレチノインとハイドロキノンを併用しましたが、これを分けるのです。

目安は5日。つまり、最初5日間はトレチノインのみ。 塗りっぱなしで朝まで放置します。乳首にコットンを当ててからブラジャーをするのがいいでしょう。朝、必ず洗い流すか優しく拭いてください。角質がぽろぽろと剥けた ように落ちてきますが、気にせず、優しく取り除きましょう。万一ヒリヒリと痛みを伴ってきた場合には、使用を止めるか、塗る量を少なくして様子を見てくだ さい。

そして、次の5日間はハイドロキノンのみ使います。ハイドロキノンもやはり同じように、夜塗って、コットンを当てた上からブラジャーをし、朝までそのままにします。そして朝、洗い流すか優しく拭き取ってください。人によってはハイドロキノンの3日目あたりでもう効果を実感できるかも!

 

皮膚科に聞いた!市販でハイドロキノンを買う時に注意する3つのポイント

ハイドロキノン 市販 注意

市販(薬局・ドラッグストア・通販など)でハイドロキノン配合の化粧品を買う場合は、以下のポイントに注意しましょう。

市販でのポイント①ハイドロキノンが配合されている商品を選ぶ!

ハイドロキノンを含んだ化粧品の数は、あまり多くありません。「美白美容液」「美白化粧水」「美白化粧品」「美白剤」「シミ消しクリーム」「美白成分配合」「美白用」なんて商品紹介されていても、ハイドロキノンが含まれていないことがあります。

ハイドロキノンが配合されているかどうかは、まず商品名から判断しましょう。商品名に「ハイドロキノン」もしくは「HQ」と書いてあれば、それはハイドロキノンが配合されているはず。商品名から判断できなかった場合は、配合成分の欄から「ハイドロキノン」の文字を探してみましょう。

市販でのポイント②ハイドロキノン配合率を確認!

市販のハイドロキノン化粧品を選ぶ際は、まずはその配合率を確認してみてください。

市販の商品だとだいたいが2%以下の配合率になっています。高い効果を早く実感したい場合は、4%程度の高濃度なものがおすすめです。

ただし、ハイドロキノンは高い美白効果ゆえに刺激が強い成分なので、使用する前は必ずパッチテストを行い、肌が弱い人は医師に相談した上で利用した方が良いでしょう。

市販でのポイント③処方される場合との値段を比較!

ハイドロキノンは美白にとても有効な成分です。そのため、値段も高額。ハイドロキノンの配合率が高いほど値段は上がっていき、10~20gで6,000円が相場です。

「内容量の割に値段が高くてちょっと……」と感じる方は、通販の値引きキャンペーンや病院の処方を利用しましょう。最近の通販では、50~70%もの割引キャンペーンが多く、うまく利用すれば通常価格の1/3で購入できます。病院の処方薬であれば市販価格のおよそ半分の値段で手に入ります。もちろん、診察代は別途でかかりますが、ドラッグストアや薬局で購入するよりは安価ですね。

 

春に向けて肌をブライトアップ

ハイドロキノン ホワイトケア

市販の高濃度なハイドロキノンクリームやトレチノインについてを紹介しましたが、使用する場合はパッチテストをし、乾燥肌・敏感肌・混合肌・普通肌など、自分の肌質を確かめてから使用することをおすすめします。

シミやそばかすは、女性の大きな悩みの一つ。いつまでも若々しい肌をキープするために、専用化粧品としてハイドロキノンとトレチノインを使ったケアを試してみてはいかがでしょう。

 

 

※ハイドロキノンやトレチノイン配合商品の効果には、個人差があります。

※本記事内にある口コミは個人の感想であることをご理解ください。商品の効果・効能を示すわけではありません。

※編集部の体験談も、使用者個人による感想です。商品の効果・効能を示すわけではありません。

ANGIE編集部
ページの先頭へ