仕事

2016.10.25 UP

部下とのコミュニケーションをうまくいかせるコツとは?

LINEで送る
Share on Facebook

気苦労が多いと言われる管理職の仕事。ANGIE世代のみなさんの中には初めて部下を持つことになって、部下との接し方に戸惑っているという方も多いと思います。

年の離れた部下ともなるとジェネレーションギャップもあり、なかなかスムーズに意思疎通ができないことも。

部下とうまくやっているかどうかは、マネージメント能力やコミュニケーション能力があるかどうかという自分の評価にもつながります。部下とのコミュニケーションに悩んでいる方は、これからご紹介するいくつかのポイントに注意してみてください。

 

頑張りをきちんと評価する

自分が頑張っていることを、きちんと見てくれている上司がいるというのは嬉しいものです。仕事なんだからできて当たり前と思わずに、部下が仕事で成果を上げたときはきちんと評価して褒めるようにしましょう。

どんな小さなことでも、「素早く対応してくれてありがとう。」、「助かったよ!」と感謝の気持ちを伝えるようにしてみてください。褒められて嬉しくない人はいませんから、ちょっと大げさかなと思うくらいで構いません。

上司に評価されれば、仕事も楽しくなりやりがいも感じられるようになります。部下のモチベーションを上げるのも上司の仕事の一つです。

 

気にかけているということを伝える

コミュニケーションの少ない職場ほど、離職率が高いと言われています。職場での会話が楽しいと、職場の雰囲気も良くなり仕事もスムーズに進みやすくなるものです。普段は自分から話しかけるのが苦手という方も、会話はなるべく上司から話しかけるようにしましょう。

ほとんどの部下は、上司に対して遠慮しているものです。忙しいのではないか、話しかけたら迷惑なのではないか……。話しかけるとはいっても長々と世間話をする必要はないので、挨拶程度で十分です。

「最近忙しそうだけど大丈夫?」、「何か困ってることはない?」など気軽に一言かけるだけでも、部下は気にかけてもらっていると感じられ、何かあったときに相談しやすい雰囲気が出来上がります。

 

部下とのコミュニケーションのためにしておきたいこと

タスクとして時間を確保しておく

月に一度は部下と一対一で面と向かって話をする時間を確保するようにしましょう。普段は上司に遠慮をしている人にとっては、聞きたいことや伝えたいことが話せる機会があるととても助かります。

ランチや飲み会を有効に活用する

仲の良い関係なら一緒にランチに行ったり、飲みに行くのも良いと思います。職場を出ると普段とは違った話題のコミュニケーションもとりやすくなります。個人的な興味や性格を知れば仕事に活かせることもあるかもしれません。

しかし特に若い世代の部下は一人の時間やプライベートの時間を大切にする人も多いので、あくまで部下のプライベートを尊重するようにしましょう。

仕事のゴールや予定を共有する

できる限り仕事のゴールやプロセスを見える化して、部下と共有するようにしましょう。自分の仕事が何のためにどう役立つのか理解しているのと理解しないでいるのとでは、仕事へのモチベーションが全然違ってきます。

 

部下とのコミュニケーションで仕事の効率もアップ

部下とのコミュニケーションは、人間関係をスムーズにするためだけでなく、仕事をうまく回すためにも役立ちます。

普段からコミュニケーションをとるように心がけていれば、仕事のトラブルや問題点にも早く気づき対応しやすくなります。部下の悩みや不満を早いうちにキャッチできれば職場の環境改善ができるので離職を防ぐこともできます。

苦手意識がある人も、部下とのコミュニケーションを積極的にとるよう意識してみてください。

nana
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ