仕事

2016.10.11 UP

【全力女子】仕事で成功したいなら、思いっきり遊ぶべし!その理由って?

LINEで送る
Share on Facebook


私の周りでキラキラしている起業家の友人がいるのですが、彼女を見ていると「毎週毎週、よく人と会ってるよなぁ……」と感じます。寝ることでエネルギーチャージする私と違い、彼女は「人と会って食事したり、遊んだりするのがストレス発散」になるんだそう。

世の中には「よく遊ぶ人ほど成功する」なんてジンクスもありますよね。全力で仕事をして、全力で遊ぶことが成功の秘訣なのかもしれません。その理由について今回はふれてみます。

 

「遊び人」が成功する理由1:感性が養われる

遊ぶ、というと「外に出て、人と会っている」状況が多いですよね。外に出ることは、書籍を読んだり、勉強したりすることでは身に付かない特別な感性を磨くことにつながります。

また「今、こんなものが流行っているのか」「この街ってこんな感じなんだ」「こういう人っているんだね」など、時代や人を感じることで世の中の変化を受け入れ、対応する柔軟さが身に付くメリットも。

こうしたスキルを養うことで、身のまわりに起きる急激な変化に翻弄されることなく、自分のペースを守ることができるのです。

 

「遊び人」が成功する理由2:遊びが仕事のエンジンになっている

みなさんの中に、遊ぶことに罪悪感を持つ人はいませんか? 私はまさにそのタイプ。遊びにいけるほど仕事してないし、遊びにいったら仕事に支障をきたしちゃうかも……なんて不安を抱いてしまうことも少なくありません。

一方、全力で遊びを楽しむ遊び人は「もっと遊びたいから、もっと仕事をがんばろう!」という思考回路です。「遊びたい!」という強い欲求が、そのまま仕事のやる気に直結しています。このシンプルで豪快な考え方、ちょっとうらやましいですよね。

 

「遊び人」が成功する理由3:遊び友だちがクライアントになるかも

遊び人には、飲み友だちや遊び友だちがたくさんいます。そして、彼らがそのままクライアントになることも少なくありません。

初対面で突然「仕事をください!」といわれても「あなた誰?」「信用できない」と警戒されてしまいますよね。でも遊び仲間の関係からスタートすれば、人となりをある程度理解しているため、「こういう仕事があるんだけどさ……」と、向こうから声をかけてもらいやすいようです。

遊んでいるつもりが、「いつの間にか仕事が増えていた!」なんて一石二鳥の状態になることも、遊び人にとっては珍しくないようですね。

 

「遊び人」というと語弊があるかもしれませんが、「しっかり仕事をしたら、しっかり遊ぶ」人ととらえてみましょう。「遊ぶのも仕事のうち!」とわりきってライフスタイルを真似てみれば、新たな変化を感じることができるかもしれませんね!

すだ あゆみ
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ