恋愛

2014.02.18 UP

【特集・第4回】セックスも極めればミント味!性豪たちのセックスやっぱ凄かった!

LINEで送る
Share on Facebook

taira

セックスレス特集にありながら、今回考察するのは、セックスレスと対極にある人たち「性豪」の方々についてです。

バリ島で一夫多妻を実現し、さらに複数の恋人を持つという藤田隆志さんという方がいます。テレビにも出演されたことがあるので、ご存知の方もいると思います。

 

以前、私は、藤田さんご本人にお会いする機会に恵まれました。興味津々にお話をうかがいましたが、あまりの性豪っぷりにある意味、爽やかささえ感じた次第です。

南国の晴れわたる空の下、語られる、達観したセックス観と女性観。「それ、バリ島でする話じゃないでしょ!」とお思いでしょうが、セックスも極めれば、隠避な感じはしないもの。

 

実は以前から叶恭子さんのセックス話には暗さがないと思っていましたが、それに通じる感覚。むしろミントの香りさえ漂ってくるような爽やかさです。レモンスカッシュが似合います。

 

「性豪」は1日にして成らず

叶恭子さんのメンズたちとの濃厚なセックスは、著書『トリオリズム』の中でも赤裸々に語られています。挿入後、微動だにしないメンズを昇天させることができるなど、類稀なる秘儀を持つことで有名です。こうしたセックス話って、エロいというより、ちょっと世離れしずぎていて、おもしろささえ感じませんか。

藤田さんも然り。「10分で、20回も女性を満足させる」マルチオーガズムという特殊技術をお持ちだそう。スポーツの新記録を語るような語り口に、私は単純におもしろくて笑ってしまいました。失礼しました。

 

藤田さんいわく、いかに相手を満足させるかがポイントなのだとか。だから自分の気持ちよさは二の次なんですって。叶恭子さんも、セックスの相手を昇天させることに注力しています。

性豪というと、セックスしたくてしょうがない、自分の気持ちよさだけを優先させる人というイメージでしたが、相手の気持ちよさを追求するとは意外です。

 

「気持ちよくしてよ!」って望むばかりではダメだった

セックスって、自分が気持ちよくなれないと、ちょっとイラっとしたりしませんか。折角時間を割いたのに、コレかよ、みたいな。気持ちよくして欲しいと相手に求めてしまう。

でも性豪たちは、相手を気持ちよくさせることが、セックスの最大目的とばかりに語っています。たしかに、相手を楽しくしてあげられなければ、互いに「気持ちの良いセックス」は得られないのかもしれません。

 

もしセックスレスに悩んでいるのなら、まずは自分のセックスを振り返ってみてください。自分の気持ち良さばかりを求めていませんか? だから気持ち良くないセックスが続いたり、パートナーとのセックスに刺激が薄れると、セックスを面倒と思ってしまう。

 

セックスレスの人たちの言い分に、「セックスがなくても、パートナーへの愛は変わらない」とか「セックスだけが愛情表現ではない!」とかありますよね。さらに「セックスは疲れるから、お互いに自慰行為で満足」なんて人もいます。それは本当の愛なのでしょうか。もし愛があれば、パートナーが望んだときに、応じてあげたくなるのでは?

 

でも実際には「セックスなんかしなくても、愛し合っているから良いじゃない」と正論よろしく、真正面からそう言うことで、相手が言い返せないような状況に、追い込んでしまっているのでは……。

 

いつもそんなこと(セックス)ばかりしていていいのか? いいのかも!

ある女性タレントが、叶恭子さんに「メンズとは、いつもそんなこと(セックス)ばかりしているんですか?」と訊ねたことがあります。そうすると、叶さんは、「他に何かすることあるんですか?」と逆に訊きかえし、タレントさんは絶句されていました。

たしか、女性タレントは「セックスが全てじゃない」とか反論して、その通りだと私も思ったなあ。

 

しかし最近のセックスレスカップルは、単に言い訳に使っているとも感じます。「セックスが全てじゃない」ってね。

性豪を自慢する人を、下品だと私たちはバカにしたりするけれど、セックスを日常の習慣として埋没させない彼らを、本当にバカにできるでしょうか。

セックスレスは成熟社会の象徴として扱われることもあります。でも、決してセックスレスが高等なわけではないですよね。シンプルですが「セックスをバカにしないって」大事なことかもしれません。

 

セックスをバカにする者は、セックスに泣く」という諺もあったでしょう、たしか。

 

Photo by Pinterest

平 理以子

平 理以子

バリ島在住フリーライター/コラムニスト

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ