恋愛

2014.02.10 UP

マザー・テレサもやっていた「男に長く愛されるために必要な事」

LINEで送る
Share on Facebook

gf01a201307232100

ひとりの運命の男に長く愛されること、これってどの世代の女史にとっても永遠のテーマではないでしょうか。

実はこのお題がANGIE編集部から届き、全く見通しもないままに仕事ほしさに飛びついた筆者ですが、改めて考えてみると、深すぎるんですよテーマが。

でも深く哲学するよりも、「はよ答え、教えんかい」と思っている読者の方は多いと思うので、私なりにわかりやすい回答はないもんか、と考えてみました。そして行き着いたのが、こちら。

たった3つの秘訣さえ覚えておけば、男はほぼ間違いなくあなたを愛し続けます。

 

この3つだけやっとけばOK。でもプラスαもいるんだけどね。

これから紹介する「3上手」は非常にシンプルなもの。でも全てを実践してる人は少ないのでは。みなさんはいかがですか。

料理上手
まずは腹を満たせってことです。

男性に限らず、空腹は精神状態にも影響します。お腹がすいているときに、難しいこと言われても「わからん(怒)」となる。逆に喧嘩していたのに、おいしい手料理を振舞われたら、気持ちが和む。単純ですが、これは事実です。

実際、私の友人の男性は、「もう離婚してやる!」くらいの大喧嘩のあとにおいしい夕食をだされて、離婚を踏みとどまったといいます。

もちろんマズイ食事じゃだめです。火に油を注いで、緊急事態になりかねません。

 

聞き上手
次は心を満たしてあげてください。

とはいえ、女性はおしゃべり好きなので、このハードルは高いです。こっちもしゃべりたいですもんね。

でも公にされていないだけで、男性だって女性に負けず劣らずおしゃべり大好きなのです。公にできないぶん、会社では言いたいことも黙っているという男性は多いもの。心を許すことができるあなたにしか、しゃべりたい願望を向けられないのです。

ちなみに、意見は求められていないので、とにかく「聞く」に徹しましょう。

 

床上手
最後は、下半身を満たせ、ということで、やはり男女関係に「セックス」は欠かせない要素だと思います。

よく「女は男の性欲のはけ口ではない」なんて聞きます。たしかに、それはごもっともですが、こう考えるのはどうでしょう。「パートナーを喜ばせるため」と。大好きな彼が喜ぶことをしてあげたい。

私の今年の裏目標のひとつに「断らない」があります。上手までいかなくても、原則誘われたら「断らない」。これなら敷居が低くないですか。まずはここから実践です。私も愛されたいんでね。

 

紹介した3上手は、昔から言い尽くされてきたことで、別に新しいことではないのですが、やはりここにたどり着きます。そう考えると、男女関係ってとてもシンプルなのかもしれません。

 

実はこの精神、マザー・テレサのものなのです。床……は別だと思いますが。

 

愛されたいと思っている間は愛されない。

マザー・テレサは言わずと知れた、世界平和のシンボルともいえる存在です。彼女は生涯を通じて、人々に愛を与え続けました。評価も見返りも期待せず、ただ愛した。

彼女が設立した「死を待つ人々の家」で過ごす者は、決して高い志を持っている人なんかじゃなく、いわゆる雑魚やクズと言われるような人だったかもしれない。それでも食を施し、彼らのことばに耳を傾けた。

 

もしあなたのパートナーが仕事もしないヒモ男だったとして、浮気ばかりするヤリチン野郎だったとして、そんな男を愛してると言えば、きっと周りの人たちは、貢いだあなたを馬鹿だと言うでしょう。

でもね、マザー・テレサは誰にでも愛を与えなさいと言ってます。それでノーベル平和賞ですよ。彼女にしてみれば、与えた結果、多くの愛を感じたことがポイントで、受賞はおまけなんでしょうが。

女性が輝くためには、自分を愛して磨くことが大事で、その結果として男性に愛されるという風潮がありますが、果たして本当にそうなのでしょうか。

女性が男性と肩を並べることができるようになり、ジェンダーによる分業制が崩壊して、それはそれで良いのかもしれないけれど、「わたしはこんなに頑張ってる、だから男たちよ、私を愛せ」とは単純にいかないと思うんです。

残念ながら、どんなに頑張ったとしても確実に愛されるとは限らないし、極論から言えば、愛されたいと思っている間は愛されない気さえしてしまいます。
だって愛は何かの見返りで得られるものではないから。

 

上に紹介した3上手、もちろん実践してみて欲しいのですが、最初は小手先のテクニックでも良いのです。ただ長く続けること見返りを求めないことを守ってください。

相手を心底愛していなければ、たとえ3つでも続けることは難しいものだし、与えることだけで満足することも容易ではないはず。これこそ愛していなければできない行為です。

まずは1年を目標に挑戦してみてください。たぶん、愛されるってその結果ついてくるものだと思いますよ。

 

Photo by Mike Monaghan

平 理以子

平 理以子

バリ島在住フリーライター/コラムニスト

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ