恋愛

2014.02.11 UP

三十路女性必見!バレンタインの裏技の裏技教えます!

LINEで送る
Share on Facebook

 gf01a201305160500

初恋伝説ってありませんか。「初恋の彼女はいくつになっても永遠の憧れ」みたいな。

実は先日、この伝説を目の当たりにしました。

やっぱり「初恋の人」の威力にはかなわないのか。その他大勢に、のぞみは残されていないのか。一緒に検証しましょう。

 

つえぇ~、マドンナ降臨

昨年、約10年ぶりのクラス会に出席した私。そこには中学時代のマドンナも来ていました。20代前半でさっさと結婚し、2児をもうけ、一時は男性陣のがっかりネタを独り占めした彼女です。

ところが結婚17年目にして離婚、バツイチになったのだとか。離婚経験を語る姿に、かつての光り輝くオーラはありませんでした。苦労したのでしょう。

 

かつてのマドンナも、私たちと同じく葛藤の日々を過ごしてきたことを知り、「そうかやっと庶民クラスに降りてきたか、よしよし苦しゅうない。近こう寄れ」と、女性陣が歓迎したのもつかの間、なんとそのクラス会で彼氏ができたというではありませんか。

しかも相手は、独身バツなし家持ちというから聞き捨てなりません。だってその場には、バツなしでキレイな女性もたくさんいたのです。なのにそこ行くかぁ。初恋のマドンナに勝るものなし、です。

 

たとえ今の姿がどうであれ、初恋のマドンナはマドンナ、いくつになっても健在ということでしょう。

そもそもマドンナになれる確率は東大に入る確立よりも低いわけで、マドンナ以外の99%の女史には全く恩恵のない伝説なのですよね、これ。
と言ってしまうと、この企画が終わってしまうので、なんとか私たちも初恋マドンナの法則を使えないか思案してみました。

 

なぜ初恋のマドンナは時を経ても恋を引き寄せるのか

マドンナは自ら望んだわけではないものの、男子の記憶には強烈な印象を残しています。アラフォー男性が未だに工藤静香を好きなように、かつてのアイドルはいくつになってもアイドル。
要は、女として男性の印象に残っているかどうか、これに尽きるのではないでしょうか。

 

幸い、男性は付き合っていなくても、告白してきた女子を「オレの女」的にカウントする傾向があります、よね。

実は私も、高校時代に告白して撃沈した男子から、最近Facebookで友達リクエストとメッセージがきました。男が「振った女子まで検索する」ことに驚きつつも、彼に印象を残したことがこの結果につながったと確信しています。

この結果ってなに?」って、そんなの教えませんが、恥ずかしながら、少し甘酸っぱい記憶がよみがえって、気持ちが弾んだことは事実です。

こんな気持ちになれたのも、あのとき告白していたからこそ。告白するくらいなら、だれでも男性の心に残ることはできそうです。

 

いいじゃない、三十路女が告白したってさ

でももう30だし」と年齢を気にしますか。そりゃ、気になりますよね、実際。大人になってガチで告白ってのも、破れたときのダメージが大きいですし……。

ただいくつになっても告白されたらドキドキはします。たぶんそれは、男性も同じ。そして印象に残る。私たち庶民は動かなかったら、誰にも印象は残せません。だってマドンナではないのですから。

もし動くことができたら、あの人の胸に少しはあなたのことが残るかもしれない。

 

今年もバレンタインが来ます。四十の筆者はすでに忘れてかけてましたが、そういえば「女性が年に一度だけ、好きな男性に告白してよい日」でしたね。
告白してみてはどうでしょう。

題して「バレンタインの裏技の裏技」。そう「表」です。

演出も作戦もいらないから、彼に「好き」と伝えてチョコを渡す。初恋なみのインパクト、残せると思いますよ。

 

Photo by Juliana Coutinho

平 理以子

平 理以子

バリ島在住フリーライター/コラムニスト

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ