恋愛

2014.01.10 UP

36歳、会社経営者に「1回思いっきりキレてあげましょう!」

LINEで送る
Share on Facebook

cf7a5287d935f709debe55887cefcbb6

誰でも持っている、裏の顔。でも男女どっちのほうが激しく使い分けしてるの? って言われたら、それはもちろん「女性」ですよね?

あまり裏の顔を出さないからこそ、男性のそっちの部分を見ちゃうとかなりの衝撃が走っちゃいます。ひた隠している方が、強烈だったりするのです。

では、今回の患者様をご紹介しましょう。

 

礼儀正しくて、優しそうな男性

礼儀正しくて、優しそうな男性。これが席に着くまでの、彼の第一印象でした。

だってお店に入ってくる前からニコニコ。お店に入ってきてスレ違う男性スタッフに、ニコニコ顔で会釈なんです。

キャバクラには珍しい方なので「もしかしたらこれまで出会ってきた中で1番優しいお客さんなのかもしれない」と思っていたら、店長から隣に行くように指示が!

ラッキーと思って、席に着いた昔の自分に「ドンマイ」と今は言ってあげたいです

 

ニコニコくんはお話し始めてからもずっと笑顔でした。ひとだけ気になっていたのは、私が話をふっても全部「まみ。ちゃんはどうなの?」とこっちに返してくること。会話があまり続かないので最後が笑いで終われるような、最近私がしてしまったドジなお話やお腹にお肉がついてきた話などをチョイスするようにしていました。

 

まみ。さん、お願いします」と男性スタッフが来て私が席を立ち上がろうとした瞬間、その時はやってきました。ニコニコくんの顔が笑顔から無表情へと変化し、ドスの効いた声で「お前はここにいろ!」とひと言。

今までの優しい顔はどこへやら、般若のような顔で私にこんこんとお説教を始めたのです。

私が太ったとかはどうでもいいとか、お前のドジなんて笑えないだとか。ここには書けないような暴言も交えつつ、私の話に延々とダメだしをし続けたのです。

たった20分の間に話したことを、3時間かけて怒られた私はニコニコくんが帰る時にはちょっと頬がこけていたことでしょう。

 

 

まみ。のガツンと言わせていただければ

彼は「ストレスを暴言でしか発散できない、自分でも驚くくらい裏表激しすぎるねん」病でした。普段は経営者という立場から各方面に気を使って気分を悪くさせないよう、ニコニコを振りまいてるのです。無理をしているため、ストレスも人一倍。

「もう爆発する!」となったら、キャバクラに駆け込んできます。

そしてストレスを暴言に変えて女の子にぶつけて発散し、相手に「ごめんなさい」と言わすことで快感を得ているのです!

 

対処法としましては、とにかく相手のお説教という名のお話を聞き続け謝り続けましょう。ストレスを全て吐き出させてあげるのです。

しかし!

こういうタイプ、実は「自分も怒ってもらいたい」と思っている人が多いです。経営者という立場だと、なかなか怒られる機会もありませんから。

ニコニコくんが全てのストレスを吐き出したと思ったら、「なんであなたにそんなヒドいこといわれなあかんのか、全く分からへん!」と最後に1回思いっきりキレてあげましょう。

彼の心にビリビリと電流が走り、あなたから離れられなくなるはずです。

 

このタイプはお店では面倒ですが恋愛感情を持ち出すことがないので、キャバ嬢にとってはありがたいです。あなたがもう彼と付き合うのがしんどくなったら、素直に伝えれば大丈夫。違うお店へ、足を運ぶはずです

ま、次に出会う子は本当に御愁傷様って感じですけどね。

 

photo by Pinterest

まみ。

辰巳 まみ。

おうちワーカー/Lifeライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ