恋愛

2013.12.20 UP

【ね~さん大好き!ハンガチ王子の妄想的ね~さん賛歌】年下男子はねーさんをこんなふに見ている!5連発

LINEで送る
Share on Facebook

cf99dbcd13368353f313758dba1c9776

男子なら、一度はあこがれる年上の女性。はい、この『ANGIE』をお読みになっておられるあなたのことです。はい。

具体的なあこがれの対象は、学校の先輩だったり、バイト先の先輩だったり、アニメや漫画の登場人物だったり……。そんな人生経験豊富なあこがれの「おねーさんたち」を年下男子はこんなふうに見えてますっていうのを、24歳・学生の片本がご紹介したいと思います。

 

1:「なんでも知ってるわ、私」的にみえる「スゴイひと」

まずはこれです。

年上のおねーさんを見ると、すべての年下の男は最初にこう思います。仕事、恋愛、友達、お金、旬なオススメ映画から、経済界の裏話まで網羅しているのが、ぼくら年下男子から見た年上のおねーさんなのです。

分からないことがあれば、なんでもお尋ねします。

だから、その時にはぜひ面倒臭がらずに答えて欲しいと思います。

「そんなことまで知らんわ!」と思われたとしても、とにかく何か答えらしいものを年上のおねーさんの口から聞きたいのです。

 

2:「欠点なんてありません、私」的に見える「かんぺきなひと」

年上のおねーさんの人生は、順風満帆。苦労なんてしたことありません。器用になんでもこなし、すぐに結果を出す。周囲の人からは信頼されて、相談事はパパっと解決。迷宮入りなんてありえない。権威のある人間にも、我が身ひとつで立ち向かう最強戦士。

本気でカッコよく見えてるんです。

 

3:「毎日忙しいんです、私」的にみえる「スーパーウーマン」

おねーさんたちは、いつも忙しそうに見えるので「僕なんかが声かけてもいいんかな」と思ってしまいます。

仕事以外にも、色々忙しそう。はっきりとは分からないけど、なんか忙しそう。

歩くのは速いし、ずっと携帯握ってるし。座ったと思ったら、考えごとをしてそうな雰囲気をかもし出すし。声かけたら怒られるんじゃないだろうかって思います。

 

4:「甘い言動は許しません、私」的にみえる「ピリ辛なひと」

年下ならではの悩みもあるんです。それが経験不足ゆえの、しょうもない悩みだということは、ぼくも分かってます。

だけど、一刀両断はやめて下さい。再起不能になります。年上のおねーさんのひと言は、殺傷能力があり過ぎなんです。

 

5:「年下の男には興味ないんです、私」的にみえる「雲の上っぽいひと」

越えられない壁というやつです。どれだけアピールしても、結果を残しても、この壁は大きいです。年下というだけで、初めから眼中にないのはツライ。

だって、結果を残してもこっち見てないんだら、意味なし。悲しいです。

 

いかがでしょうか。

「そんなこと思ってないよ!」と思われる年上のおねーさんもいらっしゃると思います。

だけど、年下の男からすると、存在自体が偉大なんです。

 

女性で年上っていうだけで、とてもじゃないけど話しかけられない。そんなふうに思ってる年下男子は多いです。

だから、できれば、おねーさんのほうから話しかけてほしい。甘えるな! なんて言わずにぜひお願い致します。

 

photo by Pinterest

片本 裕
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ