恋愛

2014.03.14 UP

こんな男とは絶対結婚しない!~女性に愚痴ばっかり言う男〜

LINEで送る
Share on Facebook

lgf01a201311212100

いやあ、こんなところで愚痴ばっかり言っている私がこんなこと言うのもなんなんですけど、愚痴ってたのしくないですよねえ。

心が盛り上がらないというか。

だから私は心盛り上がる、二次元の世界……剣と魔法のファンタジーのある世界が好きなんですよ。

 

そこでこの間、ある意味現代のファンタジーの舞台ともいえる、眠らない町・摩天楼の新宿にいたんですよ。仕事でね。

 

この町はすごいですよ、だって現代なのにモンスターがいるんです。

 

ですがその時、私がまさにこれから一緒にお酒を飲もうとしていた人は、容姿・人格ともに勇者にはほど遠く、私のテンションはあがりきらず。

だがこれも仕事だからしょうがない」と割り切って、「キャッチで居酒屋を決めるだけはやめたほうがいいですよ。料理のボリュームは少ないし値段は高い。この街ってだいたいぼったくりますからね」などと、新宿在住歴1ヶ月のくせに、上から目線でアドバイスをしてあげておりました。

 

だが、土曜の夜。予約はしておらず、どこもお店がいっぱいで、露頭に迷った私たちにモンスター……いや、キャッチの魔の手が延びる。

あーあ、と思ったが、その方は「もうここでいっか」というので、渋々入ることに。雑居ビルの扉をくぐると、水槽に入った青いお魚が出迎える。

 

余談ですが、新宿でキャッチされて入った店に、熱帯魚の泳ぐ青い水槽があったら99%クロだと思う(さとるり調べ)。

料理が出される。明らかにボリュームが少ない。だが、私は何も言わない。

何か口から言葉を出したら、空気が悪くなることが分かっているからだ。

 

しかし、こっちがそれだけ遠慮しているのにもかかわらず、その方は「料理パッサパサだね」、「オーダー遅いね」などと、ちらちら文句を言う。

店員オーダーが間違えると、「またか」とばかりにニヤリと目くばせをしてくる。

まるで秘密を共有しているかのようなその態度に、私はイライラする。

 

あのね!

言っとくけど、この店のクオリティが低いってことは最初から分かっていたの!

食材の質が悪いから料理がパッサパサなことも、人件費ケチってるくせに客引きしてまで満員にしなくちゃいけないからオーダーが遅いことも!

そんなことはハナっから分かり切っているのに、「いや~こんなマズイの初めてだよ。ハハハ……」なんて言われても、ねえ?

しかも私は結構食べれればなんでも大丈夫な人なので、料理のボリュームや店員の態度はともかく、味はそこまで気にならなかった。

 

なのに「マズイ」「ぱさぱさ」なんて言われたら、そこそこ美味しく食べているこちらは、萎えてしまう一方……言いたいことが……。

男なら黙って出されたものは食えよ!

 

せめてまずい料理でも雰囲気がよくなるように楽しい話をすればいいのに、注目するのは店のクオリティの低さのことばかり。

私も気持ちが暗くなるので、言葉が少なくなる。相手はそれが店のせいだと思っているので、ますます店の愚痴を言う。

違う、違うよ、あなたのせいなんだ…!

言いたいけど、立場上言えない。エライ人だからね。

 

この負のループを断ち切る呪文は何かあったっけ……と思うが、思いつかないのでその場をじっと耐えて、早く時が流れるのを待つことにした。

こういう状況、誰にでもあると思うんですよね。

でも、マイナスなことばかり言ってると、こっちまで暗くなってしまう。

 

楽しくて楽しくて、店の雰囲気も気にならないぐらいの話術を身に着けるのは難しいかもしれませんが、とにかくどんな状況でもグチグチ言う人とは、やっぱり結婚したくないですよねー。

だってそんなこといってたら、私なんか毎日グチグチ言われそうだもの……。言われないように努力しろ? やなこったね!

 

Photo By Vive La Palestina

メルヘン 可憐子

メルヘン可憐子

(コラムニスト/エッセイスト)

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ