恋愛

2015.01.27 UP

彼からの「もっと甘えて欲しかった・・・」の本当の意味とは?

LINEで送る
Share on Facebook

bba5e8fd236eb092d75f57372eb4c3a2

Photo by Pinterest

世には「もっと甘えて欲しかった」とお別れのときに彼から言われしまったことのある女性。

かなりいるのではないかと想像します。

 

私も一回ほど言われたような記憶があります。

でも、いったい甘えて欲しかったって何?

 

「甘えて欲しい」の真相とは・・・

Pretty romantic couple in love having fun soap bubbles

もっと甘えて欲しい。よくわかりません。

あまりの抽象的さに、「言ってみただけ」の適当な言い訳なのでは? と思ったこともあります。

甘えていた気もするんだけどな?

 

そんなことを友人男性に話したら「それは、そうかもしれないけどもっと単純な話」とあっさり。

 

「許容範囲内でわがままをいうことだろうか。すぐ叶えられることを彼に向って言うことかな。プレッシャーなどや手間のないこと?」

と、なんだか難しいことをいろいろ考えていた私。

 

だいたい、ベタベタが足りなかったってことでしょう」とその友人。

ええ? そんな単純なことだっとは……。

 

「甘えて欲しい」=ベタベタすること?本当?

iStock_000052640196_Small

ベタベタすること=接触することだったとは!

ついつい、女は難しく考えてしまうんですよね。

 

エッチなムードのときだけでなく、なんでもない時に接触しているようにすることだったのです。

ずっと身体の一部を触れているということで、たとえば一緒にDVDを見るときもくっついているとか。手を握っているとか。

 

身体がふれているということには安心感につながります

小さなころお母さんにくっついていたら安心ということはありませんでしたか?

密着すると安心するのですね。それと同じです。

 

iStock_000055782986_Small

接触や密着は大事なのですね。

あんまりくっつくと鬱陶しいかな、と思っていたのは心配のし過ぎだったようです。

たえなかすず

たえなか すず

(歌人/ライター/コラムニスト)

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ