恋愛

2014.11.08 UP

ロマンチックな女性は避妊をしない?男性の避妊に対する本音とは

LINEで送る
Share on Facebook

11b61b145c0e31528f3d68d7cfc1a282

映画も、マンガも、小説も、ドキドキするラブストーリーにときめいちゃう! という人は多いはず。

女性は、ロマンチストの傾向があるように思います。

 

しかし、ノースウェスタン大学のアマンダ博士が「女子学生100人に恋愛小説を好む頻度とコンドームを使用する頻度」を調べたところ、「恋愛小説好きな女性ほどコンドームを使用しない」という結果が出たのです。

 

 「ロマンチック」と「避妊」は相反するもの?

cac7e6520c2ada1fde74e002cfeddbd0

なんだかがっかりしてしまうような結果で「甘い気分がそがれる……」と思っていませんか。

では、避妊しない女性=ロマンチックということになるのでしょうか? そういうわけでもありませんよね。

 

事の最中に一瞬のインターバルがないと、どんどんエキサイトしてしまいます。それは、ロマンチックではないですよね。

 

 ロマンチックに避妊するには?

82b128e64fcc547e08b54379e6481bb1

避妊は、盛り上がっているところに水を差してしまうでしょうか? そんなことはありません。

「でも、一瞬の間が……」と思うなら、その少しの時間に見つめ合うとか軽いキスをしてみる

そのほうが抒情的ですよね。それからコンドームをつければいいのです。

 

男性の避妊に対する本音は?

1163f321756786328c6c224f3bc86f4d

どんな年齢の男性でも、心の底では「避妊しないほうが気持ちいいので、できればなしでお願いしたい」と思っています。

それは男性に「自分の遺伝子を多く残したい」という生物学的な本能がインプットされているから。

 

しかし、当の本人たちはそんな深いところはわかっておらず、「気持ちいいからコンドームはつけたくない」と思うわけなのですが……。

 

避妊が恋愛感情につながる?

8a88a63fe58206b237aa5ec17896d717

女性から言い出せば、たとえしぶしぶでもほとんどの男性が避妊をしてくれるでしょう。そこで「愛してるから」「結婚すればいい」などと言い出すのはNG男。

さらに、最後の最後まで文句を言う男性は無責任です。その恋は、良くない終わり方をする可能性が大きいでしょう。

男性が避妊をしたくない深い理由があるのはわかりましたが、だからといって納得しない男性はやっぱりオススメできません。

 

心理的に、「自分が多大に投資したものは大事なものである」という認識があります。ここでいう投資は、避妊にかける手間や時間のこと。

つまり、避妊をすることによって、男性側は「こんなに手間のかかることを頑張っているのは、好きだからに違いない」と思い始めるのです。

 

423efedacb1f811cb4779ba7ccf325e5

いかがでしたか?

 

ラブストーリーに避妊シーンがないから避妊しないという結果もすごいですが、夢想と現実が同じというところにも驚きますね。 

そして、きちんと避妊することで男性側の心理効果も期待できることがわかりました。

投資の必要=価値の高い女性」と思わせるために、ぜひぜひロマンチスト女史に限らず、みなさんも避妊することをオススメします。

 

※ 参考:  『悪用禁止! 効きすぎて危ない! 裏心理学大全』 齊藤勇 (宝島社) 2014

Photo by Pinterest

たえなかすず

たえなか すず

(歌人/ライター/コラムニスト)

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ