恋愛

2013.10.20 UP

元カレに執着しない女は「思い出を大事にできないダメ女」なのか?【前編】

LINEで送る
Share on Facebook

lgf01a201308020500

過ぎ去った過去にこだわらない! なんて言うとかっこいいけれど…。

初めから不躾な話をしてしまって恐縮なのですが、私は過去に付き合った恋人のことを、あまり覚えていません。普通、“思い出は美しく残る”というのですが、私にはそう思ったことも、感じたことも無いのです。

それは「私って、過ぎた過去に執着しないポリシーなの!」とかいうと聞こえがいいですが、実際そんなかっこいいものではありません。ただただ不思議だった。なぜ、私はあんなに彼らのことを好きだったのか。

 

「あのときさあ~なんで私あの人のこと好きだったと思う?」

「現金だな! あんたあの時はあの彼のこと大好きだったじゃん!」

「いや~あの時に戻って、読書のひとつでもしてれば、今頃もっと博識な女になれたのにって思うんだよね」

「それは無理だよ……色々な意味で。ってか冷たい女ね。思い出を大事にしなさいよ」

なんて、友人に怒られつつ、私と友人間で不毛なガールズトークが繰り広げられるわけです。

 

長年私は「なーんでこんなことになっちゃうんだろう? その時は好きだったのになあ」と疑問に思ってたのですが、

とある友人が、そんなわたしのことを、「それは、あなたの世界がどんどん広がっている証拠だよ」と教えてくれたのです。

これは調子に乗ってしまいますね。つけあがります、私が。

メルヘン 可憐子

メルヘン可憐子

(コラムニスト/エッセイスト)

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ