恋愛

2014.08.21 UP

かっこいいね!「1日1褒め」彼氏や夫とのマンネリを解消する!

LINEで送る
Share on Facebook

739dbc8fb3befc7c714f961099c2a499

彼のことを、「どうしても褒められない」という方、いませんか?

付き合い始めは「その服似合ってる」、「かっこいいね」なんてささいな褒め言葉をすんなり口にできたのに……時間の積み重ねによって「褒めベタ」になっているのかも

マンネリの根源も、そこにあります!

 

「付き合ったばかり」のキラキラした関係を目指して・・・

d17719346022dff7ad2287a0a35d7425

長年の付き合いによるマンネリは、相手ではなく、自分に問題があることも多いのです。

とくに、「褒め」は良好な関係を築くうえで欠かせない要素。「付き合ったばかり」のキラキラした関係を復活させるには、どんなことに気をつけるべきでしょうか?

 

1:まずは基本・・・「1日1褒め」を日課にする

a07810c518fde673fc65e3045ca1e8ae

褒めベタな人が意識しなければならないことの第一は、日常の会話のなかに「褒め」をはさみこむことです。

ちょっと褒められるだけでも、誰だって気持ちがよくなりますよね。しかし、もし相手を評価することが苦手なら、「1日1つ相手を褒める」ことをノルマとして自分に課すのはいかがでしょうか?

 

「自分は褒めベタ」であることを意識して、克服できるようにがんばりましょう!

なにも無理やり褒めポイントを見つける必要はありません。「今日の寝ぐせ、なんかいいね」とマイナスポイントでも褒められたら、いいですね。ささいなことでいいと思うんです。

 

2: 案外できない!! 相手の目を見て、会話をしましょう

955643371ae5ad4f3c41ef3da679cf89

心を許した相手とともに長年過ごすと、「気遣い」は薄れていくものです。自然なことなので、仕方ありません。

当たり前のように存在する相手を大切に思う気持ちは、だんだん感じにくくなります。

 

しかし、「出会ったばかりの頃は、会話も楽しかったのになぁ……」と、すさんでいる場合じゃありません。

あなたは、会話をするときに、きちんと相手の目を見ていますか?

目を合わせることは「きちんと向き合っている」という誠意のあらわれ。まるでテレビを観るかのように、目線を合わせず相手に話していては、互いを思いやる気持ちも冷めていく一方ですよ。

 

3: してもらうより、先にやってみる!

4f2e88255ad15c2c55942888a50f8cb2

「最近、彼が何もしてくれない!」と不満に思ってしまうあなた。あなたは、彼に何かしてあげていますか?

人は社会的なので、意識的にも無意識的にも、相手にしてもらったは返そうとするギブアンドテイクの精神を持っています。自分に対して何もしてくれないと嘆く前に、自分は相手に何かしてあげているか、振り返ってみましょう。

 

ふだんご飯をつくってあげてたり、よくメールで気を遣った言葉をかけている、など人によってはいろいろしてあげているかもしれません。

しかし、すでに相手にとって「日常」になってしまっていることは、残念ながら何もしていないのと同じ効果になってしまいます……。彼にとって「新鮮なこと」をしてあげましょう!

 

4: 感情の出し惜しみをやめて、表情豊かになりましょう!

e6b3b649bd7ec7b2ee71ce718d09b510

大人になるにつれ、言葉をぐっとのみこむ場面が増えてきました。

相手のためにならない、傷つけてしまうような言葉を飲み込むならば「オトナ」と称されますが、たいていの場合、同時に「私はうれしい」「感謝している」という感情も、胸に閉じ込めてしまいがちです。

 

そうした陽の感情は、ダダ漏れなくらいがちょうどいいんです

むしろ、子どものように無邪気に、素直に表に出しましょう。

 

他人であれば素直に「ありがとう」といえるのに、身近な人ほど言いにくい感謝の気持ち。「恥ずかしい」とか「わたし、普段感謝されてないし」などと、余計な感情で出し惜しみをしないこと。素直なリアクションは相手の心に響きますよ!

 

Photo by Pinterest

すだ あゆみ
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ